「トイストーリーオブテラー!」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー・オブ・テラー!の紹介:2015年製作のアメリカ映画。『トイ・ストーリー3』の“その後”を描いた、ウォルト・ディズニー社のスピンオフ作品。ボニーの祖母の家へ向かう車のトランクの中でホラー映画を見ていたウッディたち。すると途中で車がパンクし、ボニーたちはモーテルで1泊することになり…。

予告動画

トイストーリーオブテラー!の主な出演者

ウッディ(トム・ハンクス)、バズ・ライトイヤー(ティム・アレン)、ジェシー(ジョーン・キューザック)、レックス(ウォーレス・ショーン)、ミスター・ポテトヘッド(ドン・リックルズ)、ミスター・プリックルパンツ(ティモシー・ダルトン)、トリクシー(クリスティン・スカール)、戦士カール(カール・ウェザーズ)、ロン支配人(ステファン・トボロウスキー)、ボニー(エミリー・ハント)

トイストーリーオブテラー!のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ボニーに連れられて祖母宅に行くおもちゃたち。途中で車がパンクしたために、ボニーと母はモーテルで一泊する。モーテル内を探索したおもちゃたちは、1人また1人と何者かに連れ去られた。ジェシーも連れ去られる。 ②おもちゃを連れ去ったのはモーテルの支配人のイグアナのペット・ジョーンズ。支配人は子どものおもちゃを出品してお小遣いを稼いでいた。ジェシーはボニーに知らせ、みんなはボニーの元へ無事帰る。

【起】- トイストーリーオブテラー!のあらすじ1

ウッディたちおもちゃは、かつてアンディ少年のお気に入りの人形でしたが、現在はボニーという少女のおもちゃとして満足な生活を送っています。
・ウッディ…カウボーイ人形。
・バズ・ライトイヤー…宇宙飛行士の格好をした宇宙ヒーローの人形。
・ジェシー…カウガール人形。
・トリクシー…青いトリケラトプスの人形、メス。
・レックス…緑のレックスの人形、オス。
・プリックルパンツ…茶色のハリネズミのぬいぐるみ。
・ポテトヘッド…ジャガイモの顔をした人形。バラバラになれる。
彼ら7人は車のトランクに積まれ、ボニーとボニーの母と一緒に、祖母の家に行く途中でした。トランクの中で白黒のホラー映画を見て楽しみます。
その映画はヒロイン・ベッツィがヴァンパイアに狙われるもので、プリックルパンツは見ながらホラー映画の定石について語ります。
怖くないと言いつつも、みんなやっぱり怖がっていました。
車が揺れ、その振動でジェシーが工具箱に閉じ込められてしまい、パニックに陥ります。ジェシーは昔、箱の中に閉じ込められて捨てられた過去があり、それ以来、暗くて狭い場所、特に箱の中にひとりで閉じ込められるのが大嫌いでした。
みんなで急いで助けます。
車が揺れたのは、ボニーとボニーの母が乗る車がパンクしたからでした。
車は走行不能になります。
折しも雨の夜。ボニーの母は近くのモーテルに車を泊めると、修理工の手配を頼みました。修理工がやってくるのは翌朝です。
彼らが泊まることになったのは『スリープウェル・モーテル』でした。
ボニーはおもちゃたちを積め込んだスーツケースをトランクからおろし、部屋に入ります。
そのモーテルは不思議なことに、「お子様は宿泊代金無料」となっていました。その理由が分かるのは、後のことです。
部屋に入ったボニーと母は、夜遅いこともあって、すぐに床に就きました。
ボニーと母が寝静まったので、ウッディたちは早速抜け出して部屋を探索します。 この映画を無料で観る

【承】- トイストーリーオブテラー!のあらすじ2

恐れているわけではありませんが、車のトランクでホラー映画を見ていた影響も手伝い、なにかというと、みんなすぐホラー映画の展開と引き比べます。
ポテトヘッドがアメニティグッズ(ホテルについている宿泊用の備品、使い捨てのものが多い)をチェックすると言い、プリックルパンツが「ホラーだと最初に出て行く奴がやられるのだ」と言いました。ポテトヘッドがアメニティグッズを見たいのは、今回家で留守番している豚の形をした貯金箱・ハムへのお土産を探したいからでした。
ポテトヘッドが出て行ったのを追ってみんなが次々に出ていき、怖いのですがジェシーもついていきます。
全員いるかとバズが点呼しますが、ポテトヘッドがいませんでした。「無邪気に消える奴が危ない」とブリックルパンツが発言し、2人ずつ組んで探すことにします。
トリクシー&レックス、ウッディ&プリックルパンツ、ジェシー&バズで探し始めました。
捜索の最中、レックスが何かぬるぬるしたジェル状の透明な液体を踏んでしまいます。床のじゅうたんに落ちた液体を見ると、ポテトヘッドの足跡が続いているのをバズが発見しました。それを追ったトリクシーが通風口に落ちてしまいます。
トリクシーを引き上げようと考えますが、レックスがダッシュして駆け寄ったため、他の皆も全員通風口に落ちてしまいました。
皆が散り散りになり、しかも1人ずつ何者かに連れ去られます。まずトリクシー、プリックルパンツ、続いてレックス…というふうに1人ずつ消え、ウッディとバズとジェシーの3人だけになった時、ポテトヘッドの腕が現れると、上を指さしていました。
上に行くと、バスルームに戻ります。そこで何かの声を聞いたような気がしたジェシーは、ふと立ち止まります。その間にバズとウッディとはぐれました。
ジェシーが聞いた声の主は、戦士(コンバット)カールという迷彩服を着た黒人軍人のフィギュアでした。右腕がないカールは「ここは戦場だ」とモンスターの存在を示唆します。

