「カーズ2」のネタバレあらすじ結末

カーズ2の紹介:マックイーンのワールドグランプリに同行したメーターはひょんな事からスパイに間違われ任務を任されてしまいます。次々と原因不明の事故を起すレースカー達の調査をし、悪者を追い詰める活躍をするメーター。今回の物語の主役は実質的にはメーターになっています。人気シリーズの第2弾です。

この映画を無料で観る

カーズ2の主な出演者

メーター(ラリー・ザ・ケーブル・ガイ/山口智充)、ライトニング・マックィーン(オーウェン・ウィルソン/土田大)、フィン・マックミサイル(マイケル・ケイン/大塚芳忠)

カーズ2のネタバレあらすじ

【起】- カーズ2のあらすじ1

フランチェスコ・ベルヌーイの勝負を受け、ワールドグランプリに参加する事になったライトニング・マックイーン。このレースに参加するきっかけを作ったメーターを初めて連れ、世界レースを回る事になります。
しかしメーターはレセプションパーティーの場ではしゃいだり、わさびを食べて大騒ぎになったりとマックイーンに恥をかかせてばかりいます。おまけに初戦の東京ではメーターが無線で余計なおしゃべりをしていたせいで、指示と聞き間違え惑わされたマックイーンがフランチェスコに負けてしまいました。
カンカンに怒ったマックイーンにこれ以上迷惑をかけてはいけないと、一足先にラジエーター・スプリングスに帰る事にしたメーターでしたが、スパイ仲間だと勘違いされてしまい、ホリーとフィンにスパイ用飛行機に乗せられてしまいます。 この映画を無料で観る

【承】- カーズ2のあらすじ2

ホリー・シフトウェルとフィン・マックミサイルが本物のスパイで、レースの邪魔をする敵とその目的を暴こうとしていると知り、メーターは彼らの仕事を手伝う事にしました。
メーターは敵に変装して潜入捜査を決行。悪の科学者プロフェッサー・ゼットと手下の欠陥車達が大勢集まり集会をしていました。欠陥車達は今まで欠陥車として馬鹿にされてきた悔しい思いを晴らすために、新燃料のアリノールを使って悪だくみをしていました。
そのころイタリアのレース場では、ワールドシリーズの公式燃料となっているアリノールを入れたレースカー達が次々に原因不明の故障を起こしていました。この為、アリノールは公式燃料として使用しなくても良いというルールが改定されましたが、マックイーンはアリノールを使い続ける事を公言します。

【転】- カーズ2のあらすじ3

次のイギリスレースではマックイーンが狙われる事を知ったメーターは、何とかマックイーンにそのことを伝えようとパラシュートで探しに向かいますが敵に捕まってしまいます。
気が付くとホリー、フィン・マックミサイルと共にイギリスの時計台【ビッグベントレー】のなかに捕らわれていました。マックイーンを助けたい一心で脱出したメーターはやっとマックイーンと出会う事が出来ました。メーターを怒ってしまった事をとても後悔していたマックイーンはメーターとの再会に大喜びし、「もう絶対親友と離れないぞ」と言います。
が、実はメーターが脱出してマックイーンに会いに行くことを想定していた敵がメーターに爆弾を取り付けていたのでした。フィンからの無線でそのことを知ったメーターは必至でマックイーンから離れようとしますが、もう絶対に離れないと決めたマックイーンはどこまでも追いかけてきます。

【結】- カーズ2のあらすじ4

プロフェッサー・ゼットを捕まえたフィン・マックミサイルがメータの爆弾を解除させようとしますが、爆弾は作った本人の声でないと取り外しができないといい、自分が黒幕ではないと言います。
爆弾爆発まで数分を切った時、メーターは持ち前の知識で誰が犯人かわかります。黒幕は、なんとアリノールの生みの親でありレースの主催者でもあるアクセルロット卿だったのです。
自分は電気自動車に生まれ変わったと言っていましたが、実は壊れやすい欠陥車のままだったアクセルロッド。皆が新燃料にシフトしようとする中で、大量の油田を見つけてしまったので石油に戻って貰うため、新燃料の評判を落としたかったのです。
メーターの活躍で無事事件が解決しました。レースの決着はラジエーター・スプリングスで行われることになり、皆がレースを楽しんでいるうちに物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「カーズ2」の商品はこちら