「007ユアアイズオンリー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 ユア・アイズ・オンリーの紹介:1981年公開のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第12作。東西両陣営のパワー・バランスを突き崩す秘密兵器〝ATAC〟の行方を追って、ボンドが活躍する。

予告動画

007ユアアイズオンリーの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)、アリスト・クリスタトス(ジュリアン・グローヴァー)、ミロス・コロンボ(ハイアム・トポル)、メリナ・ハブロック(キャロル・ブーケ)、エミール・ロック(マイケル・ゴダード)、ビビ(リン=ホリー・ジョンソン)、ゴゴール将軍(ウォルター・ゴテル)

007ユアアイズオンリーのネタバレあらすじ

【起】- 007ユアアイズオンリーのあらすじ1

MI6(英国秘密情報部)に所属する007ことジェームズ・ボンドは、優秀なスパイです。
ギリシャ・コルフ島沖のイオニア海で、イギリスの電子情報収集船が事故で沈没しました。船には〝ATAC(超低周波発信器 ミサイル自動誘導装置)〟が積載されていました。
世界ではアメリカとソ連を中心に、その同盟国の間で武器は用いないものの敵対関係が続く冷戦状態でした。
沈んだATACは原子力潜水艦からのミサイル攻撃を誘導するもので、東側(ソ連陣営側)に渡ってしまうと、軍事バランスが狂ってしまうので大変です。
イギリス海軍は引き揚げを海洋考古学者・ハブロックに一任しますが、夫妻は何者かにマシンガンで銃殺されました。

【承】- 007ユアアイズオンリーのあらすじ2

ハブロックの娘・メリナは復讐を決意します。
ボンドはATACが敵の手に渡るのを阻止せよと命ぜられ、ハブロック夫妻暗殺の捜査をします。
スペイン・マドリッドでボンドは犯人と思しきパイロット・ゴンザレスを突き止めますが、ゴンザレスはメリナに殺されます。
ゴンザレスの仲間の殺し屋・ロックに狙われたボンドは、ロックが北イタリアのスキーの地コルチナ・ダンペッツォにいると突き止めました。
イタリアに向かったボンドは、フィギュアスケート選手の少女・ビビのスポンサーを務める大富豪・クリスタトスから「ロックは密輸業者・コロンボの右腕」という情報を得ます。
コルチナに来たメリナが狙われるのをボンドが救いました。

【転】- 007ユアアイズオンリーのあらすじ3

コルフ島でコロンボと会ったボンドとメリナは、大富豪・クリスタトスこそがソ連の手先として船を沈め、ATACをソ連に売り渡そうとしている黒幕だと知ります。
その証拠としてコロンボは、ボンドを連れてアルバニア国にあるクリスタトスの倉庫を襲撃しました。そこには確かに殺し屋・ロックがおり、さらに船を沈めた機雷もあります。コロンボの言い分は本当でした。
ボンドはメリナの協力を得て、潜水艇ネプチューンで海底を捜索し、ATACを発見しました。
ATACを持って海上に浮上したボンドとメリナを、クリスタトスの一味が襲い、ATACを奪って去ります。
ボンドとメリナに救いの手を差し伸べたのは、コロンボでした。

【結】- 007ユアアイズオンリーのあらすじ4

クリスタトスとコロンボは仲間でしたが、現在は宿敵同士です。クリスタトスを詳しく知るコロンボの案内で、ボンドとメリナはクリスタトスのアジトがある、ギリシャ・メテオラ山に向かいました。
山頂に着いた3人はクリスタトスの手下に襲われ、コロンボが負傷します。
ボンドはクリスタトスを倒してATACを取り戻そうとし、KGB(ソ連国家保安委員会)のゴゴール将軍(『007 私を愛したスパイ』参照)と奪い合います。
ボンドがATACを崖から投げ落として壊し、ゴゴール将軍は立ち去りました。
スケート選手・ビビのスポンサーはコロンボが引き継ぎます。ボンドはメリナと海でロマンティックなひとときを過ごしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007ユアアイズオンリー」の商品はこちら