「VERSUS」のネタバレあらすじ結末

VERSUSの紹介:とある森で暗黒の力を巡って繰り広げられるバトルホラー映画。第1回インディーズムービーフェスティバルでグランプリに輝いた北村龍平監督による作品。制作費3000万円という低予算ながらハリウッドに負けないアクションシーン演出が魅力の映画。

この映画を無料で観る

VERSUSの主な出演者

囚人番号KSC2-303(坂口拓)全てを知る不死身の男、ヤクザのリーダー(榊英雄)記憶のない女(三坂知絵子)

VERSUSのネタバレあらすじ

【起】- VERSUSのあらすじ1

「黄泉返りの森」と呼ばれる死者を蘇らせる森の中に、女を連れ込んで飛び込んだ脱獄囚人とそれを追うヤクザ。
森へ足を踏み込むと、そこには今までヤクザたちが殺して埋めたはずの死体が蘇り、ゾンビになって襲ってくる。あらゆる方向からゾンビが迫ってくる中で、それを銃や格闘で蹴散らすヤクザ達。
しかし銃を装備したゾンビなども出て来て、倒しても倒しても切りがない。そんな中、銃声を聞きつけた脱獄囚人とそれを追うヤクザも戦闘に加わり、ゾンビを蹴散らす大バトルが始まる。
ゾンビを一掃した後、脱獄囚人とナイフを扱うヤクザの一人が再びバトルを始める。乱戦が繰り広げられる中、囚人を追っていたヤクザがバトルを停め、囚人を助ける。囚人を生かしておくのは、ヤクザのボスの命令だという。脱獄囚人は女を連れて、再び森の奥へ消える。 この映画を無料で観る

【承】- VERSUSのあらすじ2

囚人抹殺に失敗したナイフ使いのヤクザと仲間は、囚人を助けたヤクザを殺す。
ナイフ使いのヤクザは、これを機会にヤクザのボスの座を奪うべく計画を立てていた。そしてボス抹殺のため3人の使い手を呼び寄せていた。その3人と合流したヤクザ一味は、囚人を捜しつつヤクザのボス抹殺の時を待っていた。
彼らの前にすべてを知る男でありヤクザのボスが現れる。ヤクザの一人がボスの座を巡って反逆を起こすが、ヤクザのボスの力は圧倒的であり、一瞬にして血祭りにされてしまった。
「もし俺を殺したければ軍隊でも連れてくるんだな」そのボスは惨殺したヤクザたちに力を与えるといい、強力な能力を持ってゾンビとして蘇り、とある目的のために脱獄囚人と女を追って再び森の中を歩き始める。

【転】- VERSUSのあらすじ3

全てのことを知る男でありヤクザのボスは、この世を支配できる強力な闇の力を欲していた。その力を得るために、記憶の無い女の血と囚人が必要だったのだ。
脱獄囚人と女を捉えるべく、パワーアップしたゾンビヤクザを送り込むが撃退されてしまう。手下に任していては捉えられないとふんだのか、ヤクザのボス本人が脱獄囚人の前に現れる。
そして、何故脱獄囚人と女がこの森へ連れ込まれたのかを告げる。この森は異界へと繋がるゲートであり、闇の力を得るためには門のカギとして女の血が必要だという。
脱獄囚人は、500年前、ヤクザのボスの弟であり、闇の力を得る儀式をジャマされたという。そして輪廻転生を待って、再び訪れたチャンスであるから協力しろと迫るが脱獄囚人は断る。しかし、圧倒的な力の差により、脱獄囚人は殺されてしまう。

【結】- VERSUSのあらすじ4

記憶の無い女は捉えられ、その血によって闇の門が開かれようとしていた。
しかし、門は開かず何も起こらない。女の血は、殺される前に脱獄囚人に託されていた。はめられたヤクザのボスだったが、本来必要なのは女の血が混じった脱獄囚人の血であった。死んだはずの脱獄囚人は女の血によって強力なパワーを持って蘇る。
すべてがヤクザのボスの思惑通りにことが進んでおり、蘇った脱獄囚人を殺せばヤクザのボスは圧倒的な闇のパワーを得られる。パワーアップしたヤクザゾンビを倒した脱獄囚人は、ヤクザのボスと最後のバトルを繰り広げる。
ヤクザのボスは脱獄囚人を後一歩の所まで追い込んだが、大逆転で倒されてしまう。ヤクザのボスを倒した脱獄囚人と女は、黄泉返りの森を後にする。
それから時が過ぎ去り、世界は荒廃していた。すべて脱獄囚人が破壊していたのだ。そして、再び転生したヤクザのボスが現れる。戦いは繰り返された。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「VERSUS」の商品はこちら