「007 オクトパシー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 オクトパシーの紹介:1983年公開のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第13作。オクトパシーの刺青を入れた謎の女性と、ソ連の将軍の陰謀をボンドが暴き、阻止すべく奔走する。

007 オクトパシーの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)、オクトパシー(モード・アダムス)、カマル・カーン(ルイ・ジュールダン)、オルロフ将軍(スティーヴン・バーコフ)、マグダ(クリスティナ・ウェイボーン)、ゴビンダ(カビール・ベディ)、ゴゴール将軍(ウォルター・ゴテル)

007 オクトパシーのネタバレあらすじ

【起】- 007 オクトパシーのあらすじ1

MI6(英国秘密情報部)に所属する007ことジェームズ・ボンドは、優秀なスパイです。
世界ではアメリカとソ連を中心に、その同盟国の間で武器は用いないものの敵対関係が続く冷戦状態でした。
東ベルリンに潜入していた諜報員009が、ナイフ投げを得意とする双子の兄弟・ミーシカとグリーシカに追われて、瀕死の状態で西ベルリンのイギリス大使館に駆け込み、亡くなります。その手には卵が握られていました。
これは「レディーの卵(ファベルジュの卵)」と呼ばれるロシア皇帝献上品で、偽物です。本物はロンドンのオークションにかけられる予定です。
MI6の上司・Mはボンドに009の仕事を引き継ぐよう命じました。

【承】- 007 オクトパシーのあらすじ2

ボンドはオークション会場で本物の卵を偽物とすりかえます。落札したのはインドの王族・カマルでした。
カマルを追ってインドに行ったボンドは、カマルの差し向けた殺し屋・ゴビンダに狙われますが、返り討ちにしました。
ボンドに接近したカマルの愛人・マグダは、一夜を共にしてボンドから卵を盗みますが、それは小型電波発信機を仕込んだ偽物です。
マグダにはオクトパシー(タコ)の刺青がありました。
再びゴビンダがボンドを襲い、ボンドはカマルの宮殿に運ばれます。そこでボンドは、ソ連のオルロフ将軍とカマルの密談を聞きました。
オルロフ将軍は西側(アメリカ側)への攻撃を主張する強硬派の人物です。

【転】- 007 オクトパシーのあらすじ3

KGB(ソ連国家保安委員会)のゴゴール将軍(『007 私を愛したスパイ』『007 ユア・アイズ・オンリー』参照)は、どちらかというと穏健派です。
オルロフ将軍は、ソ連の財宝を西側に持ち込む役でした。そしてカマルの愛人・マグダは「オクトパシー」と呼ばれるサーカスの興行主で、サーカスを隠れ蓑にして財宝を運んで捌いていました。
宮殿を脱出したボンドが調べると、オクトパシーはかつてボンドが捕らえた後に自殺した、諜報部員の娘だと分かります。
クレムリンの宝石をすりかえたカマル、オクトパシー、オルロフ将軍は、西ベルリンのアメリカ軍基地で核弾頭を爆発させようと計画していました。その後ソ連が侵攻する手筈です。

【結】- 007 オクトパシーのあらすじ4

ゴゴール将軍に陰謀を知られたオルロフ将軍は、射殺されました。
アメリカ軍基地に持ち込まれた核弾頭は、ボンドが時限装置を解除して、事なきをえます。
カマルは殺し屋・ゴビンダと共にインドに逃げ帰り、その裏切りを知ったオクトパシーはカマルの宮殿を襲いますが、逆に人質にとられました。
カマルとオクトパシーを追ったボンドは、カマルの殺し屋・ゴビンダと飛行機の上で戦って倒します。
飛行機は制御不能になって墜落し、カマルは飛行機ごと炎上しました。ボンドはオクトパシーと脱出しました。
ゴゴール将軍はソ連の事件関与を否定します。
ボンドはインドでオクトパシーと船の上でランデブーを楽しみました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 オクトパシー」の商品はこちら