「007 ゴールデンアイ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 ゴールデンアイの紹介:1995年公開のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第17作。5代目ジェームズ・ボンド役をピアース・ブロスナンが演じる。冷戦終結後の世界でボンドが活躍する。

この映画を無料で観る

予告動画

007 ゴールデンアイの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)、ナターリア・シミョノヴァ(イザベラ・スコルプコ)、ゼニア・ザラゲブナ・オナトップ(ファムケ・ヤンセン)、アレック・トレヴェルヤン(ショーン・ビーン)、ヴァレンティン・ズコフスキー(ロビー・コルトレーン)、ボリス・グリシェンコ(アラン・カミング)

007 ゴールデンアイのネタバレあらすじ

【起】- 007 ゴールデンアイのあらすじ1

MI6(英国秘密情報部)に所属する007ことジェームズ・ボンドは、優秀なスパイです。
かつて世界ではアメリカとソ連を中心に、その同盟国の間で武器は用いないものの敵対関係が続く冷戦状態でした。
その冷戦時代に、同じスパイ仲間の006ことアレックとボンドは、ソ連の巨大なダムにバンジージャンプして、ダムの底にある神経ガス工場に潜入し、施設の爆破をしようとします。
ところが任務途中でアレックがソ連のウルムフ大佐に射殺されました。ボンドは施設を爆破して逃げます。
…9年後。冷戦は終結し、ソ連はロシアになっていました。モナコを訪れたボンドは、カジノで謎の美女・オナトップと出会います。 この映画を無料で観る

【承】- 007 ゴールデンアイのあらすじ2

その折フランス海軍がフリゲート艦でお披露目した最新鋭の「タイガー・ヘリコプター」が、デモンストレーション飛行の際に強奪されました。犯人は、ボンドがカジノで会った美女・オナトップで、オナトップは国際的な犯罪組織・ヤヌスの女殺し屋です。
オナトップは提督に化けたロシアのウルモフ将軍と、ヘリに乗って去りました。ウルモフは大佐から将軍に昇進しています。
ヘリはそのまま北極圏に行き、ロシアの宇宙兵器開発センターを襲撃して「ゴールデンアイ」と呼ばれるディスクと起動キーを奪いました。このプログラムディスクを使うと、地上の電子機器を壊せる軍事衛星を操れます。アメリカとソ連が冷戦時代の頃、作ったものでした。

【転】- 007 ゴールデンアイのあらすじ3

オナトップとウルモフ将軍は手始めに基地を破壊します。基地にいた女性プログラマー・ナターリアだけが生き残りました。
MI6の女性上司・Mの依頼を受け、ボンドはロシアに行きます。
冷戦時代に死んだはずの006ことアレックは生きており、ヤヌスの首領となっていました。アレックの両親はソ連の傭兵軍団・コサック族でした。大戦後にイギリス軍の捕虜となったコサック族の血を引くアレックは、イギリスに恨みを持ち、死んだことにして犯罪組織・ヤヌスを作っていました。
タイガー・ヘリコプターと共に、ボンドとナターリアは始末されそうになりますが、脱出します。ボンドはアレックを追ってキューバに行きました。

【結】- 007 ゴールデンアイのあらすじ4

アレックの本当の目的は、銀行から金を盗むことでした。イギリス・ロンドンの銀行に不正アクセスして金を引き出した後、ロンドンの上空でゴールデンアイを作動させて、操作記録を抹消しようと考えていたのです。
アレックはコンピュータに長けたボリスに命じ、キューバの湖のアジトに作った巨大パラボラ・アンテナからゴールデンアイを起動しようとしました。
端末を操作したナターリアは、ゴールデンアイの軌道を変えます。ボンドはアレックと戦い、アレックはアンテナから落ちて死にました。ゴールデンアイは地球上空で燃え尽きます。
作戦が成功したボンドとナターリアは、ヘリから降りて草原で抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 ゴールデンアイ」の商品はこちら