「GANTZ(ガンツ)(前編)」のネタバレあらすじ結末

GANTZの紹介:2011年の日本映画。公開日はPART1『GANTZ』が2011年1月29日、PART2『GANTZ PERFECT ANSWER』(ガンツ・パーフェクトアンサー)が同年4月23日。全2部作で前編・後編共にPG12指定。

GANTZ(ガンツ)(前編)の主な出演者

玄野計[くろの](二宮和也)、加藤勝[かとう](松山ケンイチ)、小島多恵[たえちゃん](吉高由里子)、西丈一郎[にしくん](本郷奏多)、岸本恵[きしもと](夏菜)、鈴木良一[すずき](田口トモロヲ)、重田正光(山田孝之)

GANTZ(ガンツ)(前編)のネタバレあらすじ

【起】- GANTZ(ガンツ)(前編)のあらすじ1

玄野計(くろのけい)は就職活動中の平凡な大学生でした。就職面接の本を読み「人には必ず役目があるというのが持論です。人にはそれぞれ力や才能があり、それを発揮できる場所があるのです」と丸暗記していました。
ある日、玄野が地下鉄・城南線のホームで電車を待っていたところ、線路に酔っ払いの中年男性サラリーマンが落ちます。快速電車が通過する構内放送がかかり、玄野はじめ殆どの人が躊躇している時、ただひとり、線路に降りて男性を救助し始めた人がいました。それは加藤勝でした。
玄野と加藤とは幼馴染みで、昔、いじめられっ子だった加藤を、玄野は何度も助けてあげていました。
玄野はその後の加藤の消息を知りませんでしたが、この日久しぶりに2人は再会したわけです。
レールに降りた加藤は群衆の中から玄野を見つけると、昔のように「計ちゃん、手伝ってくれ」と声をかけますが、玄野は気づかない振りをしました。
加藤は独りで何とか酔っ払い男性を救助します。酔っ払いはホームにいる人に引き揚げられて、助かりました。
加藤もホームにのぼろうとして玄野が手を差し伸べますが、一緒に線路に落ちてしまいます。そしてそのまま、2人はやってきた快速電車に轢かれました…。
…次の瞬間、玄野と加藤は明るくて広い、2LDKの部屋にいました。20畳くらいの白い壁紙が貼られたフローリングの部屋で、都会によくあるマンションの一室です。
部屋の中央には直径1mほどの大きな黒い球体がありました。黒い球体は後に「ガンツ」と呼ばれます。歴代の人達がそう呼んできました。
現状が把握できない玄野は部屋のドアを確認し、加藤はガンツを触ってみます。部屋は高層階にあり、窓から東京タワーが見えました。
電車に轢かれて死んだ筈の2人が不思議がっていると、ガンツからレーザー光線が照射され、全裸の女性・岸本恵が転送されてきます。加藤は岸本に上着を着せました。
部屋には他にも複数の人間がいて、いずれも皆死んだ筈の人達でした。「玄野」「加藤」「岸本」「稲森」「山田」「畑中」「鈴木」「西」の8人です。
ガンツから『ラジオ体操の歌』が流れ、球体の表面に文字が現れました。
〝てめえ達の命は、亡くなりました。
新しい命をどう使おうと、私の勝手という理屈なわけだす。
帰りたかったら、この方をヤッつけに行ってください。〟
その後に現れたのは、画素数の荒いイラストと説明です。
〝ねぎ星人 特徴・くさい 好きなもの・ねぎ〟

