「007は二度死ぬ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007は二度死ぬの紹介:1967年公開のイギリス映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第5作。今作品の舞台は日本で(しかも日本が笑えるほどとんでもない誤解をされていて)、ボンド人気がより一層日本で高まった。

この映画を無料で観る

予告動画

007は二度死ぬの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)、タイガー田中(丹波哲郎)、アキ(若林映子)、キッシー鈴木(浜美枝)、大里(島田テル)、ヘルガ・ブラント(カリン・ドール)、ヘンダーソン(チャールズ・グレイ)、ブロフェルド〔スペクターNO.1〕(ドナルド・プレザンス)

007は二度死ぬのネタバレあらすじ

【起】- 007は二度死ぬのあらすじ1

(OP…裸の芸者のシルエット)
地球上空のアメリカとソ連の宇宙カプセルが、次々に消える事件が続発しました。アメリカとソ連はお互いに相手国のしわざだと疑います。
アメリカとソ連は冷戦下(戦闘はおこなわない戦争状態)なので、国際的な危機が高まりました。
宇宙カプセルは何かに捕らえられた後、日本上空で電波が消えます。
MI6(イギリス諜報部)のMは、ちょうど上海にいた諜報員の007に、敵の正体と本拠地、目的を探るために日本に行けと命じました。
007ことボンドは死んだ海軍将校のふりをしてニュースを流し、敵の目をあざむきます。そしてひそかに日本に入国しました。 この映画を無料で観る

【承】- 007は二度死ぬのあらすじ2

Mは日本の秘密諜報機関長・タイガー田中とその秘書・アキに、ボンドへの協力を依頼します。
ボンドは人力車が走る都会の中を歩き、相撲観戦します。そこでアキと会ったボンドは旅館でヘンダーソンと会いますが、ヘンダーソンが殺されました。
暗殺者を追ってオーサト製薬会社に乗り込んだボンドは、装飾品の観音様を持って戦います。
タイガー田中と会ったボンドは、女の人に体を洗ってもらいながら銭湯に入ります。
翌日ふたたびオーサト製薬を訪れたボンドは狙われました。
神戸に停泊する船が怪しい情報を入手したボンドが見張ると、神戸沖の島に船は積み荷をおろしました。

【転】- 007は二度死ぬのあらすじ3

姫路城に行ったボンドは、タイガー田中に忍者道場を案内されます(注意:忍者といいつつ空手と剣道が混同されています。一応手裏剣も出てきます)。
道場で日本の武術を教わったボンドは日本人の漁師に変装し、地元の海女・キッシーと偽の挙式「和婚」を挙げました。
…実は、日本南端にあるアキ島の火口は偽物で、ロケット発着口でした。火山の地下には、ペルシャ猫を抱いたスペクターNO.1が率いる悪の犯罪組織〝スペクター〟(過去のシリーズ参照)のアジトがあり、アメリカとソ連の宇宙カプセルを横取りしていました。
スペクターNO.1の名前がブロフェルドと判明します。オーサト製薬はスペクターに利用されていました。

【結】- 007は二度死ぬのあらすじ4

忍者スタイルのボンドと海女姿のキッシー(ただのビキニ)は、島に潜入します。
奪取された直後の宇宙飛行士たちを救い、ボンドはロケットに宇宙飛行士になりすまして入ります。
しかしブロフェルドに見破られたボンドは、戦い始めました。
そこへタイガー田中が派遣した忍者部隊がアジトに大量になだれこみ、大乱闘となります。
ボンドはその隙にロケットの爆破装置を押しました。スぺクターのロケットは上空で爆発します。
ブロフェルドはアジトの起爆装置を作動させ、火山全体が爆発します。
ボンドとキッシーは逃げて、タイガー田中が空から落としたゴムボートに乗り、抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007は二度死ぬ」の商品はこちら