「シュレック」のネタバレあらすじ結末

シュレックの紹介:陽気で心優しい緑色のオーガ(怪物)シュレックは、その醜い姿が人から恐れられるのにうんざりして沼地でひとり気ままに暮らしていたが、ある日おとぎ話のキャラクターたちが押しかけて来て家を占領されてしまう。マイホームを守るために冒険の旅に出るはめに…

予告動画

シュレックの主な出演者

シュレック(マイク・マイヤーズ/浜田雅功)、フィオナ(キャメロン・ディアス/藤原紀香)、ドンキー(エディ・マーフィー/山寺宏一)、ファークアード卿(ジョン・リスゴー/伊武雅刀)

シュレックのネタバレあらすじ

【起】- シュレックのあらすじ1

シュレックは沼のほとりの小さな小屋に住む、全身が緑色の醜いオーガ(怪物)です。人々はシュレックの恐ろしい姿を見ると退治しようとやって来ますが、いいようにあしらわれて追い帰されます。
シュレックは実は心優しいオーガで、ひとりでのんびり暮らすのが好きなのです。その頃、領主のファークアード卿は国中のおとぎ話のキャラクターたちに賞金を懸けて捕まえさせ、シュレックの住む沼地へと追放しました。
シュレックの家とその周辺はおしゃべりロバのドンキーを始めとして、ピノキオや赤ずきんちゃんのオオカミや白雪姫の七人の小人などのおとぎ話のキャラクターたちに占領されてしまいます。
静かな生活を取り戻したいシュレックは、ファークアード卿に追放令を取り消すように話をつけるため、ドンキーに道案内をさせて卿が住むお城のあるデュロックの街へと向かいます。

【承】- シュレックのあらすじ2

一方お城では、背も人間の器も小さいファークアード卿が、魔法の鏡に王様になる方法を尋ねます。魔法の鏡は「プリンセスと結婚すれば王様になれる」と答えます。
卿は鏡が薦める3人のプリンセスの中から、火を吐く凶暴なドラゴンの守る塔に閉じ込められているフィオナ姫を選びます。デュロックに着いたシュレックとドンキーはお城の騎士たちと戦いになりますが、全員をやっつけてしまいます。
その強さを見たファークアード卿は、シュレックにフィオナ姫を助け出してきたら沼からおとぎ話のキャラクターたちを追い出してやると約束します。
仕方なくシュレックとドンキーはフィオナ姫を助ける旅に出ます。途中の道すがら、シュレックはドンキーに、みんなから誤解されているがオーガの心はタマネギに似ていて、何層も重なって複雑で奥が深いと説明します。

【転】- シュレックのあらすじ3

塔に着くとそこは火山の噴火口で、マグマの海に囲まれていました。火を吐く巨大なドラゴンが襲ってきますが、メスだったのでドンキーは得意の口のうまさでドラゴンを手なずけます。
シュレックは塔のてっぺんの部屋で眠るフィオナ姫を見つけ、姫を叩き起こし塔から逃げ出しますが、白馬の騎士を待っていたフィオナは助けてくれたのが醜いオーガのシュレックだったのでがっかりします。
しかしフィオナは、シュレックが醜さのため人から嫌われると嘆くのを偶然耳にして、シュレックと仲直りします。森を通る時にロビンフッドとその一味が襲ってきますが、フィオナは得意のカンフーでやっつけてしまいます。シュレックとフィオナはだんだん打ち解けてお互い惹かれあって行きます。
ところが、フィオナは日が沈むと夜明けまで醜い緑色の怪物に変身するという魔法をかけられていたのです。その魔法は運命の人と最初のキスをしなければ解けないことになっていました。

【結】- シュレックのあらすじ4

フィオナの秘密を知らないシュレックは、フィオナから嫌われていると誤解して沼に帰ってしまいます。魔法を解くためにファークアード卿との結婚を決めたフィオナでしたが、シュレックの事が忘れられません。
沼に帰ったシュレックもフィオナを想っていましたが、ドンキーに説得されてドラゴンに乗って結婚式へ向かいます。フィオナとファークアード卿がキスしようとした瞬間、シュレックが乗り込んでフィオナに告白します。その時日が沈み、フィオナは怪物の姿になります。
ファークアード卿はフィオナを醜いと罵りシュレックを捕えさせようとしますが、ドラゴンに食べられてしまいます。シュレックとフィオナが口づけを交わすと、魔法が解けてフィオナは元の美しい姿に戻る・・・はずでしたが、なぜか緑色の怪物のままでした。
でもシュレックはそんなフィオナを美しいと言いました。ふたりは結婚してタマネギの馬車に乗り、沼のほとりの家で幸せに暮らしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シュレック」の商品はこちら