「トイストーリー謎の恐竜ワールド」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールドの紹介:2016年製作のアメリカ映画。『トイ・ストーリー3』の“その後”を描いた、ウォルト・ディズニー社のスピンオフ作品第2弾。青いトリケラトプスの女の子・トリクシーを主人公に、“謎の恐竜ワールド”に足を踏み入れたウッディやバズたちが、恐竜のおもちゃたちとの戦いに巻き込まれてしまう。

この映画を無料で観る

予告動画

トイストーリー謎の恐竜ワールドの主な出演者

ウッディ(トム・ハンクス)、バズ・ライトイヤー(ティム・アレン)、トリクシー(クリスティン・スカール)、レックス(ウォーレス・ショーン)、ミスター・プリックルパンツ(ティモシー・ダルトン)、ミスター・ポテトヘッド(ドン・リックルズ)、レプティラス(ケヴィン・マクキッド)、賢者クレリック(スティーヴ・パーセル)、レイ=ゴン(ジョナサン・カイド)、エンジェル・キティ(エマ・ハダック)、ボニー(エミリー・ハント)

トイストーリー謎の恐竜ワールドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ボニーはトリクシーたちを連れて少年・メイソン宅に行くが、メイソンのテレビゲームに夢中になる。トリクシーたちはおもちゃが置かれた部屋に放置され、探検を開始。おもちゃの部屋は一大恐竜ワールドだった。 ②ところがメイソン家のバトルサウルスたちは遊ばれた経験がないので、自分たちがおもちゃだという自覚がなかった。トリクシーはボニーを呼んでメイソンと遊ばせ、レプティラスたちは人間に遊んでもらう喜びを知った。

【起】- トイストーリー謎の恐竜ワールドのあらすじ1

ウッディたちおもちゃは、かつてアンディ少年のお気に入りの人形でしたが、現在はボニーという少女のおもちゃとして満足な生活を送っています。
・ウッディ…カウボーイ人形。
・バズ・ライトイヤー…宇宙飛行士の格好をした宇宙ヒーローの人形。
・トリクシー…青いトリケラトプスの人形、メス。
・レックス…緑のレックスの人形、オス。
・プリックルパンツ…茶色のハリネズミのぬいぐるみ。
・ポテトヘッド…ジャガイモの顔をした人形。バラバラになれる。
クリスマス間近のある日。その日もボニーはウッディたちを使って遊んでいました。
ウッディをサンタに見立て、トリクシーやレックスは頭に変な飾りをつけられています。どうやらボニーの設定では、トリクシーとレックスは『トナカイの親子』だそうです。
ボニーが「恐竜が逃げたかも~」と言うので、トリクシーは初めて恐竜の役になれるかもと期待しました。ちなみにトリクシーはれっきとした恐竜のぬいぐるみなのです、本当は。
プリックルパンツから「演じるのではない。恐竜として生きろ」というアドバイスも貰い、期待に胸をときめかせていたトリクシーですが、ボニーが選んだその日の恐竜は、クリスマスツリーに飾られた猫の人形エンジェル・キティでした。『ネコサウルス』と名付けられます。
ボニーの遊びの設定では、ネコサウルスは卵をたくさん産んでいるらしいです。
ボニーが立ち去った後、いつものようにおもちゃたちは集まって、ボニーについて話をし始めました。ネコサウルスの件を取っても分かるように、ボニーは既成の概念にとらわれず、常に独創的な想像力でおもちゃを使って遊ぶのです。
戻って来たボニーはウッディ、バズ、トリクシー、レックス、エンジェル・キティを宇宙船の形をしたリュックに詰めると、友だちの家に遊びに行きました。
ボニーは自分のおもちゃを持って、少年・メイソンの家に遊びに行きました。
ところがメイソンの部屋に入るなり、ボニーは別のことに夢中になります。
なぜかというと、メイソンの家は裕福で、おもちゃをいっぱい買ってもらっていたからです。 この映画を無料で観る

