「007 美しき獲物たち」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 美しき獲物たちの紹介:1985年公開のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第14作。ロジャー・ムーアのボンド卒業作。

予告動画

007 美しき獲物たちの主な出演者

ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)、ステイシー・サットン(タニア・ロバーツ)、マックス・ゾリン(クリストファー・ウォーケン)、メイデイ(グレース・ジョーンズ)、ジェニー・フレックス(アリソン・ドゥーディ)、スカーピン(パトリック・ボーショー)、モートナー(ウィロビー・グレイ)

007 美しき獲物たちのネタバレあらすじ

【起】- 007 美しき獲物たちのあらすじ1

MI6(英国秘密情報部)に所属する007ことジェームズ・ボンドは、優秀なスパイです。
世界ではアメリカとソ連を中心に、その同盟国の間で武器は用いないものの敵対関係が続く冷戦状態でした。
イギリスが開発した防衛システム用マイクロチップが、KGB(ソ連国家保安委員会)に関連する人物に奪われます。
MI6の上司・Mに呼び出されたボンドは、マイクロチップの奪回を命令されました。
このマイクロチップは従来と異なり、核爆発で発生する磁気にすら耐えうるものです。ボンドは製造元であるゾリン社を捜査します。

【承】- 007 美しき獲物たちのあらすじ2

ゾリン社の社長マックス・ゾリンは石油で儲けた金をもとにゾリン社を立ち上げ、競馬で巨額の富を得ました。
ゾリンの持ち馬はロイヤル・アスコット競馬場で連勝を続けます。怪しんだフランスの競馬クラブが雇った探偵は、ボンドの目の前でゾリンの愛人の女性殺し屋・メイデイに殺されました。メイデイはその後エッフェル塔からパラシュートでダイビングして逃走します。
Mの指令で競馬界の大物・ティベット卿と共にゾリンの飼育場に乗り込んだボンドは、ゾリンの持ち馬が特別なステロイド剤を注入されているのを突き止めました。厩舎には木箱に詰められたマイクロチップもあります。

【転】- 007 美しき獲物たちのあらすじ3

ティベット卿はメイデイに絞殺されました。
ゾリンは元KGBのスパイでしたが、社会主義に嫌気がさしてスパイを辞め、現在はゴゴール将軍と敵対しています。
ゾリンの狙いは、サンフランシスコ郊外にあるシリコン・バレー(多数の半導体メーカーが集まっている場所)を攻撃、破壊して、自社の製品でマイクロチップ市場を独占し、世界を征服することでした。
ボンドはゾリンと地質調査の契約をしている女性調査員・ステイシーに接近し、事実を話します。ステイシーはボンドの味方になりました。

【結】- 007 美しき獲物たちのあらすじ4

シリコン・バレーの地下鉱山を掘り進めたゾリンは、側近以外の部下を全員殺します。仲間の死を見たメイデイはゾリンの恐ろしさを知り、爆弾を運びだそうとして爆死しました。
シリコン・バレー破壊計画が頓挫したゾリンは、ステイシーを人質にして飛行船で逃げます。
それを追ったボンドはゴールデン・ゲート・ブリッジの上でゾリンと格闘しました。ゾリンは落ちて死にます。
後日、KGBのゴゴール将軍はボンドに勲章を持ってきますが、ボンドは不在です。その頃ボンドはステイシーと抱き合っていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 美しき獲物たち」の商品はこちら