「ドラゴンボールZ復活の「F」」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

ドラゴンボールZ 復活の「F」の紹介:2015年公開の日本長編アニメーション映画。原作者・鳥山明が自ら脚本を担当した劇場版第19弾は、17年ぶりの劇場版として13年に公開された『ドラゴンボールZ 神と神』の続編。原作にも登場し、宇宙最強の存在として恐れられた“悪の帝王”フリーザが復活。圧倒的なパワーアップを果たしたフリーザと悟空やベジータとの壮絶な戦いが繰り広げられる。

予告動画

ドラゴンボールZ復活の「F」の主な出演者

孫悟空&孫悟飯(野沢雅子)、ベジータ(堀川りょう)、ブルマ(鶴ひろみ)、亀仙人(佐藤正治)、クリリン(田中真弓)、ピッコロ(古川登志夫)、トランクス(草尾毅)、天津飯(緑川光)、ジャコ(花江夏樹)、神龍(大友龍三郎)、ソルベ(斎藤志郎)、タゴマ(中井和哉)、シサミ(稲田徹)、ウイス(森田成一)、ビルス(山寺宏一)、フリーザ(中尾隆聖)

ドラゴンボールZ復活の「F」のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ソルベはドラゴンボールを使って神龍を呼び出し、フリーザの復活を依頼した。復活したフリーザは孫悟空とベジータへの復讐を考え、トレーニングを積む。 ②半年後。ゴールデンフリーザに進化したフリーザは再び戦いを挑むが、やっぱり負けて妖精の国に戻された。

【起】- ドラゴンボールZ復活の「F」のあらすじ1

薄紫色の猫のような風貌の破壊神ビルスとの戦いが終わってしばらく後…。
耳なしの青いコアラのような風貌のソルベは、ナメック星人の生き残りを探していました。
ソルベは悪の帝王フリーザを復活させるために、地球のドラゴンボールを使おうと考えます。
ドラゴンボールは地球のあちこちに散っており、7つ集めると神龍(シェンロン)を呼んで、どんな願いを叶えることもできるという代物です。願いを叶えた後は、ボールはまた地球のあちこちに散らばります。
フリーザは、孫悟空とその兄・ベジータの出身の星であるサイヤ人の惑星を破壊した人物でした。白いトカゲみたいな風貌をしています。
フリーザは超サイヤ人になった孫悟空とベジータによって倒され、現在は海の底にある妖精の国に、ミノムシのように吊られていました。時々妖精たちのダンスを半強制的に見せられて、内心ムカムカきています。
地球では、子供や犬のような姿になったピラフ一味・ピラフとシュウとマイが、懲りもせずにまたドラゴンボールを集めていました。6つまで集めたところで、ソルベに捕まり、7つめのボールのありかを聞かれます。
宇宙船からソルベと手下・タゴマがおりて、ピラフ一味から6つのボールを横取りし、7つめは海の底にあると聞かされました。タゴマが海に潜って取りにいきます。
7つ集めて神龍を呼び出したソルベは、「フリーザ様を甦らせるのだ」と言いました。
神龍は「もちろん可能だ。しかしずいぶん昔にバラバラにされて再生不可能だろう。魂だけ戻っても意味があるまい」と答えます。
タゴマが「軍の最新再生装置で再生することができる」と言い、バラバラでもいいから甦らせろと再度命じました。神龍は了解し、バラバラのフリーザが戻ってきます。
ところで地球の神がリニューアルした時にルールが変わり、神龍は2つの願いを叶えるようになっていました。
2つめの願いを聞かれたソルベが、フリーザパパを復活させるべきか考えている時に、横からシュウが「100万ゼニーが欲しい」と言い、100万ゼニーを出した神龍は消えてしまいます。
2つめの願いを横取りされたものの、本来の目的であるフリーザ復活を果たしたソルベは、冷凍保存用の容器にフリーザのかけらを集め、宇宙船に戻っていきました。
宇宙船内でフリーザが再生されます。
復活したフリーザは「フリーザパパはあれこれ偉そうだから、復活させなくてもよい」と言い、2人の超サイヤ人への復讐を考えます。