【承】- トイストーリー謎の恐竜ワールドのあらすじ2

メイソンの部屋は1室がまるごとおもちゃの館のようになっていました。いろんなおもちゃが並べられており、そこだけでひとつのワールドが形成されています。
ところがメイソンが現在夢中になっているのは、そのおもちゃたちではなく、別の部屋に置かれた最新のテレビゲームでした。メイソンの部屋は複数あり、おもちゃの部屋、テレビゲームの部屋が別々です(注:劇中では触れられないが、メイソンが寝るベッドがないので、ベッドはまた別の部屋にあると思われる)。
ボニーはおもちゃの部屋に自分のおもちゃを入れたリュックを置くと、向かいの部屋に入ってメイソンと一緒にテレビゲームを開始しました。早速ボニーとメイソンはテレビゲームで対決しはじめます。
ウッディたちはボニーとメイソンの目を盗んでリュックから出ました。
ウッディたちは以前にもメイソンの家に来たことがあり、その時に知り合った古い友人のおもちゃを探そうとしましたが、新しいおもちゃが多すぎてなかなか見つけられません。
部屋の中にはバトルサウルス、アルティメット・ダイナソーズという箱が積まれており、これらのシリーズはすべて揃っているようです。
箱から出されて並べられているのですが、メイソンは目下のところテレビゲームに夢中で、バトルサウルスで遊んだことがないようでした。
黄色く小さな恐竜が走って行ったので、トリクシーは追っていきました。他のメンバーもついていきます。
部屋の中央には恐竜ワールドが作られていました。恐竜の軍隊がおり、それを率いるリーダーは赤い恐竜・レプティラスです。
その恐竜ワールド、通称・バトロポリスの世界は、賢者クレリックという紫色のギョロ目の恐竜の支配下にありました。レプティラスは賢者クレリックの忠実な部下です。
賢者クレリックは、ワールドに入りこんできたトリクシーたちを物色すると、バトルサウルスの装備の専門家・レイ=ゴンに命じて、早速装備をさせました。レイ=ゴンは青い眼鏡をかけた恐竜です。
トリクシーは赤いサングラスや甲冑のようなものを装着され、なんだか強くなった気分でした。レックスも同じように飾り立てられます。
トリクシーもレックスも、その装備に大満足ですが、賢者クレリックは新たに世界に入り込んできた「よそ者」たちを警戒し、見張るよう部下に言い渡します。

【転】- トイストーリー謎の恐竜ワールドのあらすじ3

トリクシーはリーダーのレプティラスに案内してもらい、部屋を見て回りました。レプティラスは「戦いは我々バトル・サウルスの役目」と言い、トリクシーのいる世界のことを聞きます。トリクシーは「普通のおもちゃの世界よ」と答えるのですが、レプティラスは理解できませんでした。
トリクシーはレプティラスとすっかり意気投合しますが、あることに気づきます。
メイソン宅に新たに加わったレプティラスや賢者クレリックたちは、自分たちがおもちゃだという自覚がありませんでした。それはたぶん、メイソンが彼らを使って遊んだことがなく、テレビゲームばかりしているからだと思われます。
それに気づいたトリクシーは、少し切ない気持ちになりました。ウッディはじめ自分たちは、毎日ボニーと遊んでもらって幸福だからです。でも彼らがおもちゃだという事実を告げるのは酷な気がして、黙っていました。
そのうちに賢者クレリックが招集をかけ、戦いが始まります。
戦いはコロシアム(円形闘技場)のような場所で、対戦形式で行なわれます。
そこに引き立てられたのは、ウッディたちの昔からの友だちでした。茶色い古いぬいぐるみのサルのソック・エイプ、ペンギンのおもちゃのペンゴ、おかっぱのカカシのようなおもちゃ・ファンタロイです。
彼らは奴隷のように連れられると、バトルサウルスたちにあっという間に倒されました。戦いの合図と共にファンタロイがまず場外に吹き飛ばされ、賢者クレリックの指示でペンゴの首も飛ばされます。
ソック・エイプはサイズが大きいので奮闘しますが、ぬいぐるみの中の綿が出てきました。観戦していたウッディも遅ればせながら、バトルサウルスたちがおもちゃの自覚がないことに気づきます。
賢者クレリックの命令で、攻撃の矛先がウッディとバズにも向かいました。このままいくと本当に壊されてしまうと思ったウッディは、クレヨンを盾にして防御しますが、クレヨンはあっという間に粉砕されます。
ウッディとバズがピンチに陥った時、トリクシーが助太刀します。賢者クレリックは緑色の最強の恐竜・ゴライアソンを出し、戦わせました。ウッディは呑みこまれ、ゴライアソンに向かったトリクシーは転倒し、前足の裏に書かれた文字を見られます。

