「6デイズ/7ナイツ」のネタバレあらすじ結末

6デイズ/7ナイツの紹介:1998年公開。南海の無人島に不時着した男女の脱出劇を描いた作品。監督は「ゴーストバスターズ」のアイヴィン・ライトマン。出演は「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォード、「ボルケーノ」のアン・ヘッシュ、テレビドラマ「フレンズ」のデヴィッド・シュワイマー、「ザ・ホワイトハウス」のアリソン・ジャニーなど。

この映画を無料で観る

6デイズ/7ナイツの主な出演者

クイン・ハリス(ハリソン・フォード)、ロビン・モンロー(アン・ヘッシュ)、フランク・マーティン(デイヴィッド・シュワイマー)、アンジェリカ(ジャクリーン・オブラドーズ)、ジャガー(テムエラ・モリソン)、マージョリー(アリソン・ジャニー)、フィリップ(ドゥジャス・ウェストン )、キップ(クリフ・カーティス)、ピアース(ダニー・トレホ )

6デイズ/7ナイツのネタバレあらすじ

【起】- 6デイズ/7ナイツのあらすじ1

ニューヨークで雑誌の副編集長のロビンは、毎日忙しく働いていました。恋人のフランクが休暇にマカテア島への旅行に誘います。
空港に到着して、次はチャーター機で島まで向かいます。クインが機長を務める飛行機は、ボロボロでした。
不安になったロビン。フランクと相談しますが、船だと3日もかかってしまいます。我慢して乗ることにして、無事に到着します。
素晴らしいホテルにロビンは喜びます。フランクはプロポーズして結婚指輪を渡します。
夜にバーを訪ねると、酔ったクインがロビンを口説いてきます。フランクがやってきて、ロビンを救います。
翌日、浜辺でバカンスを過ごしていると、ロビンに上司から電話がかかってきます。急用でタヒチまで飛んでほしいとのことでした。
仕方なく了承したロビンは一日だけ仕事に行くことになります。クインに相談しに行くと、恋人のアンジェリカと楽しそうでした。700ドルという高額でチャーター機の運転を頼みます。 この映画を無料で観る

【承】- 6デイズ/7ナイツのあらすじ2

天候が少し悪かったのですが、クインは大丈夫だと判断して離陸します。次第に悪化していく天候に、雷がチャーター機を直撃します。
無線機をやられて応答がありません。マカテア島に引き返すことにしましたが、このままでは危険のため、近くの島に不時着します。
タイヤが破損して離陸ができなくなります。ここは南海の孤島で、助けが来そうな雰囲気はありません。救いは信号弾が一発残っているだけでした。
滝を見つけて水を汲みます。野ブタや蛇が出て来て驚きます。孔雀を焼いて食べて美味なことにも驚きます。
翌朝起きて、飛行機が通るのを見つけたロビンが信号弾を撃ちます。しかし、寝ているクインから上手く取り出せず、ヤシの木にあたって失敗に終わります。
クインは唯一の手段を使われて怒ります。二人の仲は最初も悪かったですが、更に悪化していきます。
不時着した島に無線機のようなものがあると思ったクイン。ロビンを連れて山を登って向かいます。しかし、思っていた島と違って何もありませんでした。

【転】- 6デイズ/7ナイツのあらすじ3

フランクはアンジェリカと一緒に二人の捜索に行きます。広大な海の前に中々見つかりません。二人は辛いこともあり、一夜を共にしてしまいます。翌日、二人の捜索が打ち切られます。
クインとロビンは山の上から船を見つけます。急いでチャーター機に積んであったゴムボートで向かいます。
双眼鏡で見ると、海賊の船でした。急いで逃げると見つかってしまい、モーターボートで追いかけられます。
島に戻って海賊達に捕まります。殺されそうになって、ロビンが黄金があると嘘をつきます。連れて行かれる道中、隙をついて逃げ出します。
チャーター機の近くに戻るのは危険と考えて、寝れる場所を探します。墜落していた古い日本の水上戦闘機を見つけて、近くで眠ります。
クインは戦闘機の足についているボートを利用することを考えます。川を越えながらチャーター機まで運びます。
ロビンと協力して、木を使ったりしてチャーター機に取り付けて行きます。

【結】- 6デイズ/7ナイツのあらすじ4

気づいた海賊達が船で襲ってきます。遠くから砲弾が飛んできて、クインとロビンはチャーター機に乗り込みます。
クインは砲弾で負傷してしまいます。何とか離陸することに成功して、海賊達は砲弾を真上に打ってしまって自爆します。
クインは怪我で出血がひどい状態です。ロビンに操縦方法を教えます。
マカテア島では二人のお葬式が開かれていました。フランクは裏切り行為をしてしまって、神父に懺悔しています。
そこにクインとロビンのチャーター機がやってきます。ロビンは何とか着陸に成功させます。
クインは病院に運ばれて、意識を取り戻します。クインとロビンは海賊に襲われた後から、キスをしたりと恋をしていました。
自分たちの関係を聞くロビンに、クインは若い男性といるほうがいいと言って身を引きます。
フランクとロビンはニューヨークに帰るため、飛行機に乗ります。フランクはアンジェリカと一夜を共にした事を我慢できずに白状します。
クインは空港に急ぎます。飛行機は出た後でした。しかし、ロビンは飛行機から降りていました。
クインがやってきてロビンと抱き合ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、チャーター機に旧日本軍の水上戦闘機のボート部分を取り付ける場面です。ヤシの木を削って、テコの原理を使ってチャーター機を起こします。そして溶接などではなく、縄などを作って取り付けて行きます。生きるために必死に作業する二人の姿は素晴らしく、サバイバル技術として役に立つシーンだと思います。
また、クインとロビンが最初は仲が悪いのですが、孤島の出来事を通して少しずつ恋仲になっていく様子にロマンを感じることができます。
そして、海賊達からゴムボートで逃げ、島に戻って走って逃げる場面ではハラハラさせられます。一度捕まった時にクインは上手く喋れません。しかし、ロビンが黄金の嘘をつく機転をきかせます。女性は強いなと思う場面でした。
最後まで見終わって、女性の魅力に負けてしまったフランクが印象的でした。ロビンもクインの事が好きになってしまったので、エンディングの後フランクはアンジェリカと付き合うことになったのかが気になりました。面白いシチュエーションの映画で、ストーリー展開も良くて楽しめた作品です。

映画の感想を投稿する

映画「6デイズ/7ナイツ」の商品はこちら