ダイ・ハード/ラスト・デイ

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のネタバレあらすじ結末

ダイ・ハード/ラスト・デイの紹介:ダイ・ハードシリーズの5作目。前作から6年ぶりに制作された。原題は「It’s A Good Day To Die(死ぬにはいい日だ)」ということばをもじったもの。日本ではPG-12指定を受けている。

映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ダイ・ハード/ラスト・デイの主な出演者

ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)、ジャック・マクレーン(ジェイ・コートニー)、ユーリ・コマロフ(セバスチャン・コッホ)、ルーシー・マクレーン(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、イリーナ(ユーリヤ・スニギル)、チャガーリン(セルゲイ・コルスニコフ)

ダイ・ハード/ラスト・デイのネタバレあらすじ

【起】- ダイ・ハード/ラスト・デイのあらすじ1

音信不通だった息子のジャックが、ロシアで警察沙汰を起こして身柄を拘束されたことを、ジョン・マクレーン刑事は同僚から知らされます。娘のルーシーに空港まで車で送ってもらい、ジョンは飛行機でロシアへと旅立ちます。ジャックが出るはずの裁判所がいきなり爆破され、驚いて立ちつくすジョンの前に、ジャックが現れます。ジャックは父であるジョンがロシアにいることに動揺しながらも、ジョンをはねのけ、ロシアの元大物政治家であるユーリ・コマロフを連れて裁判所から逃げ出しました。ジョンは慌ててジャックのあとを追いかけます。

【承】- ダイ・ハード/ラスト・デイのあらすじ2

実はジャックはCIAに所属しており、コマロフを保護するというのがジャックの任務でした。仲間のCIAと落ち合う場所を襲撃され、困っていたジャックの元へジョンが現れて、逃亡を手助けします。
コマロフはかつてチャガーリンと組み、チェルノブイリで濃縮ウランを使って軍事兵器の開発に携わっていました。ところがチャガーリンが裏切ったため、コマロフは投獄されることになったのです。しかしコマロフは、チャガーリンに不利なファイルを隠して所持しているため、チャガーリンに狙われていたのです。
ファイルの隠し場所までたどりつきましたが、ジョンとジャックはそこで、コマロフの娘イリーナたちに、コマロフを奪われてしまいます。

【転】- ダイ・ハード/ラスト・デイのあらすじ3

危ない目に遭遇しつつも、ジョンとジャックは、コマロフを奪回するためにチェルノブイリに潜入します。
しかしファイルの話はまったくの嘘でした。本当の黒幕はコマロフだったのです。コマロフは嘘のファイルの話をでっちあげることで、CIAに脱走を手伝わせたのでした。
コマロフの真の目的は、チェルノブイリのウラン兵器を入手することでした。
チェルノブイリへ入ったコマロフは、電話で指示してチャガーリンを暗殺させます。

【結】- ダイ・ハード/ラスト・デイのあらすじ4

コマロフと娘イリーナは、仲間たちを殺し、ヘリコプターにウラン兵器を積みこんで脱出を図ります。
そこへジョンとジャックが現れ、事態の真相を知ります。
ジョンとジャックは、まずコマロフを屋上から突き落とします。
父を殺されて逆上するイリーナはヘリコプターごとジョン親子のところへ突っ込みますが、ヘリはそのまま炎上してしまいます。
なんとか難を逃れたジョン親子は、命からがらチェルノブイリから退散しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の商品はこちら

ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)    [Blu-ray]