「007 ドクター・ノオ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 ドクター・ノオの紹介:1962年制作のイギリス映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第1作で、ジェームズ・ボンドをショーン・コネリーが演じた第1作にもあたる。公開時のタイトルは『007は殺しの番号』。

007 ドクター・ノオの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)、ドクター・ノオ(ジョセフ・ワイズマン)、ハニー・ライダー(ウルスラ・アンドレス)、フェリックス・ライター(ジャック・ロード)、M(バーナード・リー)、クオレル(ジョン・キッツミラー)、デント教授(アンソニー・ドーソン)

007 ドクター・ノオのネタバレあらすじ

【起】- 007 ドクター・ノオのあらすじ1

1962年。世界では冷戦状態が続いていました。アメリカとソ連を中心にその同盟国の間で、武器は用いないものの敵対関係が続いているのです。
ある日の昼間、ジャマイカ駐在のMI6(英国諜報部)所属の支局長ジョン・ストラングウェイと、新人助手メアリーが何者かに抹殺されました。2人はケープカナベラル基地から発射されるロケットの弾道を妨害する電波を発信する地域を、アメリカ国の要請で調査していました。
MI6の本部は事件を重く見て、本部長・Mは背後関係を洗うため007ことジェームズ・ボンドを現地へ派遣します。
ジェームズ・ボンドは優秀なスパイでした。

【承】- 007 ドクター・ノオのあらすじ2

現地ジャマイカに飛んだボンドを迎えに来たのは、運転手を装った刺客でした。ボンドは雇い主を聞き出そうとしますが、刺客は毒を飲んで自殺します。
ストラングウェイの友人・デント教授と会ったボンドは、彼が生前クオレルと船で沖に出ていたとの情報を得ました。
クオレルを締めあげたボンドは、クオレルがCIA・ライターの協力者だと知ります。沖合のクラブ島、現地人から〝クラブ・キー〟と呼ばれる島を所有する中国人・ノオ博士を、殺されたストラングウェイは調査していました。
クラブ・キーは現地人には「ドラゴンがいる島」と恐れられ、誰も近づきません。

【転】- 007 ドクター・ノオのあらすじ3

ロケット発射まで24時間に迫りました。ボンドは島への潜入を決断します。
クオレルとライターと共に島に上陸したボンドは、ライターと別行動をとり、そこで貝を拾いに来た女性・ハニーと会います。ハニーの父はノオ博士に殺されていました。
「ドラゴンがいる」という噂の正体は火炎放射器つきの戦車でした。クオレルは火炎放射器に焼き殺され、ボンドとハニーはノオ博士に捕らえられます。
ノオ博士は冷戦の東にも西にも属さない、独立した犯罪組織〝スペクター〟の一員として世界征服をもくろんでいました。ノオ博士はボンドに仲間になれと言いますが、ボンドは断ります。

【結】- 007 ドクター・ノオのあらすじ4

リンチを受けた後に牢獄に投じられたボンドは、牢獄から脱出しました。
換気口から電波管制室に忍び込んだボンドは、電波妨害をするノオ博士の邪魔をします。ノオ博士のたくらみは失敗に終わりました。
ボンドは島にある原子炉の爆発を設定します。ノオ博士は原子炉のプールに落ち、ノオ博士の部下たちは逃げ始めました。
ボンドはハニーを連れて脱出し、島は大爆発を起こしました。
ボンドとハニーは、ライターに救出してもらいました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 ドクター・ノオ」の商品はこちら