「48時間」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

48時間の紹介:1982年公開のアメリカ映画。サンフランシスコを舞台に、期限付きで囚人と強面刑事がタッグを組んで、凶悪な脱走犯を追う姿を描いた作品。48時間シリーズの一作目で、エディ・マーフィーの出世作。監督はウォーター・ヒルが務め、ニック・ノルティが強面刑事を演じる。

この映画を無料で観る

予告動画

48時間の主な出演者

ジャック・ケイツ(ニック・ノルティ)、レジー・ハモンド(エディ・マーフィ)、イレイン(アネット・オトゥール)、アルバート・ギャンズ(ジェームズ・レマー)、ルーサー(デヴィッド・パトリック・ケリー)、ヘイデン(フランク・マクレー)、ビリー・ベア(ソニー・ランダム)、ベン・キーホー(ブライオン・ジェームズ)

48時間のネタバレあらすじ

【起】- 48時間のあらすじ1

囚人のギャンズは、銃を持った看守に睨まれながら外で作業をしています。そこに一台の軽トラックが走ってきます。
看守は乗っている男性が先住民だと思います。先住民のビリーは、車がオーバーヒートして水をくれないかと言ってきます。ギャンズが酒のほうがお似合いだとからかいます。
怒ったビリーと喧嘩になり、取っ組み合いになります。ギャンズは先住民の懐から銃を取り出して、彼とともに看守を撃ち殺します。
看守が集まってきて、ギャンズとビリーが応戦します。二人は車に乗って逃げ出します。
ギャンズ達は公園でポルーソという男を殺します。彼の名前で車を借りたり、娼婦を電話で呼びます。
ギャンズとビリーは、ルーサーと彼女のロザリーを捕まえて、レジーが隠した金を出せと言います。
ルーサーは月曜日でないと出せないと言います。隠した場所が月曜日にならないと開かないのです。
ギャンズは金をもらうためにロザリーを人質にします。
ジャックと同僚の刑事二人は、ポルーソの名前で車を借りたカー泥を探しに行きます。ホテルにやってきます。
ギャンズは娼婦を呼んでいました。刑事二人がギャンズの部屋をノックをします。ギャンズは娼婦に時間を稼ぐように言います。
ギャンズ達は人質と共に別の部屋から出ます。刑事がよそ見をしている間に撃ちます。刑事の一人が死亡して、ギャンズ達は外へ出ようとします。
銃声を聞いて、ジャックがホテルの受付に救援をと叫びます。生き残った刑事とジャックがギャンズ達を追い詰めます。
人質がいることから、刑事はジャックに放るなよと言います。ジャックはギャンズに銃を渡します。ビリーが車を取りに行きます。
ギャンズは刑事を撃ち殺し、その間にジャックは逃げます。ギャンズとビリーは車で逃げていきます。
ジャックは警察署で銃をもらって、ホテルの指紋から犯人がギャンズであることを知ります。ギャンズのことを調べて、牢屋仲間のレジーに会いに行きます。
レジーはここから出してくれたら、協力すると言います。ジャックは考えとくと言います。
そして同僚に公文書偽造を頼みます。同僚からレジーを48時間以内に戻せと言われます。 この映画を無料で観る

【承】- 48時間のあらすじ2

ジャックはまず何をするかとレジーに聞きます。レジーはルーサーに会いに行くと言います。ギャンズも会うはずだからです。
ルーサーの家の前に到着して、ジャックはレジーの手錠を車のハンドルにつけます。レジーからノックはするなと言われますが、ジャックはノックして家の中に入ります。
すると外からルーサーが現れて撃ってきます。逃げていったルーサーをレジーが車のドアで転ばします。
ルーサーの銃を拾ったレジーに、ジャックが銃を渡すように言います。レジーはジャックに銃を渡します。
ジャックはルーサーを警察署に連れていきます。ルーサーを銃の不法所持などで牢屋にぶちこみます。
レジーは何か食わせないと刑務所に戻ると言います。ジャックも腹が減ったと言って、チョコを自販機で買います。それをレジーに渡します。
次はどこにいくとジャックが聞くと、レジーは大男の先住民さと言います。バーに到着して、レジーはジャックに警察バッジを貸すように言います。
刑事になりすましてガサ入れをし、成功したら30分だけ女を口説かせる時間をくれとレジーは言います。負けたら、洗いざらい話すと言います。ジャックは面白くなってきたとバッジを渡します。
レジーはバーの店主にビリーの居場所を聞きます。店主は知るかと答えてきます。レジーはグラスを投げつけて、バーは静まり返ります。
一人の男が逃げ出して、ジャックが捕まえます。男は保釈中だからと言います。
レジーは警察バッジを見せながら3人の男を殴って、お尻のポケットから銃とナイフを取り出します。そして未成年者の襲撃事件の犯人を探していると叫びます。
店主はビリーなら女と一緒で、その女が中華街入り口の宝石店の上にいると言います。最後にレジーは自分の名前を店全員に聞こえるように話します。
ジャックはレジーに銃とナイフを渡すように言います。レジーは褒美をくれと言いますが、ジャックは弾を抜いた拳銃を渡します。レジーは拳銃を投げて怒ります。
二人は宝石店の上に行きます。女性が二人いますが、どちらもビリーとは縁が切れていました。ジャックとレジーは出ていきます。
手がかりがなく、ルーサーもレジーも何か隠しているとジャックは言います。我慢ならねぇと、銃や手錠を車の上に置いて、レジーに殴りかかります。
レジーもパンチで返してきます。レジーのジャブが冴えますが、ジャックのフックが冴えてきます。
パトカーが現れて、何してると警官が銃を向けてきます。バッジや拳銃が車の上にあると言うと警官は理解します。

