「ドラえもんのび太と竜の騎士」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太と竜の騎士の紹介:1987年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第8弾。藤子不二雄・名義の最後のドラえもん映画作品。恐竜が今でも生き残っていたらという仮定に基づき、地底世界をドラえもんたちが冒険する話を描く。

ドラえもんのび太と竜の騎士の主な出演者

ドラえもん(大山のぶ代)、のび太(小原乃梨子)、しずか(野村道子)、ジャイアン(たてかべ和也)、スネ夫(肝付兼太)、のび太のママ(千々松幸子)、ジャイアンのママ(青木和代)、スネ夫のママ(横尾まり)、バンホー(堀秀行)、ロー(神代智恵)、祭司長(大塚周夫)、軍団長(田中信夫)、法王(巖金四郎)、部長(北村弘一)、訊問官(加藤正之)、ナンジャ族(北川米彦、田の中勇、広中雅志、堀川亮、柴本広之、柏倉つとむ)、男の子(小粥よう子)

ドラえもんのび太と竜の騎士のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①0点の答案を隠すため地下空洞を探ったのび太らは、地底の王国に紛れこむ。そこには恐竜が暮らし、進化した世界が広がっていた。歓待されるドラえもんたちだが、恐竜人たちは地上を攻撃するつもりと知る。 ②恐竜人たちが行ったのは6500万年前の地上。彗星の衝突が恐竜を滅ぼした原因と知り、恐竜人たちはこれまでどおり地下で暮らそうと決断する。

【起】- ドラえもんのび太と竜の騎士のあらすじ1

ドラえもんは22世紀の未来からやってきたネコ型ロボットです。
大人になったのび太が、社会に出た後にも数多くの不運に見舞われて、その子孫にまで迷惑をかけていました。
それを迷惑に思ったのび太の孫の孫のセワシが、元凶をなんとかしようと考えて、ドラえもんをのび太のところへ派遣したのです。
ドラえもんは、のび太の部屋の机にあるタイムマシンで時代を移動してきました。ふだんはのび太の部屋の押し入れで寝起きしています。
青い色の2等身で、どら焼きが大好物のドラえもんは、のび太の家族にも受け入れられています。
お腹には四次元ポケットがあり、そこから多種多様の「ひみつ道具」を出して、のび太に降りかかる災難に対応します。
のび太は東京都に住む、小学4年生(後に5年生になる)のメガネをかけた男の子です。
勉強もスポーツも駄目で、何をさせても失敗ばかりの少年ですが、ドラえもんのひみつ道具にすぐ頼ろうとします。
それでも時々、勇気がある行動を取ることもあります。
のび太には、同級生のジャイアン、スネ夫、しずかちゃんなどの友だちがいます…。

〝イギリス・ネス湖 プレシオサウルスの生き残りとされるネッシー。
西暦565年の最古の記録以来、多くの発見報告がなされているが、
未だ、生け捕りには成功していない。〟

スネ夫とジャイアンはネッシーの存在に懐疑的ですが、のび太は生きていると強く主張します。
いつものように言い争いになった結果、のび太は「捕まえてみせる」と言いました。
家に戻ったのび太はドラえもんに訴え、ドラえもんは「○×うらない」で試してみようとします。
「たった今、この地球上に恐竜は生き残っているか」とドラえもんが聞くと「×」でした。のび太はがっかりします。
同じ頃、飛行機のラジコンを多奈川に落としたスネ夫は、川から恐竜が出て来たのを見て驚きますが、すぐに気のせいだと考えるようにしました。
0点の答案を隠したいのび太は、おつかいを頼まれたついでに答案を捨てに行こうとし、ドラえもんのひみつ道具「どこでもホール」で地下の空洞を探り当てます。

【承】- ドラえもんのび太と竜の騎士のあらすじ2

地下の空洞はかなり大きなものでした。答案を置いたのび太は、明日またドラえもんといっしょに探検に行こうと考えます。
夜にまた恐竜を見たスネ夫は出木杉に電話をし、恐竜はいないという答えをもらいますが、ノイローゼ気味になりました。

翌日。しずかちゃんを誘ったのび太は、その話をジャイアンとスネ夫にも聞かれます。
ドラえもん、のび太、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんの5人で行くことになりました。
地底の空洞に入った5人は、それぞれ遊び場を作りますが、スネ夫は離れたところに移動します。
そこで再び恐竜の群れを見たスネ夫は騒ぎますが、みんなが来た時にはいませんでした。信じてもらえないスネ夫は悲しみます。
その日は遅い時間になったので、冒険を切り上げました。また翌日遊びに来ることにし、みんな荷物を空洞に置きます。

さらに翌日。
ジャイアンとのび太は互いの家に勉強しに行くと言い、家を出ていきました。
スネ夫は自分が見た恐竜が本当であることを示すために、カメラを持って探していました。
そこでスネ夫は、多奈川に落ちたはずの自分のラジコン飛行機があることに気付きます。
物音がしたので隠れたスネ夫は、そのまま地底湖に落ちました。湖のほとりで、騎士を目撃します。
その頃、ジャイアンとのび太の嘘が互いの母親にバレて、焦りました。急いで地上に戻りますが、その時スネ夫がいないのにドラえもんは気付きません。
空き地で遊んでいた少年たちが「どこでもホール」を移動させたので、ドラえもんたちが出た後、ホールが壊れてしまいました。ジャイアンやしずかちゃんに言うと、地底の空洞にヴァイオリンなどを置いたままなので困ると言います。

