パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

「パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト」のネタバレあらすじ結末

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの紹介:2006年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの2作目にあたる。前作から3年後という設定で、今作品のラストでは、シリーズ3作目「ワールド・エンド」に続くというスタイルが取られている。

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェストの主な出演者

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)、ウィリアム・ターナー・ジュニア(オーランド・ブルーム)、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)、ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)、ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)

パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェストのネタバレあらすじ

【起】- パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェストのあらすじ1

結婚式を控えたウィルとエリザベスは、海賊ジャック・スパロウの逃亡を手助けした罪で逮捕されてしまいます。権力を持った東インド貿易会社のベケット卿の指示によるもので、ノリントンにも逮捕状が出ていましたが、ノリントンは職を退き行方不明となっていました。ベケット卿は「ジャックのコンパス(北ではなく自身の欲しいものがある方角を示す秘密を持っている羅針盤)を奪ってくること」を条件に挙げ、ウィルを仮釈放します。ウィルがやっと見つけたジャックはなぜか憔悴していました。ジャックはコンパスを渡すかわりに、ある鍵探しを手伝えとウィルに要求します。手がかりを求めてティアを訪問した2人はデイヴィの秘密を聞きました。

【承】- パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェストのあらすじ2

その秘密とは、昔デイヴィがある女性を愛した証に自分の心臓を取り出して箱に入れ、その鍵を身につけているというものでした。その鍵こそがジャックの目当てでした。ジャックはデイヴィと「ブラックパール号の船長になれるが、契約が切れると100年間デイヴィの船員として働く」という血の契約を交わしていました。そして期限間近の印が掌に出てジャックは憔悴していたのでした。「海に出るなら陸を持って行け」とティアはジャックに土入りの瓶を渡します。ウィルはデイヴィが船長を務めるフライングダッチマン号に乗組員として乗り込みますが、捕らえられました。3日以内に100人の船員を集めて献上すれば契約を反故にしてやると、デイヴィはジャックに言います。

【転】- パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェストのあらすじ3

人質のウィルは船で働かされ、その現場で死んだ筈の父ビルと再会します。ビルは死の直前に恐怖からデイヴィと血の契約を交わし、ゾンビに近い姿で働いていました。他の船員も死への恐怖に負けて契約したのだと、ビルは言います。「生きているお前は早く逃げろ」とビルは息子ウィルを説得しました。ウィルは偶然オルガンの前で居眠りするデイヴィを見つけ、タコのような髭の中に鍵を発見し盗み出します。父を救出しに来ることを約束し脱出しましたが、ウィルを助けた船はデイヴィに沈められます。ウィルは再びデイヴィの船に忍び込みます。一方ジャックはトルトゥーガで船員を募集し、バグズと指名手配中のノリントン、エリザベスが名乗り出ます。

【結】- パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェストのあらすじ4

デイヴィは箱の隠し場所へ急ぎ、コンパスを使ったジャックもクルーセル島へ行きました。ウィルも鍵を持って島に密かに上陸し、箱の争奪戦が始まります。箱を開けたジャックは心臓を砂入りの瓶に隠しますが、狙っていたノリントンに更に奪われます。気づかないジャックは瓶を手に船で逃げますが、デイヴィの手先のクラーケン(巨大タコ)に襲われます。エリザベスはジャックを手錠で船に繋ぎ逃げます。ジャックは船と共に沈み、クラーケンに食べられました。ノリントンは入手した心臓を東インド貿易会社に献上し、他の船員たちはジャックを救う方法を相談しにティアを訪れます。すると奥から前作で死んだ筈のバルボッサが登場…3作目に続きます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト」の商品はこちら

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション [DVD]

「パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト」と同じカテゴリの映画