【承】- GANTZ(ガンツ)(前編)のあらすじ2

その後、球体の両サイドが開き、各人の苗字が書かれたスーツケースと武器類が出てきました。ガンツの中にはスキンヘッドの人間の男が呼吸マスクをつけて体操座りをしており、眠っているようです。
加藤は裸の岸本に、スーツケースの中身の衣装を着たらどうかとアドバイスしました。メンバーのうち、西はすでにその黒い衣装を着ており、パーカを上から羽織っていました。
一同は戸惑うだけで黒いボディスーツを着用することなく、やがて玄野がレーザー光線で消え始めます。ワープです。
残り時間は20分とカウントされました。但しこれは制限時間ではなく、0になると再び20分からカウントダウンされます。
ワープした先は東京都多摩市一宮の深夜の路上で、無人でした。
状況が読めずに帰ろうとする畑中を制するため、西が「みんな催眠状態で参加しているTV番組で、リアリティーショーというのだ。ミッションを達成したら賞金は10万ドル」だという嘘の説明をします。
賞金が出ると聞いて畑中らは目の色を変え、200mほど先にいたねぎ星人(子供)を追いかけました。ねぎ星人(子供)は「ねぎあげます、ねぎあげます」と言いながら鼻水を出し、畑中と山田と稲森と鈴木が囲みます。
ガンツにあった銃のような武器を向けると「ギョーン」という発砲音がして、畑中がねぎ星人(子供)を仕留めました。しかしこれが本命ではなく、本命のねぎ星人(大人くらいの大きさ)が別にいました。
ねぎ星人の指はナイフのように尖っており、ねぎ星人(子ども)を殺されて怒ったねぎ星人は、畑中を右足を切断し、頭部を持ち上げて殺します。稲森と山田が慌てて発砲しますが、ねぎ星人は仕留められません。
別行動していた玄野と加藤と岸本が駆け付けますが、すでに稲森も山田も殺された後でした。仲間の死体を見てショックを受けて立ちつくす3人に、ねぎ星人が襲いかかります。
黒いスーツを着用する岸本は吹き飛んでも痛くなく、スーツの意味が理解されました。追いつめられた玄野は、思わずねぎ星人をスーツケースで殴ります。
遠くからワイヤーが飛んできて、ねぎ星人が捕縛されました。玄野に止めを刺せと言いますが、ひるむ玄野の代わりに西が止めを刺します。
ミッションが終了すると部屋に戻りますが、生き残ったのは5人でした。西はねぎ星人を倒すために嘘の情報を流し、畑中らを利用したのでした。

【転】- GANTZ(ガンツ)(前編)のあらすじ3

〝それでは、さいてんをはじめる
きしもと 0てん 巨乳ゆれすぎ
かとう 0てん びびりすぎ
すずき 0てん 存在感なさすぎ
くろの 0てん きしもと見すぎ
にしくん 5てん TOTAL79てん〟
西は皆に事情を説明しました。ガンツから下されるミッションは、地球を侵略する星人を戦って倒すというもので、戦いの最中に死んだ人は実際に死んでしまいます。
ミッション完了まで生き残った人は無傷の状態で再生され、現実世界でも生きられるのです。
また戦いの度に採点が行なわれ、星人を倒して累計点数が「100てん」になると
〝100てんめにゅー
1.記憶を消されて解放される
2.好きな人を生き返らせる〟
を選択できます。
戦いが終わるたびに、生き残ったメンバーは一時的に現実世界に戻されますが、一定の時期になると勝手にガンツに呼ばれて部屋に転送されます。それがいつかは分かりませんが、転送前に高周波の音が聞こえるので、玄野らはそれと分かりました。
玄野は最初はひるみますが、やがて幼い頃ヒーローに憧れたことを思い出し、地球を救うためにがんばろうと決意します。
一方の加藤は、戦うことを嫌いました。加藤は年齢の離れた弟・歩を守るために父を殺し、少年院に入った過去があります。以来、戦いごとを避けて生きてきました。
2回目に呼ばれた際には、新たな人員が補充されていました。
「玄野」「加藤」「岸本」「西」「杉本カヨ(老女)」「杉本亮太(孫で5歳くらい)」「白石いずみ(若い女性)」
次のターゲットがガンツから提示されます。
〝田中星人 特徴・さわやか 好きなもの・ラジカセ〟
慌てて玄野はスーツを着用しました。初めて参加する人たちは事情が分からず、スーツなしでワープします。
ワープした先は大型スーパーの立体駐車場でした。ラジカセを持った白と赤のシマシマシャツのロボット・田中星人が、少年・杉本亮太と祖母・杉本カヨを殺します。
田中星人は、怒ると口からキャノン砲みたいなものを発射します。西が吹き飛ばされて瀕死状態になり「俺を生き返らせろ」と言いました。加藤が西を助けますが、田中星人の怪力に手こずりました。
玄野はこの時、スーツが自分の力を増幅させることを知ります。取っ組み合いになった玄野は田中星人の口にXガンという銃を差し込み、発砲しました。田中星人は破裂して爆発しますが、玄野も右腕と左足を負傷します。
ミッションは完了して部屋に転送されると、吹き飛んだ筈の玄野の右腕と左足は再生していました。
〝きしもと 0てん かとうをみすぎ
かとう 0てん きしもとにみられすぎ
すずき 0てん いたの?
しらいし 0てん いたね
くろの 7てん TOTAL7てん あと93てんでおわり〟
採点の後には戦いの死亡者リストが出てきて、死んだ人はその最後に顔写真が加わります。今回の任務で死んだ西も加わりました。

