「シュレック3」のネタバレあらすじ結末

シュレック3の紹介:心優しい緑色の怪物シュレックとフィオナのシリーズ第3作。フィオナの父ハロルド王が亡くなり次期国王に指名されてしまったシュレックは、王様なんてまっぴらごめんともうひとりの王様候補のアーサーを探しに旅に出る。

この映画を無料で観る

予告動画

シュレック3の主な出演者

シュレック(マイク・マイヤーズ/浜田雅功)、フィオナ(キャメロン・ディアス/藤原紀香)、ドンキー(エディ・マーフィー/山寺宏一)、長ぐつをはいたネコ(アントニオ・バンデラス/竹中直人)、アーサー(ジャスティン・ティンバーレイク/橘慶太)

シュレック3のネタバレあらすじ

【起】- シュレック3のあらすじ1

フィオナ姫の故郷遠い遠い国では、カエルの国王のハロルドが病の床に就いていました。シュレックとフィオナは王の代理で毎日たくさんの政務に追われて目が回るような忙しさです。
沼の家に帰りたくてしょうがないシュレックでしたが、ハロルド王の容態は悪化して行き、ついに亡くなってしまいます。ハロルド王は亡くなる直前に、シュレックとフィオナか、あるいはフィオナのいとこのアーサーに王位を継がせるようにと言い残しました。
王様になりたくないシュレックは、ドンキーと長ぐつをはいたネコを連れてアーサーを探す旅に出ます。船で出航する直前、フィオナは妊娠していることをシュレックに告げます。
シュレックは自分が父親になることに戸惑い、悪夢を見てうなされます。一方、前作でシュレックに敗れたチャーミング王子は、おとぎ話の悪役たちを集めて王国を乗っ取ろうと企んでいました。 この映画を無料で観る

【承】- シュレック3のあらすじ2

船はアーサーのいるウスターシャー魔法学校に着きました。アーサーはその学校に通う高校生でしたが、勉強もスポーツもダメないじめられっ子でした。
王様になれると聞いて最初は喜んだアーサーでしたが、帰る途中で責任の重さにだんだんプレッシャーを感じ、逃げ出そうとして船を難破させてしまいます。
たどりついた先は、魔法使いマーリンの住む庵でした。マーリンはアーサーが過去に父親に捨てられたのがトラウマになっていると診断します。
お城のフィオナのもとには、シンデレラ、白雪姫、眠れる森の美女、髪長姫などのプリンセス仲間が妊娠のお祝いに来ていました。そこへ悪役軍団を率いたチャーミング王子が攻め込んで来ます。隠し扉から城の地下道へ逃げた王妃とフィオナとプリンセスたちでしたが、髪長姫の裏切りでチャーミング王子に捕まってしまいます。

【転】- シュレック3のあらすじ3

シュレックは王様になる心の準備ができないアーサーに父親になるのを恐れている自分を重ねあわせ、「自分を信じればきっとなりたい自分になれる」とアーサーを励まします。
そこへチャーミング王子の手下が襲ってきて、フィオナが捕われの身になったことを知ります。手下たちは撃退したものの、遠い遠い国へ帰る手段がありません。マーリンに頼み込んで魔法で飛ばしてもらいますが、副作用でドンキーと長ぐつをはいたネコの体が入れ替わってしまいます。
お城ではチャーミング王子がシュレックを退治する芝居を上演しようと準備していました。シュレックたちは城に乗り込みますが、逆に捕まってしまいます。シュレックはアーサーの命を助けるために、王様候補は自分だけでアーサーには資格がないと言います。
アーサーは釈放されますが、シュレックに騙されたと思い傷ついて去って行きます。チャーミング王子は舞台の上でシュレックを殺して王位に就くつもりです。

【結】- シュレック3のあらすじ4

捕われのプリンセスたちは王妃の頭突きで牢の壁を破り脱走し、それぞれの特技を活かして城に突撃します。
ドンキーと長ぐつをはいたネコはアーサーに、シュレックがあんなことを言ったのはアーサーの命を救うためだったと教えます。お城の庭の舞台では、チャーミング王子が鎖に繋がれたシュレックに剣を振り下ろそうとしていました。
そこへドラゴンやピノキオたちやフィオナとプリンセスたちが助けに乱入しますが、悪役たちに追いつめられてしまいます。その時アーサーが現れ悪役たちに呼びかけます。
「世間から悪者だ、怪物だ、負け犬だとレッテルを貼られても、自分を信じる力さえあればなりたい自分に変われる」アーサーの言葉に悪役たちは共感し、チャーミング王子は失脚します。
アーサーは自分を信じて国王になろうと決心しました。ドンキーとネコも元に戻り、沼に帰ったシュレックとフィオナには三つ子の赤ちゃんが生まれ、一家は幸せに暮らしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シュレック3」の商品はこちら