「SP THE MOTION PICTURE野望篇」のネタバレあらすじ結末

SP THE MOTION PICTURE 野望篇の紹介:TVドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』の続編として劇場公開された。V6・岡田准一が演じる特殊能力を持つSPとテロ犯との対決を主軸にしている。TV放送時から岡田のアクションは評価が高かったが、今作では更に磨きのかかった演技を見せている。本作品は、シリーズ完結として2編に分けて製作された前編。

この映画を無料で観る

SP THE MOTION PICTURE野望篇の主な出演者

井上薫(岡田准一)、尾形総一郎(堤真一)、笹本絵里(真木よう子)、山本隆文(松尾諭)、石田光男(神尾佑)、梶山光彦(伊達暁)、木内教永(古山憲太郎)

SP THE MOTION PICTURE野望篇のネタバレあらすじ

【起】- SP THE MOTION PICTURE野望篇のあらすじ1

警視庁警備部警護課第四係に所属する井上薫は特殊能力を持つSPです。
その特殊能力とは、感覚が非常に研ぎ澄まされた状態になることで周囲の違和感や自分への敵意を察知したりするものです。
井上の直属上司は係長の尾形総一郎です。
井上は尾形を尊敬し全幅の信頼を置いていましたが、ある時尾形に秘めた悪意のあることを察知してからは常に疑いの目を持って接するようになります。
四係は、大臣が出席する屋外キャンペーンの警護を担当します。
井上は特殊能力により会場に歩み寄る不審な男を発見します。
男は雨傘に仕込んだ強力なパイプ爆弾によるテロを敢行しようとしますが、井上の連絡を受けた笹本絵里に行く手を阻まれます。
傘を放棄し逃走する男を井上は猛烈な追跡の末に逮捕します。 この映画を無料で観る

【承】- SP THE MOTION PICTURE野望篇のあらすじ2

尾形は与党幹事長の伊達國雄のパーティー会場となったホテルの1室に入ります。
そこには大学時代の後輩にあたる滝川英治(防衛官僚)、安斎誠(外務官僚)、梶山光彦(警視庁理事官・尾形の上司)がおり、更に部屋の奥には伊達も控えています。
滝川と安斎は、過去の尾形の行動に対して結果が伴わないと評価し、今後は新たな計画を実行すると言います。
伊達は、特殊能力を持つ井上を殉職させるよう尾形に言い付けますが、尾形は井上を味方にするつもりであると答えます。
井上は尾形に呼び出されます。
2人が会った公園は井上の両親がテロの犠牲になってしまった現場です。
まだ幼い頃に両親が同時に刺殺されるという衝撃的な場面に遭遇したことが、自分の特殊能力が発現した契機だと井上は考えています。
尾形もまたこの現場に居合わせており随分前から2人は初対面を遂げていたことになります。
尾形は互いがその時にここで会っていたのは偶然ではなく必然だったと言います。
そして、井上に自分の側に入るように迫ります。
更に尾形は、SPが警護してきた存在には実は守る価値はなく、世の中を目覚めさせなければならないと説きます。
「大儀」の為に何かを実行するつもりです。
しかし、井上はこれを断ります。
尾形の言う大儀よりも目前にある生命を守ることこそが大切であり、それを教えてくれたのは尾形だと答えます。
尾形は「残念だよ」とつぶやきその場を離れます。

【転】- SP THE MOTION PICTURE野望篇のあらすじ3

井上は、笹本、石田光男、山本隆文とともに、選挙応援で各地を巡る伊達の警護を担当します。
朝から夜まで伊達の周囲をガードし、任務は何事も無く終わります。
そんな中、伊達は井上に強い嫌悪感を持ちます。
伊達の警護を終えた井上達は帰途、尾形から緊急命令を受けます。
国防に関わる突発事態により自宅から首相官邸まで移動する田辺晋一(内閣官房長官)を警護せよとの内容でした。
指示を終えた尾形宛に梶山から電話が入ります。
国防に関連した緊迫状況の中で警察官が1人死ぬことなど大した話にもならないと、梶山は言い放ちます。
自宅近くで官房長官をピックアップした井上は進路の先を不審視します。
すると、前後を車やバイクなどで挟み撃ちにされたのです。
マスクなどで顔を隠した複数の人物が襲撃してきます。
その内の1人が発砲しますが、笹本はその弾道から、発砲は官房長官ではなく井上に向けられたものだと気付きます。
何とか襲撃犯を撃退したものの車両はパンクさせられたので、仕方なく徒歩で首相官邸を目指すことにします。
運悪くタクシーもつかまらない状況です。
そんな井上達の前に2人の男が立ちはだかります。
井上、笹本とテロ犯との格闘戦が始まりますが、反対方向から別の男が近づき石田と山本を負傷させ行動不能にします。
男は官房長官に詰め寄りますが傷一つ付けることすらせず井上達に向かっていきます。
井上と笹本は激闘の末3人のテロ犯をねじ伏せます。
石田は井上らに官房長官警護の継続を指示します。

【結】- SP THE MOTION PICTURE野望篇のあらすじ4

井上、笹本、官房長官の3人が大通りに出ると新たな刺客が現れます。
2台の車に分乗したテロ犯がダイナマイトとボーガンで攻撃してきました。
笹本は井上を庇いボーガンで肩を撃ち抜かれてしまいます。
井上がたった一人で複数のテロ犯から笹本と官房長官を守る事態になりましたが、投げつけられたダイナマイトを逆利用してテロ犯らを退かせることに成功します。
負傷した笹本を残し、井上は官房長官を首相官邸まで送り届けます。
辛うじて任務完了となった時、井上は遠くのビルの屋上を見つめます。
自分がライフルの標的になっていることを察知した井上は、視線の先に向かって自分を撃ってみろと挑発するのでした。
狙撃しようとしていたのは、尾形が最近になって警護課にスカウトした木内教永です。
遠距離でしかも大きなシートにくるまって偽装しているにもかかわらず、自分の位置を知っているかのような井上の行動にすっかり気圧された木内は引き金を引くことができません。
躊躇している木内の視界を何者かが遮ります。それは尾形でした。
尾形は、即刻ここから退却するよう木内に命じます。
木内がいなくなった屋上から尾形は井上を見つめ、「本当に残念だよ」とつぶやきます。
そして、物語はクライマックスへと向かうことになるのです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「SP THE MOTION PICTURE野望篇」の商品はこちら