「96時間/リベンジ」のネタバレあらすじ結末

96時間/リベンジの紹介:2012年制作のフランス映画。リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション第2弾。過保護な父が元妻と娘を救うため奔走する。2015年1月には第3弾『96時間/レクイエム』が上映予定。

この映画を無料で観る

予告動画

96時間/リベンジの主な出演者

ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)、キム・ミルズ(マギー・グレイス)、レノーア(ファムケ・ヤンセン)、ムラド(ラデ・シェルベッジア)、サム(リーランド・オーサー)、ジェイミー(ルーク・グライムス)、ジャン=クロード(オリヴィエ・ラブルダン)

96時間/リベンジのネタバレあらすじ

【起】- 96時間/リベンジのあらすじ1

ブライアンは元CIA工作員ですが、現在は一般の警備の仕事に就いています。
ブライアンは以前、パリで拉致された娘・キムを救ったことからキムと元妻・レノーアの信頼を勝ち得ました(『96時間』参照)。
そのレノーアは現在の夫・スチュアートと上手くいっていません。レノーアに実は未練たらたらのブライアンとしては、キムとレノーアを取り戻すチャンスでした。
イスタンブールでSP(要人警護)の仕事が入っていたブライアンは、レノーアとキムを思い切って旅行に誘います。2人が現地にやって来たのを迎えたブライアンは、嬉しく思いました。
しかしそんなブライアンを狙う人物がいました。初老のアルバニア人・ムラドです。

【承】- 96時間/リベンジのあらすじ2

ムラドは2年前にキムを拉致した犯人・マルコの父でした。ムラドは電気拷問で殺されたマルコの復讐でブライアンを殺そうと、大勢の手下を連れてイスタンブールに来ます。
ブライアンに元妻と娘が同行することを知ったムラドは、妻子も拉致しようと考えました。
レノーアを捕らえられたブライアンは抵抗をやめ、投降します。キムはたまたまプールで泳いでいて拉致を免れました。
ズボンに携帯電話を隠し持つブライアンはキムに連絡を取り、拉致された場所を特定するためにキムに手榴弾を投げさせ(無人とはいえ場所特定の目的のためだけに駐車場へ!)音で距離や場所を計測します。
キムは指示通り手榴弾と銃を持ってアジトに近づきました。

【転】- 96時間/リベンジのあらすじ3

銃を手に入れたブライアンは逆さ吊りされたレノーアを救出し、一旦寝かせた後、アジトにいるムラドの手下を片っ端から片付け、追っ手がかかるキムの救出に向かいます。
ムラドの手下を一発の銃弾で倒したブライアンは、駐車中のタクシーを奪って(窃盗です…)キムに運転させ(キムは運転免許取得の勉強中で免許は所持していません)、追っ手から逃れるためイスタンブールの街中をカーチェイス、もとい暴走しました。
そのままアメリカ大使館前にいる軍隊を蹴散らして車ごと大使館内に突入した(軍隊には、自爆テロと勘違いされました…)ブライアンは、サムに電話してキムの安全を裏工作で確保し、再びレノーア救出に向かいます。 この映画を無料で観る

【結】- 96時間/リベンジのあらすじ4

キムを拉致できなかったムラドは、レノーアを連れて逃げようとしていました。ブライアンに復讐できなかったムラドは、腹立ち紛れにレノーアを殺してばらばらにして、アメリカに送ろうと画策します。
ところが目隠しして連行したはずのブライアンは、移送中の音を頼りにアジトの場所を突き止めました。
アジトに単身乗り込んだブライアンは、ムラドの残党をひとり、またひとりと倒していきます。
レノーアを連れて逃げたムラドですが、ブライアンに追いつめられて倒されました。
…3週間後。キムは完璧に車を運転し、免許を取得します。
ブライアンはキムにボーイフレンド・ジェイミーを正式に紹介され、苦笑いを浮かべました。

みんなの感想

ライターの感想

製作陣にリュック・ベッソンがいるので、アクションシーンのカメラワークはとてもスタイリッシュで躍動感溢れる映像になっています。
一番迫力あるなって思ったシーンはカーチェイス。迫りくる追っ手からアクセル全快で車をかっとばしながら逃走を試みますが、前方には踏み切りが見えます。そしてタイミングが悪いことに列車が差し迫っています。このままでは正面衝突してしまいます。
ところが、寸でのところで列車をかわし後ろから追走する追ってはそのまま列車と衝突、大炎上です。このシーンは、ものすごい迫力です。

映画の感想を投稿する

映画「96時間/リベンジ」の商品はこちら