【結】- GANTZ(ガンツ)(前編)のあらすじ4

スーツの力を知った玄野は、現実世界でもスーツを使いこなせるよう特訓を開始します。スーツを検証した結果、コツをつかむとフライパンを簡単に潰せたり、高いところから跳躍できたりしました。
その頃玄野は、ゼミで同じ同級生の小島多恵と親しくなります。多恵は玄野のことが好きで、玄野をモデルにしてヒーローものの少女漫画を描いていました。玄野も多恵に惹かれていきます。
3回目の任務の時には、玄野は覚悟して臨みます。「玄野」「加藤」「岸本」「鈴木」「白石」に加え「徳川夢想(宗教家っぽい中年男性)」「岡崎明俊(若い男性)」「桜井弘斗(若い男性)」の新メンバーが加わりました。
〝おこりんぼう星人 特徴・おおきい 好きなもの・静かなところ〟
加藤は他の人を助けたいためにスーツ着用を呼びかけ、桜井は素直に着ます。玄野は自分が皆を救う気でいました。
メンバーらは国立博物館にワープします。入口の金剛力士像の片方を岡崎が仕留め、破壊しました。岡崎を殺した金剛力士像を、玄野が仕留めます。
しかしそれでは終わりませんでした。国立博物館の中に隠れた徳川夢想が千手観音にやられ、白石も負傷して中から出てきます。敵がまだいたことに玄野は気づきました。
敵は千手観音で、後ろのたくさんの手はすべて刀を握っています。戦いの途中で小さい仏像を落とし、仏像は博物館を突き破るほど巨大化しました。
千手観音は「先に攻撃してきたのはお前達だ。お前達は仲間を殺した。復讐する」と言います。
加藤をかばって岸本が倒れ、加藤も戦いに敗れました。加藤は玄野に「計ちゃんは昔から変わらない。かっこよかった。俺も計ちゃんみたいになりたかった」と言い、倒れます。
玄野は千手観音を爆破しました。その後、巨大化した仏像に飲み込まれますが、内部からXガンという銃を発砲して壊します。
(注:実はこの時、千手観音は本当には倒されていません。後編で詳細が明らかになります)
部屋に戻った玄野は、加藤が死亡者リストに加わったのを見て「加藤を返せ」と怒りました。生き残ったのは、玄野と鈴木と桜井だけでした。玄野に13点が加算されます。
100点を取って加藤を生き返らせるという明確な目的が、玄野にできました。玄野はより効率的に皆で生き残るため、新たに加わったメンバーに協力を仰ぐよう思いをめぐらせます。
同じ頃、現実世界で玄野は多恵に告白されました。
(エンドロール途中)公安の刑事・重田が、事故などで死んだ後に消失した人間のことを調査中。
加藤らしき人物が、現実世界に現れる
(『To be continued…』)

みんなの感想

ライターの感想

2部作品のアクション映画。原作を知らなくてもじゅうぶん楽しめる(私は原作を知らないが、話についていけた)。
ねぎ星人、見た目は可愛くないのですが、子どもみたいな小さなねぎ星人の「ねぎあげます」の声が可愛い!
とにかく戦いが壮絶で、残酷な描写も多々含まれます。実写化に成功してると言えます。不自然な点はなし。
黒いスーツがビジュアル的にかっこいいですよね。これに憧れた人も多いのでは?
ハイテンションなスピードでどんどん話が展開していき、後編に繋がっていきます。
後編では小島多恵が非常に重要な役どころになります。それを踏まえて前編から見ておくといいかも。

映画の感想を投稿する

映画「GANTZ(ガンツ)(前編)」の商品はこちら

Gantz [DVD]