「007スペクター(Spectre)」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007スペクター(Spectre)の紹介:ダニエルクレイグがボンド役を演じる中では4作目。カジノ・ロワイヤルから暗躍していた闇の組織スペクターとついに直接対決。4部作完結編。

予告動画

007スペクター(Spectre)の主な出演者

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)、フランツ・オーベルハウザー(クリストフ・ヴァルツ)、マドレーヌ・スワン(レア・セドゥ)、Q(ベン・ウィショー)、ヒンクス(デビッド・バウティスタ)

007スペクター(Spectre)のネタバレあらすじ

【起】- 007スペクター(Spectre)のあらすじ1

メキシコで開催している死者の祭り。主人公のジェームス・ボンドは骸骨の仮面をかぶったテロリストのスキアラを追っていた。ターゲットがホテルの一室で打ち合わせをしている。その部屋がよく見える向かいのビル屋上でボンドは銃を構えた。
暗殺しようとした瞬間、テロリストの一人に気づかれ銃撃戦になる。テロリストがもっていた爆弾が爆発し、ホテルが崩れてしまうが、スキアラは生き延びて逃亡。ボンドはそれを追う。スキアラはヘリを呼び寄せ逃亡しようとするが、ボンドもヘリに乗り込み格闘する。ボンドはヘリからスキアラを突き落とすが、その前にスキアラの指輪を奪った。その指輪には彼が追っていた謎のテロリスト集団「スペクター」の刻印があった。
MI6に戻ったボンドはメキシコでの勝手な行動を上司から責められ謹慎することに。ボンドは個人で勝手にやったことだと上司に言うが、実はスキアラを追っていたのは前作「スカイフォール」で亡くなった上司Mの命令(遺言)だった。
MI6を謹慎となったボンドはQから体内にGPSを埋め込まれ、監視されることに。ボンドと信頼関係のあるQは、48時間はGPSが作動しないことをボンドにほのめかし、さらに爆弾仕掛け付きの腕時計を渡した。
その後ボンドはMの遺言どおり、メキシコで殺害したスキアラの妻を訪問。スキアラの妻が口封じのため殺されそうになっているところをボンドは助ける。そして妻からスキアラの後任を決めるスペクターの会議が開催されるという情報を得る。

【承】- 007スペクター(Spectre)のあらすじ2

ボンドは会議に潜入し、組織のボスがフランツ・オーベルハウザーという名だと知る。会議にボンドが潜入していることがバレて急いで脱出するが、スキアラの後任の殺し屋ヒンクスに後を追われる。カーチェイスの末、ヒンクスを振り切ったが車が大破したことでMI6の上層部にローマにいることがバレる。
その後ボンドはスペクターの他の殺し屋であるホワイトの情報をつかみ、彼の潜伏先を訪れる。彼は組織と対立したことでスペクターからも命を狙われていた。ホワイトは娘のマドレーヌを守ることを条件に、スペクターの情報をボンドに渡す。それは「アメリカン」という単語だけだった。その直後ホワイトは自殺する。
ホワイトの娘マドレーヌは雪山にある病院で医師をしていた。マドレーヌはボンドを不審に思い帰らせようとするが、その直後ヒンクスに誘拐される。ボンドは後を追い雪上で激しいカーチェイスの末、マドレーヌを保護する。マドレーヌに「アメリカン」のことを聞くとモロッコのホテル名だと判明した。
モロッコのホテル「アメリカン」についたボンドとマドレーヌは、壁の裏に隠し部屋があることを発見。隠し部屋ではPCがある座標を示していた。そこはアフリカの砂漠の真ん中だったが、ボンドとマドレーヌは向かうことに。向かう途中の列車内でヒンクスに襲われるが、なんとか撃退したボンドとマドレーヌはより愛情を深める。

【転】- 007スペクター(Spectre)のあらすじ3

座標の地点に着くと、スペクターの迎えの車が訪れる。罠ではあるがボンドとマドレーヌは乗ることに。砂漠のクレーターに隠された謎の施設に案内されると、そこにオーベルハウザーが現れる。彼いわく、世界中の情報を傍受できる監視施設とのこと。マドレーヌは、マドレーヌの父ホワイトが自殺する瞬間の映像を見せつけられるがボンドがそれを阻止する。直後、ボンドは気絶させられる。
ボンドが目を覚ますと拷問台に乗せられていた。拷問の準備をしながらオーベルハウザーは、実は「幼少期にボンドの養父でもある、自身の父を殺した。」と聞かされる。(つまりボンドとオーベルハウザーは過去に兄弟のように育てられていた)それはすべて優秀なボンドへの嫉妬だった。話を聞く間、ボンドは腕時計の爆弾を作動させマドレーヌに渡した。マドレーヌはオーベルハウザーに爆弾を投げつけ、爆発の隙にボンドとマドレーヌは施設を破壊しつつ脱出する。

【結】- 007スペクター(Spectre)のあらすじ4

マドレーヌとボンドはロンドンに戻り、スペクターが企画していたナインアイズという情報監視システムを破壊すべくMI6の仲間たちと合流。しかしマドレーヌは普通の生活に戻りたいと、ボンドから離れていく。
残ったMI6のメンバーとボンドで破壊工作に行こうとする最中、スペクターからの襲撃を受けボンドはさらわれて旧MI6本部に連れて行かれる。拘束を解いたボンドがビルの奥に進むと、生きていたオーベルハウザーがいた。彼はマドレーヌも誘拐したことと、ビルが3分で爆発することを伝えビルから脱出した。
マドレーヌを見つけたボンドはギリギリで爆発から逃れる。その後オーベルハウザーの乗ったヘリをボートで追い、ヘリのエンジンを射撃する。ヘリは橋の上に墜落し、なんとかオーベルハウザーのみ逃げたした。
そこに追ってきたボンドが現れ銃をつきつけるが、引き金はひかず立ち去りマドレーヌのもとに向かっていった。オーベルハウザーはMI6に身柄が拘束された。
その後ボンドはMI6を引退し、マドレーヌを車の助手席に乗せ走り去っていくところで映画は終わる。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007スペクター(Spectre)」の商品はこちら