ハンガー・ゲーム2

「ハンガー・ゲーム2」のネタバレあらすじ結末

2012年に公開されたサバイバル・アクションの続編。前回は森であった闘技場の舞台を、今回は島へと変え、24分の1という生存確率の中で繰り広げられる少年少女たちのバトルを描く。

映画「ハンガー・ゲーム2」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「ハンガー・ゲーム2」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

ハンガー・ゲーム2の主な出演者

カットニス・エバディーン(ジェニファー・ローレンス)、ピータ・メラーク(ジョシュ・ハッチャーソン)、ヘイミッチ・アバナシー(ウディ・ハレルソン)、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)、ブルターク(フィリップ・シーモア・ホフマン)、シナ(レニー・クラヴィッツ)

ハンガー・ゲーム2のネタバレあらすじ

【起】- ハンガー・ゲーム2のあらすじ1

一年前のハンガー・ゲームで優勝したカットニスは、自分が殺したプレイヤーの幻覚に悩まされながらも、同じく第74回の試合で共に生き残ったピータと共に、優勝の凱旋ツアーをしていた。一方、前回の二人が取った行動が民衆の革命心を煽ると危険視した大統領は、ゲームメーカートップのブルタークと共に、ある計画を実行する。それは、次に行われるハンガー・ゲームを、25年に一度の記念大会と称し、これまでの歴代勝者達に出場させ、カットニスを抹殺するというものだった。

【承】- ハンガー・ゲーム2のあらすじ2

カットニスとピータ、そして歴代の勝者達がプレイヤーとなり、ゲームが開始される。今回の舞台は、バーチャルで森林や湖を改造されたものだ。開始早々、心肺停止になりかけたピータだったが、カットニスや参加者教育役のヘイミッチによって助けられる。夜になると、ドームの中では音楽が奏でられ、初日で8名が散ったことが発表された。眠りにつこうとするカットニス達の周りに、霧が立ち込め、ピータが毒霧で重傷を負う。その次にはマントヒヒが襲ってくる。それらは、ドームの仕掛けで定期的に攻撃してくるのだった。

【転】- ハンガー・ゲーム2のあらすじ3

得意の弓で、稲妻の電流を利用し相手を感電死させる、と計画するカットニス。しかし初めにヘイミッチが言った「本当の敵を思い出せ」というのを再びこだまで聞いて、ドームの空(フォースフィールド)目がけ、稲光と共に矢を放つ。大爆発が起き、崩れ落ちるドーム。気絶し、ホバークラフトに引き上げられたカットニスが目を覚ますと、ヘイミッチとブルタークの声が聞こえた。二人は、この特別大会が発表されたら、首都キャピトルに反抗し、カットニスを助けて逃がすという極秘の計画を立てていた。

【結】- ハンガー・ゲーム2のあらすじ4

カットニスを助ける計画に賛同し、ひそかに協力してくれていたプレイヤーは他にもいた。彼らは破壊されたはずの第13地区に向かい、反逆の機会を窺っているのだという。ピータは他のプレイヤーと共に首都キャピトルに捕まった、とヘイミッチから聞かされ激昂するカットニス。鎮痛剤で眠らされるが、目覚めて数日後、家族の安否を尋ねると、母や妹は無事だが、彼女の故郷である第12地区は爆弾によって破壊されたことを知る。憤怒の表情を浮かべたカットニスの表情で終幕。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハンガー・ゲーム2」の商品はこちら

ハンガー・ゲーム2~オリジナル・サウンド・トラック