「007 カジノロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 カジノ・ロワイヤルの紹介:2006年制作のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第21作。6代目ボンド役としてダニエル・クレイグが演じた初の作品で、シリーズ初の「金髪のボンド」で注目を集めた。

この映画を無料で観る

予告動画

007 カジノロワイヤルの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)、ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)、ル・シッフル(マッツ・ミケルセン)、フィリックス・ライター(ジェフリー・ライト)、ルネ・マティス(ジャンカルロ・ジャンニーニ)、アレックス・ディミトリウス(シモン・アブカリアン)

007 カジノロワイヤルのネタバレあらすじ

【起】- 007 カジノロワイヤルのあらすじ1

MI6(英国秘密情報部)のスパイ・ドライデンは、内部情報を流して金を得ており、女性上司・Mは若いスパイ候補ジェームズ・ボンドを、ドライデンに差し向けます。
ボンドはドライデンとその相棒を始末しました。2人以上の殺人が00ナンバーの昇格条件です。ボンドはMI6から007の称号を与えられ、スパイとして活動し始めました。
最初の任務は、国際的に暗躍する爆弾組織を壊滅させることです。爆弾の運び屋・モロカを倒したボンドは、携帯電話に残る履歴「エリプシス」から発信元バハマへ行きました。
エリプシスの正体である武器密売人・ディミトリオスに接触したボンドは、マイアミ空港の超大型旅客機の爆破計画を知ります。 この映画を無料で観る

【承】- 007 カジノロワイヤルのあらすじ2

計画にはル・シッフルという男が絡んでいました。ル・シッフルは世界中のテロリストに資金を提供する影の銀行家です。
ボンドはスカイフリート社の旅客機爆破を阻止しました。ル・シッフルはスカイフリート社の株で儲けようと企みましたが、ボンドの爆破阻止でテロリストの資金を1億ドル以上損失させます。
損失補填でル・シッフルがモンテネグロのカジノ・ロワイヤルに現れるとの情報を得たMI6は、ボンドをゲームに参加させるため派遣しました。
移動する車中で、ボンドは財務省から派遣された若い女性・ヴェスパーと合流しますが、監視役をつけられたボンドは不機嫌になります。
初日ル・シッフルとのポーカーでボンドは負けました。

【転】- 007 カジノロワイヤルのあらすじ3

さらに2日目でもル・シッフルの策略にはまったボンドは、1500万ドル全額をすってしまいます。
CIAのフィリックス・ライターに資金を援助してもらったボンドは勝ち始め、形勢が不利になったル・シッフルはボンドのマティーニに毒薬を盛りました。
ボンドは死にかけますが、手首に埋め込んだGPSでMI6がボンドの異変を知り、ヴェスパーがボンドの救命措置を手助けします。これがきっかけでボンドとヴェスパーは惹かれ合うようになりました。
ボンドは最後の大勝負で勝ってル・シッフルを破産させ、1億5000万ドルを財務省に送金します。
ヴェスパーとボンドはル・シッフルに拉致され、ボンドは股間に拷問を受けました。

【結】- 007 カジノロワイヤルのあらすじ4

テロ組織の殺し屋・Mr.ホワイトがル・シッフルを殺し、2人は助かります。ボンドはMI6を辞めてヴェスパーと結婚する決意を固めました。
しかし…金は財務省に振り込まれておらず、ヴェスパーが姿を消します。
ヴェスパーは恋人(『007 慰めの報酬』に出演)をテロ組織に人質に取られ、財務省ではなく自分の口座に入金して組織に金を渡しました。
真相を知ったボンドは追跡し、激しい銃撃戦の末にヴェスパーを奪回します。本気でボンドを愛するようになったヴェスパーは、罪悪感から自殺しました。
ヴェスパーの遺品の携帯を受け取ったボンドは、通話記録からMr.ホワイトの電話番号を知り、コモ湖畔の邸でホワイトを撃ちました。

みんなの感想

ライターの感想

タイトルにもなっているカジノで、カードゲームで対戦相手を破産させるシーンがとてもクールでカッコいい。
ボンド役の俳優が着用しているスーツもオシャレで決まっている。相手から毒薬を盛られ一度死に掛けるが、なんとか見方のサポートで復活し、ゲームを続行する。
カードゲームでピンチに陥っても飄々とポーカーフェイスを気取り、さらっと逆転してしまう所が最高の盛り上がり場所でしょう。
その後、敵側に捕まって拷問を受けるが、なんとか脱出し、敵側を壊滅にと追いやっていく。
上がって下がってまた上がってな気分が味わえてとても面白い。

映画の感想を投稿する

映画「007 カジノロワイヤル」の商品はこちら