「007ダイアナザーデイ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 ダイ・アナザー・デイの紹介:2002年制作のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第20作で、シリーズ40周年も兼ねたダブルアニバーサリー作品。ピアース・ブロスナンがボンドを演じた最後の作品。

この映画を無料で観る

予告動画

007ダイアナザーデイの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)、ジンクス(ハル・ベリー)、グスタフ・グレーブス(トビー・スティーブンス)、タン・サン・ムーン大佐(ウィル・ユン・リー)、ザオ(リック・ユーン)、ミランダ・フロスト(ロザムンド・パイク)、ムーン将軍(ケネス・ツァン)、ベリティ(マドンナ)

007ダイアナザーデイのネタバレあらすじ

【起】- 007ダイアナザーデイのあらすじ1

MI6(英国秘密情報部)に所属する007ことジェームズ・ボンドは、優秀なスパイです。
ダイヤモンドと交換で武器を輸出するムーン大佐を暗殺するため、ボンドはアフリカのダイヤモンド密売人ヴァン・ビョークになりすまして接近しますが、正体が露見しました。
滝壺に落としムーン大佐の暗殺には成功しますが、ボンドは北朝鮮軍に捕らえられ、執拗な拷問を受けます。
1年3か月後、ボンドはムーン大佐の部下・ザオと捕虜交換され、解放されました。
しかしボンドは女上司・Mに00ナンバーの剥奪を言い渡されます。1週間前に北朝鮮に潜入したアメリカのスパイが捕まり処刑された情報源が、ボンドのいた収容所から発信されたからです。 この映画を無料で観る

【承】- 007ダイアナザーデイのあらすじ2

ボンドは自らに着せられた汚名を晴らすため、MI6の監視から逃げて単独で活動することにしました。
捕虜交換されたムーン大佐の部下・ザオを追ってキューバ・ハバナに飛んだボンドは、そこで美しい女性・ジンクスと出会い、ベッドインします。
DNAを変換し人種を変えられるアルバレス博士の病院で、ザオがドイツ人に整形手術を受けようとする情報を得たボンドは病院に潜入しました。
そこでボンドはジンクスと鉢合わせし、ジンクスがNSA(アメリカ国家安全保障局)の諜報員と知ります。ジンクスはザオを射殺しようとしますが、ザオは逃亡しました。

【転】- 007ダイアナザーデイのあらすじ3

ザオが残したダイヤモンドを調べたボンドは、イギリスのダイヤモンド王グスタフ・グレーブスのものだと知ります。
イギリスに飛んだボンドは、グスタフとフェンシングで対戦し、一連の事件の黒幕がグスタフだと確信しました。
ボンドはアイスランドにあるグスタフの人工衛星デモンストレーションが行われる、氷の宮殿に行きます。そこでボンドは、またもやジンクスと会いました。
グスタフは各国の要人の前で、イカロスという人工衛星の発表を行います。それは、太陽エネルギーを集めて食物を収穫できるものです。
ジンクスがセンター内に侵入しますが、敵にレーザー光線で殺される寸前、ボンドに助けられます。

【結】- 007ダイアナザーデイのあらすじ4

グスタフの正体は、アルバレス博士によって整形を施された、ムーン大佐でした。滝壺に落ちて死んだと思われたムーン大佐は生きていました。
ボンドとザオは氷の上でカーチェイスをし、イカロスからの光線もボンドを狙います。
その光線を利用して、閉じ込められたジンクスの氷の檻を溶かしたボンドはジンクスを助け、ジンクスはグスタフの秘書・ミランダを倒しました。
グスタフは大型輸送機の中で父・ムーン将軍と会い、殺し合いになって父を殺します。
ボンドはグスタフと戦い、グスタフは輸送機のプロペラに巻き込まれて死にました。
ボンドはジンクスと小型ヘリで脱出し、寺で抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007ダイアナザーデイ」の商品はこちら