「007 私を愛したスパイ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 私を愛したスパイの紹介:1977年公開のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第10作。ボンドがソ連のKGBの女性工作員とともに、ある作戦の任務につく。

この映画を無料で観る

予告動画

007 私を愛したスパイの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)、アニヤ・アマソワ(バーバラ・バック)、カール・ストロンバーグ(クルト・ユルゲンス)、ジョーズ(リチャード・キール)、ナオミ(キャロライン・マンロー)、M(バーナード・リー)、Q(デスモンド・リュウェリン)

007 私を愛したスパイのネタバレあらすじ

【起】- 007 私を愛したスパイのあらすじ1

世界ではアメリカとソ連を中心に、その同盟国の間で武器は用いないものの敵対関係が続く冷戦状態でした。
MI6(英国秘密情報部)に所属する007ことジェームズ・ボンドは、優秀なスパイです。
オーストリア・アルプスの山小屋で女性とランデブーを楽しんでいたボンドは、上司・Mの呼び出しを受けてMI6に行きます。
時を同じくして、ソ連(現在のロシア)・モスクワのKGB(ソ連国家保安委員会)でも、美しい女性諜報部員アニヤ・アマソワがボンド同様、上司・ゴゴールから呼び出しを受けていました。
核ミサイルを搭載したイギリスの潜水艦〝レンジャー〟とソ連の潜水艦〝ポチョムキン〟が、地中海で相次いで消息を絶ったのです。 この映画を無料で観る

【承】- 007 私を愛したスパイのあらすじ2

何者かが極秘で原子力潜水艇航跡追跡システムを開発したのでした。
調査を命ぜられたボンドは、エジプト・カイロに行き、そこで同じ調査目的でソ連からやってきた女性スパイ・アニヤと出会いました。
競い合うようにボンドとアニヤは情報を売るという男と接触しますが、その男はジョーズと呼ばれる、鋼鉄の歯を持つ大男に殺されます。
その際ボンドが怪我を負い、介抱したアニヤとボンドは深い仲になりました。
今回はイギリスとソ連の利害が一致しているので、両国の上層部が話し合った結果、ボンドとアニヤは共同で任務にあたることになりました。

【転】- 007 私を愛したスパイのあらすじ3

ボンドとアニヤは夫婦のふりをして捜査を開始します。
最初はいいムードの2人でしたが、アニヤの恋人を殺した相手がボンドと分かり、憎しみの感情を抱いたアニヤはボンドに「この任務が終わったら、あなたを殺す」宣言をしました。
原子力潜水艇航跡追跡システムを開発したのは、ストロンバーグ海運ではないかと目されました。
ストロンバーグの愛人・ナオミの攻撃を交わしたボンドとアニヤは、アメリカ海軍の潜水艇に乗り込みます。
潜水艇がストロンバーグのタンカーに接近すると、タンカー内部に吸い込まれました。

【結】- 007 私を愛したスパイのあらすじ4

タンカーの中はドッグになっており、そこに行方不明の潜水艦・レンジャーとポチョムキンがありました。
アメリカとソ連に核攻撃をすることで、世界戦争を起こすことがストロンバーグの狙いでした。
ストロンバーグは海底に秘密基地を作っており、戦争の間は地下に潜伏するつもりでした。
ストロンバーグはアニヤを人質にして、海底にある基地に逃げ込みます。
アメリカ海軍はその基地に魚雷で攻撃しました。
ストロンバーグは倒れます。
鋼鉄の歯を持つジョーズを倒したボンドは、アニヤを連れて脱出しました。
自らに銃を向けるアニヤをボンドは抱き締め、アニヤもそれを許しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 私を愛したスパイ」の商品はこちら