「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」のネタバレあらすじ結末

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーの紹介:高橋留美子原作「うる星やつら」の劇場版オリジナル長編アニメーションの第2作。“学園祭の前日”という1日を無限ループするあたるたちは、やがてそれが誰かの夢の世界にいるのだと気付く。1984年公開。監督・脚本:押井守、音楽:星勝。TVアニメシリーズを手がけた押井守が放った渾身の一撃…いや一作で、本作品は押井守の世界観の原点と言われている。

予告動画

うる星やつら2ビューティフルドリーマーの主な出演者

諸星あたる(古川登志夫)、ラム(平野文)、面堂終太郎(神谷明)、テン(杉山佳寿子)、三宅しのぶ(島津冴子)、サクラ(鷲尾真知子)、藤波竜之介(田中真弓)、メガネ(千葉繁)、パーマ(村山明)、カクガリ(野村信次)、チビ(二又一成)、あたるの父(緒方賢一)、あたるの母(佐久間なつみ)、温泉マーク(池水通洋)、竜之介の父(安西正弘)、校長(西村知道)、錯乱坊(永井一郎)、夢邪鬼(藤岡琢也)、幼女(島本須美)

うる星やつら2ビューティフルドリーマーのネタバレあらすじ

【起】- うる星やつら2ビューティフルドリーマーのあらすじ1

あたるやラムたち友引高校の2年4組のメンバーは、明日から始まる学園祭の準備に追われてドタバタしています。もう何日も学校に泊まり込んで準備しているのに、いつまで経っても完成しません。
夜食を買い出しに行ったあたると面堂は、町の中が静まり返って人がほとんどいない事に気付きます。
一夜明けるとまた学園祭の前日で同じようなドタバタをくり返し、疲労がたまった教師の温泉マークが何日ぶりかで自分のアパートへ帰ると、部屋の中はカビだらけで荒れ果てて浦島太郎のような状態でした。
温泉マークはサクラに「自分たちは同じ1日をずっとくり返しているのではないか?」と不安を打ち明けます。
サクラが「それなら生徒の親や世間が気付くはず」と言うと、「もし浦島太郎が独りだけでなく村人全員と亀に連れられ竜宮城に行ったとしたら、帰って来た時何百年経っていても気付かないかもしれない。友引町全体が異変に巻き込まれている」と主張します。

【承】- うる星やつら2ビューティフルドリーマーのあらすじ2

学校に戻ったサクラと温泉マークは生徒を全員強制的に帰宅させます。
ところが電車やバスに乗っても元の所に戻ってしまい、車で帰宅した面堂は道路が途中で途切れていて町から出られません。
タクシーに乗ったサクラは運転手に妖怪が憑りついていると気づきますが、逃げられてしまいます。
唯一家に帰れたのはあたるとラムだけで、サクラと生徒たちは皆であたるの家に転がり込みます。
温泉マークはいつの間にか姿を消し、サクラは霊能者の端くれである錯乱坊に相談しようと捜しましたがどこにもいません。
次の日もまた学園祭の前日で同じようなドタバタをくり返し、夜学校を調べると校内は迷路か異次元空間のようになっていました。
面堂家の非常脱出用ハリアーを発進させて宇宙から眺めると、なんと円形に切り取られた友引町が巨大な亀に載っているのが見えます。
そして亀の背中の上で友引町を支えているのは、巨大石像と化した錯乱坊と温泉マークでした。

【転】- うる星やつら2ビューティフルドリーマーのあらすじ3

翌日から、友引町にはあたるたち以外の人はいなくなります。
しかし不思議なことに諸星家だけは電気・ガス・水道が供給され、近所のコンビニには常に食料品がストックされています。
面堂以外はみんな能天気にこの状況を楽しんで毎日遊びに興じていましたが、ある日突然しのぶと竜之介が消えます。
町を支える石像に2人が新たに加わっているのを見た面堂とサクラは、ある仮説を立ててあたるを呼び出します。
「この世界は誰かが見ている夢で、その人物は消去法から推測してラムさんに違いない」と言う面堂に、あたるは「ラムは恋敵だからといって、しのぶや竜之介を消すような女じゃない」と反論します。
サクラはラムの願望を実現させた第三者の存在を指摘し、そこに本物のあたるが現れて、あたるに化けていた夢を操る妖怪・夢邪鬼が正体を現します。
少し前、偶然ラムと出会った夢邪鬼は「ダーリンや他のみんなとずーっと楽しく暮らして行きたいっちゃ」と言うラムの純粋な夢に感動して、「永遠の夢の世界」を作ろうと思ったのです。

【結】- うる星やつら2ビューティフルドリーマーのあらすじ4

あたるは夢邪鬼を脅してハーレムの夢を実現させますが、そこにラムがいないと文句を言います。
夢邪鬼が「普段あんなにラムから逃げ回ってるのに」と呆れると、「俺は他の子と同じようにラムにも惚れとる。ラム抜きのハーレムなんて不完全な夢だ」と悪夢を喰うバクを呼ぶラッパを吹き鳴らし、夢の世界を食べさせます。
怒った夢邪鬼はあたるに次々と悪夢を見せ、ラムが死ぬ夢を見て落ち込むあたるの前に帽子で顔を隠した幼女が現れます。
「好きな人を好きでいるために、その人から自由でいたいんだ」と言うあたるに、幼女は「現実へ帰る方法は地面に着くまでに会いたい人の名前を呼ぶのよ」と教えてこう言います。
「責任、取ってね」その顔はラムでした。
夢の世界から飛び出すとそこは大空で、あたるは落下しながらいろんな女の子の名を呼び、着地する寸前「ラムーー!!」と叫びます。
目覚めると教室にいて、みんなで学園祭の準備で泊まって雑魚寝していました。
あたるは目を覚ましたラムとキスしようとしますが照れてできず、またラムとケンカになっていつものドタバタが始まりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」の商品はこちら