【転】- トイストーリーオブテラー!のあらすじ3

カールは持ち主であるビリーのところへ戻るのを願っていました。
モンスターが襲撃してきます。それは動きが素早く、あっという間にカールを連れ去りました。それだけでなく、バスタブに隠れたジェシーもモンスターに連れ去られました。
モンスターの正体はイグアナで、ロン支配人が飼っているペットでした。名前はジョーンズといいます。
ジョーンズは夜中にモーテル内の通風口を探検しては、あちこちで見つけた子どものおもちゃを持ち帰り、えさ皿に入れてはベルを鳴らしてロン支配人を呼びました。えものを見せびらかすためです。
ロン支配人は、ジョーンズがおもちゃを持ち帰るたびに褒めました。そのようにしつけているのです。
そして得たおもちゃの写真を撮影しては、すぐさまネットオークションにかけていました。『スリープウェル・モーテル』でお子様の宿泊代が無料なのは、子どものおもちゃが目当てだったからです。たまに、思わぬ掘り出し物があるみたいです。
捕らえられたジェシーは早速写真を撮られ、すぐさま出品されました。出品物は奥のガラス扉の陳列棚に入れられます。
そこでジェシーは仲間たち全員と再会しました。彼らもジョーンズに次々に連れ去られて、すでに出品されていたのです。
そこにはカールの3分の1の大きさの戦士カール・ジュニアや、全身にポケットがついたスーパーマンみたいなフィギュア、4体のうちの1体・ポケッティア(あとの3体はすでに売れてしまったらしい)、目覚まし時計のキャラクター・オールドタイマー、シュガータブレットを入れる猫の顔をした容器・ペッツキャットなどがいました。
仲間との再会の喜びもつかの間、ウッディが2000ドル(約20万円)で落札されます。
高値で売れると思わなかったロン支配人は、大喜びですぐさまウッディを段ボールに梱包します。
「ホラー映画どころか、惨劇になった」とプルックルパンツが嘆きました。
つづいて売れたのはジェシーです。ジェシーも段ボール箱に入れられそうになりましたが、朝になってちょうどパンクの修理工がやってきました。ロン支配人は応対のため席を外します。 この映画を無料で観る

【結】- トイストーリーオブテラー!のあらすじ4

ところが一難去ってまた一難、集荷の運送業者がやってきて、ウッディを詰めた箱を持ち去りました。まだ箱が残っているので、何回かに分けて取りにきます。
早くしないとウッディとお別れになりますが、他の仲間は陳列棚から抜け出せません。行動を起こせるのは、ホテルのカウンターに置かれたジェシーだけです。
勇気が出ないジェシーに、戦士カールは「ジェシーはあきらめない、方法を探す」と励ましました。ジェシーは考えます。
そしてジェシーは先に梱包されていたトランジトロンというロボットの箱を開けると、入れ代わってもらいました。箱の封をされるのは怖いので、上に物をおいてくれと頼みました。
ところが集荷の業者に封がなされていないのが見つかり、封をされてしまいました。パニックに陥ったジェシーですが、勇気を振り絞ってクリップを曲げ、その先端で封のテープを切り裂いてトラックの積み荷の中から脱出します。
ウッディを探し当てて同じように箱から救出すると、仲間のところへ戻っていきました。
ところがイグアナのジョーンズに見つかり、ジェシーは再び捕まえられそうになります。必死で格闘していると、ジョーンズの口から、呑みこんだカールの右腕や、ポテトヘッドの手も出てきました。
騒動に乗じてジェシーはフロントの仕切りのカーテンを開き、奥にあるガラス陳列棚におもちゃが置かれていることを、チェックアウトの手続きをしているボニーと母に知らせます。
ボニーが自分のおもちゃだと主張して、母はどういうことかと詰め寄りました。ロン支配人はペットのイグアナが拾ってきたのだと言いますが、ジェシーをえさ皿に乗せてベルを鳴らし、ドヤ顔で待っているジョーンズを見て、意図的にしつけられたものだとボニーの母は受け止めます。
ロン支配人は慌てておもちゃを返しました。ウッディやジェシーたちはボニーの元に無事帰れました。
(エンドロール)取り戻した右腕を装着したカールは、次は自分たちが持ち主・ビリーの元へ帰る番だと張り切る。ボニーの母が通報したらしく、ロン支配人の元へ制服警官がやってきた。
ロン支配人はパトカーを奪って逃走を図ろうとするが、モーテルの看板にぶつかってパトカーは大破。走って逃げるロン支配人。

みんなの感想

ライターの感想

ホラー映画を見たあとのおもちゃたち…という設定なので、なにかにつけ「ホラーだとこういう展開になるよね」という話を、ハリネズミのおもちゃ・プリックルパンツが言う。これが面白い。
途中からはホラーの色彩は消え、ドタバタ系&ジェシーの奮闘に色彩が変わるのだが、とにかく面白い。
イグアナのジョーンズが「ドヤ顔」で支配人にいちいちえものを見せる仕草も可愛い。
映像も綺麗だし、展開はスピーディで飽きることなく見られるし、出来は非常にいい! お勧め!

映画の感想を投稿する

映画「トイストーリーオブテラー!」の商品はこちら