「どこでもホール」が使えなくなったドラえもんは、スネ夫が「多奈川に落ちたラジコンがあった」という発言を思い出し、多奈川と地底の空洞がつながっているのではないかと考えました。
夜になるのを待って、みんなでスネ夫を探し始めます。

【転】- ドラえもんのび太と竜の騎士のあらすじ3

空洞を見つけに行ったドラえもんたちは、白亜紀の風景に似ている景色を見ました。
ドラえもんは「○×うらない」で「地球上」と質問したことを思い出します。つまり、地底には、まだ恐竜がいるかもしれないとしれない可能性がありました。
「ミニ探検隊セット」でスネ夫を探していると、カッパに似た原始人のような民族・ナンジャ族に捕まりました。
そこへ騎士が現れ、ドラえもんたちを救います。
ほんやくコンニャクで騎士に聞くと、スネ夫を知っていました。騎士はバンホーと名乗ります。
バンホーは地底に生き残った恐竜たちを密猟者から守り、監視する役目をするため、騎士の格好をしていました。
バンホーたちの住む場所に案内してもらうと、高度な文明が発達しています。
地底にも空洞の地図がありました。

街に入ったドラえもんたちは取り調べを受けますが、悪意がないということで地底を見て回ってもいいと言われます。ただし、去る時に記憶は消すそうです。
スネ夫と再会したドラえもんたちは喜びました。バンホーの妹・ローが地底を案内します。
バンホーやローたち地底に暮らす人たちは、恐竜の子孫でした。6500万年前に何があったかは不明ですが、地底に逃げてそこで文明を発達させています。
騎士団の演習を見たのび太はみんなからはぐれ、入ってはいけないと言われた建物に入ります。
そこで恐竜人が地上に進出しようとしている計画を聞いたのび太は、記憶を消す前に地上へ帰り、早くみんなに知らさないといけないと思います。ドラえもんたちに会い、それを告げました。
逃げた5人は再びナンジャ族に会います。帆船に助けてもらいますが、脱走のことを責められました。
帆船のような船は巨大なタイムマシンでした。ドラえもんたちを乗せたまま、遠征に出かけます。

恐竜人が向かったのは、地上は地上でも「6500万年前の地上」でした。現在の地上を攻撃するつもりではありませんでした。

【結】- ドラえもんのび太と竜の騎士のあらすじ4

しかし恐竜人たちは6500年前の地上で、人間たち哺乳類の先祖となる種族を退治し、地球上を取り戻すつもりであることが分かります。
騒動の最中に、空から巨大な彗星が近付いてきていました。恐竜人たちは彗星を見て、ドラえもんたちが巨大な何かを運んできて、地球を滅亡させたのではないかと考えます。
ドラえもんたちは逃げ、やけになったドラえもんは『風雲! ドラえもん城』を作りました。
騒ぎの最中に彗星が海上に落下し、風が襲ってきます。
続いて発生した大津波を見て、帆船は地底に逃げました。ドラえもんたちも地下に避難します。
ドラえもんがこの時作った人工的なポップ地下室が、恐竜人たちが「聖域」と呼ぶ場所だと判明します。
直径10kmの彗星が衝突したことがきっかけで、これ以降何か月もチリが地上を覆い、そのために地上の生物が死に絶えたという歴史を、ドラえもんは思い出しました。
恐竜人たちもドラえもんと同じことに気付きます。

恐竜人たちは、今残っている恐竜だけでも避難させようと動き始め、ドラえもんたちも協力しました。
きびだんごで恐竜を手なづけ、連れていきます。
現在の地底に戻ったドラえもんたちは、「あなた方は神だ」と法王に言われました。保護した恐竜たちは、快適な場所に大事に飼育されることになります。

恐竜人たちはこのまま地下で幸福に暮らそうと決意し、もう地上に手を出さないと決めました。
ドラえもんたちはバンホーとローに送られて、地上に戻ります。
しずかちゃんのヴァイオリンなど、荷物を置き忘れたことに気付きましたが、バンホーが「あとで荷物は送る」と言いました。
のび太は、0店の答案用紙はいらないと告げようとしましたが、バンホーとローは去ったあとでした。

(エンドロール)郵便物が届く。0点の答案用紙がママに知れ、のび太は怒られる。
のび太をママが追う途中、答案用紙の束が空へ。あわてたのび太とドラえもんは、答案用紙の回収に回る。

みんなの感想

ライターの感想

悪くはない。悪くはないんだが…今回、派手さがない。
前半の探検に行くところは楽しいのだが、後半がいまいち盛り上がりに欠ける。
恐竜などが出てきて、ムードは悪くない。しかし印象に残るかというと、微妙。
そういえば、悪者が出てこなかった。その意味では評価する。
地底にはまだ恐竜が生き残っているという、夢のあるストーリーもいい。

映画の感想を投稿する

映画「ドラえもんのび太と竜の騎士」の商品はこちら