パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

「パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンド」のネタバレあらすじ結末

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドの紹介:2007年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの3作目にあたる。2作目「デッドマンズ・チェスト」からの直接的な続編にあたる。撮影は2作品同時に行われ、2作目公開後に追加撮影もあった。

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンド」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンド」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンドの主な出演者

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)、ウィリアム・ターナー(オーランド・ブルーム)、エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)、ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)、ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)、サオ・フェン(チョウ・ユンファ)

パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンドのネタバレあらすじ

【起】- パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンドのあらすじ1

デイヴィの心臓を入手してディヴィを操れるようになった東インド貿易会社・ベケット卿は、フライングダッチマン号に世界の海賊達を倒させていきました。ティアの呪術により蘇ったバルボッサはエリザベスと共に、海賊サオに会いにインドネシアに行きます。バルボッサは破竹の勢いで進出する東インド貿易会社を恐れて、選ばれた9人の海賊船長による評議会を招集しようとしました。ジャックもその1人ですが、ジャックはクラーケンに食べられて死んでしまっています。バルボッサ一行は海図を頼りに、ジャックのいる「世界の果て(死の世界)」まで行きました。

【承】- パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンドのあらすじ2

そこにはなんと、倒されたクラーケンがいました。ジャックが返り討ちにしていたのです。ジャックはバルボッサ達に連れられ、元の世界(生者の世界)に戻されます。海賊船長の評議会を開き女神カリプソを解放させて、東インド貿易会社を退けるのがバルボッサの狙いでした。サオはベケット卿側に殺されますが、亡くなる直前エリザベスに船長の座を譲ります。サオの船の船長はエリザベスとなり、海賊船長が全員揃い、いよいよ評議会が開かれます。会合で海賊船長の代表はエリザベスとなります。全権を握ったエリザベスは女神カリプソを解放するよう呼びかけました。

【転】- パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンドのあらすじ3

評議会の最中に東インド貿易会社が膨大な数の船で攻めてきます。海賊たちは女神カリプソを解放しました。実はティアはカリプソで、人間の姿にされていたのです。そしてデイヴィがかつて愛した女性というのはティア(カリプソ)のことでした。解放されたカリプソは、その大きな姿で嵐を起こしました。嵐のせいで海上に大きな渦ができ、その中で海賊と東インド貿易会社との戦いが始まります。ジャックは戦いの最中にデイヴィの心臓を見つけ、刀で突き刺します。心臓を刺されたデイヴィは死に、海に落ちていきました。しかしその直前に、デイヴィはウィルの脇腹を刺していました。

【結】- パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンドのあらすじ4

ウィルを死なせたくない父ビルは、ウィルの心臓を抜き取り、フライングダッチマン号の新しい船長にウィルを仕立てあげます。フライングダッチマン号とブラック・パール号の攻撃により、ベケット卿の乗った船は沈められ、東インド貿易会社(と大英帝国軍)は逃げ出しました。海賊側の勝利に終わりましたが、フライングダッチマン号の船長となったウィルは10年に1度しか陸に上がれません。エリザベスとウィルは孤島で愛を確かめ合ったのち、10年後の次の逢瀬を待ちながら別れます。ジャックはまたもやバルボッサにブラック・パール号を盗まれ、ボートで海に漕ぎ出しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンド」の商品はこちら

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション