「007 ゴールドフィンガー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 ゴールドフィンガーの紹介:1964年制作のイギリス映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第3作。この映画の成功で『007』シリーズの地位は不動のものとなった。

007 ゴールドフィンガーの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)、プッシー・ガロア(オナー・ブラックマン)、オーリック・ゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)、ジル・マスターソン(シャーリー・イートン)、ティリー・マスターソン(タニア・マレット)、オッド・ジョブ(ハロルド坂田)

007 ゴールドフィンガーのネタバレあらすじ

【起】- 007 ゴールドフィンガーのあらすじ1

007ことジェームズ・ボンドは、MI6(英国諜報部)所属のスパイです。
MI6の本部長・Mから依頼を受けたボンドは、オーリック社社長の大富豪・ゴールドフィンガーに接近しました。
イギリスの金が密輸ルートで海外に大量に流出していることが判明し、その張本人と目される人物が、ゴールドフィンガーでした。
マイアミでカードゲームのインチキをしていたゴールドフィンガーの手口を見破ったボンドは、直後に彼の用心棒オッド・ジョブに襲われて気絶します。その間にゴールドフィンガーの手伝いをしていたジルという女性が、全身に金粉を塗られ皮膚呼吸できずに死にました。

【承】- 007 ゴールドフィンガーのあらすじ2

ボンドは、ゴールドフィンガーの飛行機に乗りこみます。
オーリック社の工場に忍び込んだボンドは、ゴールドフィンガーの企み「グランド・スラム計画」を聞きました。
グランド・スラム計画とは、アメリカ政府が金塊を保管しているケンタッキー上空に、殺人ガスと放射能爆弾を撃ち込む計画のことです。
これが成功するとアメリカは金塊を使えなくなります。そこへゴールドフィンガーは、自分の持つ金塊を高値でふっかけようと考えたのです。
ボンドはサーカス団の団長で計画の実行役である女性・プッシーを誘惑し、味方につけました。

【転】- 007 ゴールドフィンガーのあらすじ3

グランド・スラム計画の実行日、ボンドは計画を阻止しようとします。ところがプッシーの密告で、ボンドに多数の敵がたちはだかりました。
ボンドは敵を次々に倒すと、放射能爆弾の起爆装置に近寄ります。
用心棒オッド・ジョブを倒したボンドは、時限爆弾をぎりぎりで解除しました。ゴールドフィンガーのグランド・スラム計画は失敗に終わります。
後日、アメリカ大統領の招待を受けたボンドは、政府専用機に乗りますが、誰もいません。

【結】- 007 ゴールドフィンガーのあらすじ4

搭乗予定全員が縛られ、隔離されていました。計画を失敗させたボンドをうらむ、ゴールドフィンガーのしわざです。
ボンドとゴールドフィンガーは、飛行機の中で戦いました。ボンドはあえて弾丸を外し、窓ガラスを破ります。
ゴールドフィンガーは機外に吸い出されて死にました。
飛行機を操縦していたのは、プッシーでした。
ボンドとプッシーはパラシュートで飛行機を脱出しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 ゴールドフィンガー」の商品はこちら