「007 ムーンレイカー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 ムーンレイカーの紹介:1979年公開のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第11作。ハイジャックされた有人宇宙連絡船〝ムーンレイカー〟を奪取すべく、ボンドが宇宙へ飛び出し、謎の組織に挑む。

この映画を無料で観る

予告動画

007 ムーンレイカーの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)、ホリー・グッドヘッド博士(ロイス・チャイルズ)、サー・ヒューゴ・ドラックス(マイケル・ロンズデール)、ジョーズ(リチャード・キール)、コリンヌ・ダフォー(コリンヌ・クレリー)、フレデリック・グレイ(ジェフリー・キーン)

007 ムーンレイカーのネタバレあらすじ

【起】- 007 ムーンレイカーのあらすじ1

MI6(英国秘密情報部)に所属する007ことジェームズ・ボンドは、優秀なスパイです。
アメリカからイギリスへ空輸途中のスペースシャトル〝ムーンレイカー〟が、アラスカ上空で何者かに強奪され、発進しました。
その頃ボンドは鋼鉄の歯を持つジョーズ(『007 私を愛したスパイ』参照)と飛行機内で戦い、身ひとつで落下し、敵のパラシュートを奪って事なきを得ます。ほぼ不死身のジョーズはテントに落下し、生きていました。
ムーンレイカーの捜査を依頼されたMI6の上司Mはボンドに任務を与え、ボンドはムーンレイカーを製造開発した科学者サー・ヒューゴ・ドラックスについて調べるため、アメリカ・ロサンゼルスに行きます。 この映画を無料で観る

【承】- 007 ムーンレイカーのあらすじ2

ドラックスの女性秘書・コリンヌの案内で豪奢な城に着いたボンドの前に、ドラックスが現れました。謎めいた人物です。
ボンドはそこで女性科学者・ホリーと出会いました。
その夜コリンヌに迫ったボンドはドラックスの書斎に侵入を果たし、事件のカギとなる設計図のマイクロ・フィルム撮影に成功しますが、裏切りがばれたコリンヌは獰猛な犬に殺されます。
設計図に記された製品がイタリア・ベニスのガラス工房で作られているのを知ったボンドは、ベニスへ行きますが、ドラックスの息のかかった殺し屋たちに襲われました。
敵を倒してガラス工房に侵入したボンドは、店の奥に秘密研究所の存在を見つけ、薬品のサンプルを入手します。

【転】- 007 ムーンレイカーのあらすじ3

ドラックスの部下・チャンの攻撃をかわしたボンドは、ベニスに来ていたホリーの宿泊先のホテルに押しかけました。CIAのスパイと判明したホリーとボンドは、手を組みました。
翌日ロンドンから来たM同行で、ボンドはガラス工房の秘密研究所に行きますが、研究所は消されていました。
貨物便を手がかりにブラジル・リオデジャネイロに飛んだボンドは、チャンの後で雇われたジョーンズに襲われ、ホリーが捕まります。
薬品サンプルを解析したQは、アマゾン上流で撮れる黒い蘭から抽出した特殊な神経ガスだと言いました。ボンドはその場所に向かいます。
秘境の地下には、ドラックスの宇宙基地がありました。

【結】- 007 ムーンレイカーのあらすじ4

ドラックスは毒ガスを使って人類を滅亡させ、地球征服をもくろんでいました。
ボンドとホリーを閉じ込めたドラックスは、毒ガスカプセルをムーンレイカーに搭載させ宇宙に行きます。脱出したボンドとホリーも別のシャトルを奪い、宇宙に行きました。
宇宙ステーションでNASAに連絡を取ったボンドですが、ドラックスは地球に毒ガスの入ったカプセルを投下すると、ボンドとホリーを捕まえます。
ボンドはドラックスの手先・ジョーンズに「お前もそのうち殺される」と言い、味方につけました。
ドラックスと戦って勝ったボンドは、ムーンレイカーにホリーと共に乗り込み、毒ガスのカプセルを撃ち落とすと、ホリーと抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 ムーンレイカー」の商品はこちら