「THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦」のネタバレあらすじ結末

THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦の紹介:2015年公開。人気アニメ「機動警察パトレイバー」の新作を実写映画化した作品。人間型機械のレイバーによる犯罪に対抗するために組織された、警視庁警備部特科車両二課第二小隊の活躍を描いている。このパトレイバーシリーズでは最後の作品で、ディレクターズカット版と比べて27分の短縮版となっている。総監督は「イノセンス」の押井守。今作では「警視庁失踪人捜査課」の森カンナ、「東京センチメンタル」の吉田鋼太郎が出演。

この映画を無料で観る

予告動画

THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦の主な出演者

泉野 明(真野恵里菜)、塩原 佑馬(福士誠治)、カーシャ(太田莉菜)、太田原 勇(堀本能礼)、山崎 弘道(田尻茂一)、御酒屋 慎司(しおつかこうへい)、淵山 義勝(藤木義勝)、シバシゲオ(千葉繁)、後藤田 継次(筧利夫)、灰原 零(森カンナ)、小野寺(吉田鋼太郎)、高畑 慧(高島礼子)、南雲 しのぶ(渋谷亜希、声は榊原良子)

THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦のネタバレあらすじ

【起】- THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦のあらすじ1

中東地区の戦闘地帯に、ある女性にまたもや手紙が届きます。彼女は特車二課第一小隊の初代隊長、南雲しのぶです。
東京のレインボーブリッジ目掛けてミサイルが発射されます。その頃、特車二課の隊員達はというと慰安旅行に来ていました。
ニュースでレインボーブリッジの事件を見つけます。公安部外事三課の高畑は、元自衛官の灰原零の行方を追っていました。
その後、特車二課の後藤田隊長にレインボーブリッジの事件を話します。隊員達も一緒に事件について語り始めます。
自衛隊が極秘に開発していた見えない戦闘ヘリ、通称「グレイゴースト」が強奪されたのです。強奪したのは柘植の教え子達です。
柘植と接触していた後藤田隊長の事を高畑は知っていました。そして弾薬の補給ができる事から、次の攻撃もありえると考えます。
未然に防ぎたいので、後藤田隊長に資料を渡してきます。協力すれば後戻りできない事に隊長は気づきます。
資料からグレイゴーストの操縦士は元自衛官の灰原零です。相棒は死体で見つかり、灰原に関するデータは全て消えてます。一つ残っていたのは写真の切れ端だけでした。 この映画を無料で観る

【承】- THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦のあらすじ2

高畑はグレイゴーストが運ばれた形跡を見つけます。灰原が使っていたバスケットボールも見つけます。
テロの首謀者と思われる小野寺達の会社は潰れていました。金の流れから用意周到に準備していたことが分かります。
後藤田隊長は高畑から、テロリスト達の居場所を示した資料を渡されます。そして南雲から電話で呼び出されます。
南雲は13年前の柘植のクーデターの時の事を語り始めます。彼女は上層部に利用されて解雇され、拘束されそうになります。しかし、その後自ら柘植を逮捕したのです。
その後、後藤隊長の考えから海外へと向かいます。南雲は遺産など無かったことを話します。その実態の無い遺産を何に使うかは、後藤田隊長が決めるべきとアドバイスします。
隊長が外出している間に、本庁よりレイバーの起動が禁止されます。この状況にも関わらず、上層部は特車二課の解体を考えているのです。
隊長は第二小隊の隊員を集合させます。塩原をテロリスト達の隠れている場所に潜入させます。彼はグレイゴーストの写真を撮って隊長に送ります。
灰原に見つかって、塩原はボコボコにされます。整備班による遠距離砲撃を開始します。パニックの間にカーシャ達が内部に潜入します。

【転】- THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦のあらすじ3

激しい銃撃戦が始まります。遠距離砲撃の弾が切れます。カーシャ達の弾も切れて行きます。
様子をうかがっていた高畑達の部隊が潜入してきます。特車二課は後退することにします。
グレイゴーストが発進してテロリスト達に逃げられます。塩原は救出され、灰原が使用していたバスケットボールに「Ash」と書かれている事に気づきます。
ついに特車二課の解体が決まります。高畑はテロリスト達の居所が分からなくて、お手上げ状態です。
グレイゴーストが発進して、後藤田隊長の思惑通り、特車二課の倉庫を狙ってきます。全員避難していて、反撃の準備を整えます。
後藤田隊長は南雲の時と同じように、上層部に呼び出されて解雇等を言われます。そこに南雲から電話がきて、伝言を上層部に伝えます。
それは南雲が昔言った台詞と同じで、「私に触れるな」です。警備部部長達はビビってしまいます。
そしてグレイゴーストが警視庁を銃撃して炎上させます。後藤田隊長はグレイゴーストが次に向かう先に行きます。
高畑は補給部隊の小野寺達を拘束していました。彼等から次にグレイゴーストが向かう先を聞き出していたのです。

【結】- THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦のあらすじ4

自衛隊の戦闘ヘリがグレイゴーストを撃ち落としに行きます。しかしグレイゴーストは、迷彩機能があるので見えなくなります。
後ろを取られて自衛隊のヘリは墜落します。特車二課はレイバーを出動させて、グレイゴーストの行き先の橋で待ち伏せします。
隊長は高畑から、灰原の写真の切れ端の結果を知らされます。それは灰原零の墓だったのです。彼女は13歳で病死していたのです。
大田原がリボルバーカノンでグレイゴーストを撃ちますが、逆にやられて海に落ちます。カーシャの銃撃でグレイゴーストに亀裂が入ります。
明がリボルバーカノンで構えますが、迷彩機能で見えなくなります。音響センサーで捉えようとしますが、失敗に終わってレイバーの左腕が落ちます。
亀裂が見えない方向から攻撃してくる事を、塩原が明にアドバイスします。明は正面から来ると読みます。
しかし、レイバーの3分の起動時間が終了してしまいます。塩原が外部から15秒だけ起動できるようにスイッチを入れます。
カーシャと高畑、明が同時にグレイゴーストを撃って撃墜します。全員で大喜びします。グレイゴーストから脱出して、生き延びた灰原が泳いでる姿が映し出されてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、初代第一小隊隊長の南雲しのぶが出演する所です。声がアニメ版と同じ方なので、久しぶりに声を聞いて嬉しくなりました。
後藤隊長が出てくるかなと思っていましたが、出てこなくて続編に期待したいと思います。
この作品にはディレクターズカット版が存在していて、それは27分のカットが無いそうです。そちらだと他にも楽しい映像が隠されているかもと夢が膨らみます。
ディレクターズカット版での舞台挨拶で、後藤田隊長演じる筧利夫が面白い事を言っていました。
踊る大捜査線でもレインボーブリッジが出て来て、この映画シリーズでも出てきたから、もう一回何かで出ればレインボーブリッジ3部作になる!と言ってたそうです。
それを聞いた時は爆笑してしまいました。そんな楽しい出演者のいる今作の映画は、見ていて楽しかったです。
シリーズ最後ということで、だいぶ凝った内容になっていて満足できました。真面目な部分が多くて、後藤田隊長がメインに映し出されていた印象です。
面白かったのは、後藤田隊長が上層部から呼び出された場面です。南雲から伝言を聞いて、上層部達の顔が青ざめた時は面白かったです。その後の後藤田隊長の警察を去ろうとする姿は、潔くてかっこ良かったです。
灰原の謎の写真、実は病死してるなど多くの謎を残して終わってしまいました。これは続編が期待できると思います。

映画の感想を投稿する

映画「THENEXTGENERATIONパトレイバー首都決戦」の商品はこちら