【転】- 48時間のあらすじ3

ガソリンスタンドに行って、ジャックはレジーにギャンズとの関係を聞きます。レジーは50万ドルを隠していることを話します。
賭博場を襲って手に入れた金です。仲間の一人がレジーを売って、警官を撃ったのだと言います。
金はどこだと聞くと、レジーは自分の車だと言います。その車はどこだと聞くと、駐車場だとレジーは言います。ジャックは3年も置いているのかと言います。
駐車場のビルは7時から開くため、レジーは車で寝始めます。そしてジャックに何か話しをと言います。レジーは眠りにつきます。
朝になって、ジャックはレジーを叩き起こします。ルーサーがビルに現れて、レジーと名乗ります。受付に車を出すように頼んで、ルーサーはレジーの車に乗って出ていきます。
ジャックとレジーはその後を追いかけます。ルーサーが車から降りて地下鉄に行きます。その後をジャックとレジーが追いかけます。
ルーサーが待っているとギャンズが現れます。警備員がギャンズの銃に気づいて、銃を降ろせと言います。ギャンズは警備員を撃ち殺します。
ビリーが人質と現れてギャンズと逃げ出します。ジャックが後を追います。
レジーは金を追うと言って、ルーサーの後を追います。
ギャンズ達は電車に乗って隠れます。見つけたジャックが銃を向けると、警備員が銃を降ろせとジャックに言ってきます。ギャンズ達は電車に乗って逃げていきます。
警察署に戻ったジャックは、同僚に相棒から電話があったと言われます。机の上に電話番号があると言われて、ジャックは電話をします。
レジーが電話に出て、ブロマンズという黒人が集まる店にいると言います。
到着すると、レジーが前のホテルにルーサーがいると言います。また、8時にコールしたことから、ギャンズと会うつもりだとレジーは言います。
銃を手に入れたので、レジーはジャックに見せます。ジャックはもう疲れたから大目にみると言います。
レジーは店にいるキャンディという女性を口説いて、ホテルに行こうとします。しかし、ホテル代がないので、ジャックにお金をもらいます。
キャンディを連れてホテルに行こうとすると、レジーはルーサーが出て来るのを見てしまいます。キャンディを店に戻して、レジーはジャックと共に追いかけます。
ルーサーは金を持ってバスに乗ります。バスはビリーが運転していて、ギャンズがロザリーに銃を向けています。
ギャンズはルーサーを撃ち殺します。車で追いかけてきたジャックとレジーに、ギャンズがバスから撃ってきます。ジャック達はぶつかって追えなくなります。

【結】- 48時間のあらすじ4

警察署に戻ると、ジャックは署長に猛烈に怒られます。そしてレジーを刑務所に戻すため、レジーの車で向かいます。彼の車を収容したのです。
最後に一杯やろうと、二人はバーに行きます。ジャックは同僚のキーホーに電話します。バスが中華街にあったことを聞きます。
ジャックとレジーは再び中華街の宝石店の女性の家を訪れます。ジャックは女性を脅して、ギャンズとビリーがいるか聞きます。
すると二人が家にいることが分かります。レジーがビリーの部屋に入ると、彼がナイフを取り出してきます。レジーはビリーを撃ち殺します。
銃声でギャンズが気付いて、ジャックを撃ってきます。そして窓から飛び降りて逃げていきます。
ジャックは彼を追いかけます。レジーも後から追いかけます。ギャンズが隠れているところに、レジーがそろりそろりと近づきます。
隙をつかれて、レジーはギャンズに転ばされます。レジーが人質にとられて、ギャンズはジャックを呼びます。
ジャックが現れて、おまえは終わりだと言います。レジーが構わず撃てと言います。
するとジャックは構わず撃ちます。ギャンズが起き上がってきますが、ジャックは終わりだと言っただろと言います。
そして銃を数発撃ち込んで、ギャンズを殺します。
レジーはキャンディとホテルに行きます。下でジャックが待ちます。レジーは別れ際、キャンディに半年後に会おうと言います。
ジャックは金をレジーの車に入れて、自分の分はいらないと言います。しかし刑務所から出たら、車を買うから2000ドル貸せと言います。
どんな車か聞くと、ジャックはほろつきのコンバーチルだと言います。ジャックは法を破ったら、しょっぴくからなと言います。レジーはジャックのライターで、彼のタバコに火をつけます。
レジーは泥棒したら、捕まえられるかなとジャックに聞きます。ジャックはライターを返せと言うと、レジーが笑います。車が走り出して終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はテンポの良いストーリーが軽快で面白いです。銃撃戦はスピーディーで、銃声の音に迫力があります。また、撃たれて吹き飛ぶ人の姿がリアルです。
エディ・マーフィーの出世作であり、笑える場面が散りばめられています。軽いノリの雰囲気はさすがで、特にちゃっかり銃を手に入れた場面は笑えました。ジャック役のニック・ノルティが疲れたから大目にみると言った場面は面白いです。
エディ・マーフィー演じるレジーの気の良さにも注目して欲しいです。普通なら逃げてもいいはずなのに、ルーサーを追ってジャックに電話してる姿が良かったです。
音楽を担当したジェームズ・ホーナーの曲が冴え渡っています。ルーサーを見張る場面でのドキドキした音楽はさすがです。
刑事と囚人のコンビで、対称的な性格の二人が面白かった作品です。何度見ても飽きない面白さを秘めていて、お勧めの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「48時間」の商品はこちら