「007 黄金銃を持つ男」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

007 黄金銃を持つ男の紹介:1974年公開のイギリス&アメリカ映画。イアン・フレミングの人気小説『007』シリーズの映画化第9作。タイのプーケット島を舞台に、黄金銃を持つ男スカラマンガとボンドの対決を描いた作品。

この映画を無料で観る

予告動画

007 黄金銃を持つ男の主な出演者

ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)、メアリー・グッドナイト(ブリット・エクランド)、フランシスコ・スカラマンガ(クリストファー・リー)、アンドレア・アンダース(モード・アダムス)、ペッパー保安官(クリフトン・ジェームズ)、ニック・ナック(エルヴェ・ヴィルシェーズ)

007 黄金銃を持つ男のネタバレあらすじ

【起】- 007 黄金銃を持つ男のあらすじ1

ジェームズ・ボンドはイギリスMI6(秘密情報部)の諜報部員(スパイ)です。
ある日MI6宛てに、ボンドの番号である「007」が刻印された黄金の銃弾が届きます。添えられたメモには、ジェームズ・ボンドの命を奪うと記されていました。
送り主は〝黄金銃を持つ男〟と呼ばれる、殺し屋フランシスコ・スカラマンガという男でした。素顔も知られていない彼は、タイのプーケット島にアジトを持ち、100万ドルで暗殺の仕事を請け負う人物です。
MI6のMの制止を振り切って、ボンドはスカラマンガの挑戦を受けて立つことにし、香港へと向かいました。 この映画を無料で観る

【承】- 007 黄金銃を持つ男のあらすじ2

動き始めたボンドを、スカラマンガの愛人アンドレア・アンダースが尾行をしています。
香港に降り立ったボンドは、美しい女性情報部員メアリー・グッドナイトと出会いました。
メアリーはボンドに、スカラマンガの愛人・アンドレアの居場所を教えます。
アンドレアの泊まるホテルに忍び込んだボンドは、シャワーを浴びるアンドレアを見つけ、スカラマンガが香港市内のナイトクラブに行くことを聞き出しました。
早速そのナイトクラブに向かったボンドが出くわしたのは、黄金の銃弾を撃ち込まれた死体でした。
死体の主は太陽エネルギーの研究家・ギブソンでした。

【転】- 007 黄金銃を持つ男のあらすじ3

きたるべき世界のエネルギー危機を救う画期的な太陽光エネルギー変換装置〝ソレックス・アジテーター〟を開発&完成させた直後に行方不明になっていました。
タイに行ったボンドは、ギブソンのスポンサーである大富豪の中国人実業家ハイ・ファットを訪ねますが、屈強な大男に襲われピンチに陥ります。
なんとか危機を脱したボンドは、殺し屋・スカラマンガがボンドを殺す契約をしていないとMから知らされました。
実は銃弾の送り主はスカラマンガの愛人・アンドレアで、彼と手を切りたいアンドレアは、ボンドと戦わせようと考えたのです。

【結】- 007 黄金銃を持つ男のあらすじ4

アンドレアは、スカラマンガが〝ソレックス・アジテーター〟を所持していることも告げました。
身の安全の代償としてスカラマンガから〝ソレックス・アジテーター〟を奪取すると約束したアンドレアでしたが、キック・ボクシングの会場で殺されます。
さらに〝ソレックス・アジテーター〟を手に入れた女性情報部員・メアリーが、スカラマンガに拉致されました。
それを知ったボンドは、スカラマンガのアジトであるタイのプーケット島に、セスナで乗り込みます。
スカラマンガを倒したボンドは、メアリーとともに〝ソレックス・アジテーター〟を島から持ち出し、香港へ行く船で抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「007 黄金銃を持つ男」の商品はこちら