【結】- トイストーリー謎の恐竜ワールドのあらすじ4

賢者クレリックはその文字を「服従の印」と言い、奴隷の印だとバカにします。ゴライアソンをコントローラーで操っていたのは賢者クレリックでした。
トリクシーはバカにされて傷ついてコロシウムから去り、それを追ったレプティラスはおもちゃのパッケージの箱を見て、自分たちがおもちゃだと知ります。
賢者クレリックは今のままおもちゃたちの上に君臨したいと考え、ウッディたちを通風口の換気扇で粉砕しようとしました。
見かねたトリクシーはボニーに気づいてもらおうと考え、ボニーとメイソンのいる部屋に行きます。向かってくるレプティラスに「もっと広い世界を見て」と説得したトリクシーは、「何になるかは子どもが決めるの。恐竜だったり、トナカイや、思いもしないものかも。いつも子どもの傍にいる。それが」と言ったトリクシーの言葉に、「降伏」とレプティラスは続けますが、降伏と言いながらもトリクシーを手伝って、テレビゲームの電源を切りました。
ゲームの電源が切れて机の下のコンセントを探ったメイソンは、レプティラスを手にします。
それを見て興奮したのはボニーでした。「迷子なの?」とすかさず言うと、「家に来て、ホッキョクグマと中で待ってましょう」と、早速おもちゃで遊ぶ想像を開始します。
テレビゲームの電源を入れたメイソンですが、ボニーにつられてゲームを中断し、向かいの部屋に行きました。ボニーは「トナカイ(トリクシーとレックスのこと)はどこ?」と言って探し始め、換気扇で粉砕される直前だったウッディたちは助かります。
ボニーは恐竜たちを使って遊び始め、メイソンもその遊びに夢中になりました。レプティラスたちは初めてメイソンに遊んでもらい、最高に楽しい時間を過ごします。
メイソンは初めておもちゃを使って遊ぶことの楽しさを知り、またボニーと遊びたいと思いました。来週の火曜日の午後3時半にまた遊ぼうと約束を交わし、ボニーはメイソン家をあとにします。
帰宅したトリクシーは留守番メンバーに「トナカイでもなんでもいい」と、改めてボニーと遊ぶひとときの喜びを思い出しました。
そんなおもちゃたちにエンジェル・キティは「大いなる神の恵みに感謝を」と言うと消えます。エンジェル・キティはクリスマスの奇跡が起こした使者でした。
(エンドロール)どうやらレプティラスはトリクシーに恋をした模様。夜に窓の外を見ながら、来週火曜日にトリクシーとまた会えるのを待ちあぐねている。

みんなの感想

ライターの感想

『トイ・ストーリ』スピンオフ作品第2弾。
とにかく第1弾の完成度が高かっただけに、第2弾は少し物足りなく思うかもしれない。
それでもおもちゃはたくさん出てくるし、恐竜たちがバトルサウルスに変身させられるさまも楽しい。
クリスマス時期ということもあり、メイソン宅の話ではあるものの大量のおもちゃのプレゼント、豪華なおもちゃが並ぶ部屋…じっと見てると細かなところまでこだわりがあり、サービスは満点。
そうそ、恐竜がたくさん出てくるので、恐竜好きの子どもには受けるかも。

映画の感想を投稿する

映画「トイストーリー謎の恐竜ワールド」の商品はこちら