「MEGASPIDERメガスパイダー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

MEGA SPIDER メガ・スパイダーの紹介:2013年製作のアメリカ映画で、巨大クモがロサンゼルスの街を破壊するSF映画。害虫害獣駆の仕事に励む主人公が、新種のクモが引き起こす大パニックに巻き込まれていく。

予告動画

MEGASPIDERメガスパイダーの主な出演者

Array

MEGASPIDERメガスパイダーのネタバレあらすじ

【起】- MEGASPIDERメガスパイダーのあらすじ1

舞台は現代のロサンゼルス。害虫駆除業者として働くアレックスは仕事中にクモに噛まれ、病院のお世話になっていました。そのとき、病院内の遺体安置所では謎の巨大クモが出没していました。診察料金の持ち合わせがないアレックスは、病院側と交渉。謎のクモを退治する代わりに、診察料金をチャラにしてもらうことで話がまとまり、アレックスは警備担当でホセと安置所に赴きます。しかし、二人は安置所でグロテスクな光景を目撃します。遺体の内臓の損傷が激しく、それはクモが遺体の中から突き破って出て来たことを示していたのです。

当のクモはダクトを通って移動を開始していました。ダクトに侵入したアレックスは、再び驚くべき光景を目にします。ダクト内には、粘着性が非常に強く引火性のあるクモの糸が張り巡らされていたのです。アレックスがクモを捜索している間、巨大な組織も動き出していました。タナ―少佐率いるアメリカ陸軍が病院に到着し、ただちに病院を閉鎖し始めたのです。陸軍の目的もまた巨大クモの退治で、それも至急を要する任務でした。巨大クモは、さらに巨大化する危険性を秘めていたからです。

【承】- MEGASPIDERメガスパイダーのあらすじ2

病院の地下で巨大クモを発見したアレックスは、その1mほどの体長に驚いていました。巨大クモは入院患者の体を食べ、巨大化していたのです。それでもなんとか退治しようとするアレックスでしたが、陸軍の女性中尉カーリーが乱入し、巨大クモを取り逃してしまいます。巨大クモは下水道を通り、街の外へと逃げてしまいました。

陸軍はアレックスにこれ以上の関与を禁じましたが、警備担当のホセはアレックスに甘い言葉を囁いてきました。これは、害虫駆除業者として名を売る最大のチャンスだ…その言葉にアレックスは、巨大クモ退治を決意します。また、カーリーに一目ぼれしていたアレックスは、彼女になんとかアピールしたいと考えていたのです。

その頃、巨大クモは体長2mに成長しロサンゼルスの街で狩りをしていました。次々と市民の命が奪ったクモはそれだけでは飽き足らず、風光明媚な公園に移動を開始。人々で賑わう公園はたちまち大パニックに陥りました。そこに、アレックスとホセが到着。巨大クモは、アレックスたちが乗った車に狙いを定めました。

【転】- MEGASPIDERメガスパイダーのあらすじ3

アレックスたちは銃で応戦しますが、巨大クモはまったくひるむ様子を見せません。タナ―率いる陸軍はアレックスたちを退避させ、一斉放火を巨大クモに浴びせることに成功します。しかし、やはり効き目はなく、巨大クモは森の中に消えてしまいました。

森の中に巨大クモを追いつめようとする陸軍に、アレックスはかえって巨大クモが有利になるだけと忠告しますが、陸軍は聞く耳を持とうとしません。アレックスの予想通り、次々と巨大クモにより兵士の命が奪われていきました。アレックスたちも援護に駆けつけますが、混乱の中でカーリーが巨大クモに捕らえられてしまいました。

陸軍とともに一時退却したアレックスとホセは、タナ―から巨大クモの正体を聞き出しました。そもそもの始まりは、火星の化石の遺伝子に含まれる強力な成長ホルモンの発見でしたが、実験中のミスで一匹のクモがホルモンの影響で突然変異してしまったというのです。研究者の話では、すでに成長段階は完了しており、次は繁殖に移ることが予想されていました。巨大クモの繁殖という最悪の事態を防ぐため、陸軍は空爆機による爆撃を実行しようとしていました。

【結】- MEGASPIDERメガスパイダーのあらすじ4

ロサンゼルスのランドマークであるU.S.バンクタワーの頂上で、巨大クモは卵を孵化させていました。偵察隊の報告では、そこに数人の市民が捕らえられており、その中にカーリーもいるといいます。空爆機が到着するまではあと10分。アレックスとホセは急いでタワーの頂上に昇り、カーリーたちを救出します。そして空爆機が到着し、巨大クモと孵化したクモは激しい爆撃を受けていきます。

倒れる巨大クモを見て喜んだのもつかの間、巨大クモは起き上がり再び街を襲おうと動き始めました。しかし、アレックスには考えがありました。糸を紡ぎ出す突起部分は熱に弱く、そこが弱点だとすでに見抜いていたのです。アレックスはホセの援護を受け、弱点の突起にバズーカ砲を撃ち込み、巨大クモの完全退治をやり遂げます。口づけを交わし、生還を喜び合うアレックスとカーリー。しかし同じ頃、タナ―は再び血相を変え、アレックスに電話をかけていました。電話に出たアレックスに、タナ―は伝えます。「ゴキブリに詳しいか?」。タナ―の背景のモニターには、自由の女神像に昇る巨大ゴキブリが映し出されていました。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

B級感が漂う作品ですが、テンポ良く物語が進みサクッと楽しく観られる作品です。巨大クモを倒して大団円で綺麗に終わるのではなく、コメディタッチで終わるのも痛快です。それほどグロテスクでもないので、怖がりな人でも楽しく観ることができると思います。

映画の感想を投稿する

映画「MEGASPIDERメガスパイダー」の商品はこちら