「ゲド戦記」のネタバレあらすじ結末

ゲド戦記の紹介:2006年公開の日本アニメ映画。スタジオ・ジブリ制作。アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』の主に第3巻「さいはての島へ」を原作とし、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案としたもので、宮崎吾朗監督のデビュー作にあたる。

この映画を無料で観る

予告動画

ゲド戦記の主な出演者

アレン〔レバンネン〕(岡田准一)、テルー〔テハヌー〕(手嶌葵)、ハイタカ〔ゲド〕(菅原文太)、テナー(風吹ジュン)、クモ(田中裕子)、ウサギ(香川照之)、国王(小林薫)、王妃(夏川結衣)、女主人(倍賞美津子)、ハジア売り(内藤剛志)、ルート(飯沼慧)

ゲド戦記のネタバレあらすじ

【起】- ゲド戦記のあらすじ1

巨大な王国・エンラッドの王子・アレンは、真面目な性格が災いして世の中の悪に心を悩ませるうち、本来の心の「光」だった部分が「影」となり精神を病みます。
そして父王を刺して、父の持ち物だった魔法の剣を持って国を出ました。
魔法使い・ハイタカは逃亡中のアレンと出会い、共に災いの源を探す旅に出ます。
アレンとハイタカがたどりついたホート・タウンにも災いは降りかかり、町は荒廃していました。
アレンとハイタカは、町はずれにあるハイタカの幼馴染み・テナーの家に身を寄せます。 この映画を無料で観る

【承】- ゲド戦記のあらすじ2

テナーはほかに、親に捨てられた娘・テルーも住まわせていました。テルーは顔の左半分に赤い火傷の痣を持つ少女で、不思議なオーラをまとっています。
一同は、しばらくはつつましいながらも穏やかに暮らしていました。
ある日、ハイタカがその家を留守にしている隙に、近くの城に住む魔法使い・クモの部下がやってきて、テナーを誘拐してしまいます。
クモの目的はハイタカでした。テナーを人質にして、ハイタカをおびき寄せようという魂胆です。

【転】- ゲド戦記のあらすじ3

「影」を持つアレンもクモに利用され、城に幽閉されました。
クモの最終目的は「永遠の生命」です。そのために開いてはならない生死両方の世界を分ける扉を開いた魔法使いでした。
そしてその扉を開いたがために、世界のバランスが崩れ、各地で災いが起きていたのでした。
クモと対決すべく城にやってきたハイタカは、城に入るやいなや魔法の力を奪われ、囚われてしまいます。
その頃、テルーはアレンの「影」の部分と出会って、魔法の剣を受け取っていました。

【結】- ゲド戦記のあらすじ4

テルーが城に乗り込みます。
テルーの説得により、アレンは闇の世界から脱出することができました。
迷いを吹っ切ったアレンは強く、クモを追いつめますが、あともう一息のところでクモがテルーを殺してしまいます。
しかし死んだテルーはドラゴンになってよみがえり、クモを倒しました。
世界のバランスは回復し、平和が戻ります。
アレンは自分の罪を償うために、エンラッド国に帰る決心をしました。
アレンはテルーやテナーとの再会を誓いあって、別れました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ゲド戦記」の商品はこちら