【承】- ドラゴンボールZ復活の「F」のあらすじ2

手下のタゴマは、フリーザに逆らったので宇宙船から飛ばされました。宇宙船に穴が開き、混乱します。
孫悟空とベジータに負けたことが悔しくてならないフリーザは、4か月間トレーニングをして潜在能力を上げてから2人を倒そうと決めました。
…半年後。
フリーザの復活を知らない孫悟空とベジータは、破壊神ビルスの付き人・ウイスに付き合ってもらい、日々特訓をしています。
ウイスは2人のスピードが足らないことを指摘し、「頭で考えて動いている。それでは速さに対応できない。身体のあちこちが反射的に動くようになればよい」とアドバイスしました。
また、ベジータには「神経を張り詰め過ぎ、リラックスすることも大事」、悟空には「リラックスしすぎ、自信がありすぎて油断している」と助言します。
居眠りから起きて来たビルスは、ねぼけて光弾を口から発射しました。小さなものですが破壊力は抜群で、今までも太陽などを破壊していたそうです。
ビルスが破壊してしまった時には、ウイスが時間を少しだけ遡らせ、破壊する前に阻止するようにしているそうでした。
地球をフリーザが襲いにきます。その情報を事前に知ったスーパーエリートのパトロール部隊に所属するジャコが、ブリーフ博士とブルマに知らせに来ました。
1000人の兵士と共に、復活したフリーザが地球に向かっていると聞いたブルマは、すぐに仲間たちに知らせます。あと1時間でやってくると聞いたブルマは、逃げようとするジャコも引き止めました。
孫悟空とベジータを呼び戻すために、ビルスへの差し入れ・イチゴサンデーを見せて、留守番電話みたいなものにメッセージを残します。
髪の毛を伸ばして警官をしているクリリンは道着を出し、髪の毛を剃ってフリーザの元へ行きます。同じように亀仙人やピッコロ、天津飯や孫悟空の息子・孫悟飯が、ブルマに呼ばれてやってきました。悟飯だけは道着が見つからず、ジャージ姿での登場です。
5人(ピッコロ&亀仙人&悟飯&天津飯&クリリン)は地球を留守にしている孫悟空とベジータが戻って来る間、地球を守ろうと考えます。
5人はフリーザの1000人の手下たちを殺さないよう、注意を払いながら倒します。シサミが出てきてピッコロと戦いますが、悟飯が超サイヤ人になって一瞬でダウンさせました。
残っているのはフリーザとソルベだけです。

【転】- ドラゴンボールZ復活の「F」のあらすじ3

フリーザは戦いに邪魔だからと、気絶している手下たちを一掃しました。
悟飯が超サイヤ人になれると知ったフリーザは、まず悟飯を倒します。一撃で心停止に陥った悟飯を、ピッコロが蘇生させて仙豆(せんず)を与えました。しかし仙豆はあと1粒しかありません。
フリーザは孫悟空とベジータに復讐した後は地球ごと破壊して「ドラゴンボール&神龍で復活できないように」しようと考えていました。
その頃ピザを食べているビルスの元へ予言魚がやってきて、着信があったことを告げました。
着信を確認したウイスはブルマに連絡を取ります。ブルマは「クソッたれフリーザの復活」を告げ、この暴言でフリーザはイライラしました。
ところがウイスらのいる場所から地球へ行くには30分あまりかかります。
孫悟空は会得した瞬間移動で地球に戻ることにしました。しぶしぶベジータも手を繋ぎ、2人は地球に戻ります。
フリーザは倒された後、妖精の国で屈辱的な扱いを受けてきたことをぼやき、今度は一気に最終形態になって戦うことを宣言しました。その通り、つるんとした白いトカゲみたいな形になります(表現失礼)。
孫悟空とフリーザは戦いますが、途中からしびれを切らしたベジータが交代しろと言いました。フリーザが待てと言うと、いちおうベジータは引きさがります。フリーザはそれを見て、自分がかけたベジータの暗示がまだ解けていないと思いました。
そろそろお互い本気を出そうということになり、孫悟空は青い髪になります。本人いわく「ややこしいけど、超サイヤ人ゴッドのパワーを持ったサイヤ人の超サイヤ人」だそうです。確かにややこしいです。
フリーザも新たな形態になりました。トレーニングを積んだフリーザは金色になり「ゴールデンフリーザ」と名乗ります。
パワーアップした2人が戦っているところへ、破壊神ビルスとウイスが観戦に来ました。ビルスを見てフリーザはあせりますが、ビルスは手を出さないと言います。
破壊神ビルスとウイスはブルマに催促し、イチゴサンデーを出してもらって堪能しました。
孫悟空とベジータは、ゴールデンフリーザの弱点を見破りました。特訓してゴールデンフリーザの形態を完成させてすぐにやって来たため、「体力の消耗が激しい」のが弱点なのです。
最初はゴールデンフリーザの方が圧倒的に孫悟空より有利でした。しかし持久力がなく、徐々に孫悟空におされはじめます。

【結】- ドラゴンボールZ復活の「F」のあらすじ4

かめはめ波でゴールデンフリーザを地上に叩きつけた孫悟空は「帰れ。オラはまた必ず戦ってやる」と言いますが、悔しがったフリーザはズルい作戦に出ました。手下のソルベに、光線銃で攻撃させたのです。
油断した孫悟空は胸を光線銃で撃たれ、倒れました。甘さが弱点だと言いながら、フリーザは孫悟空を踏みつけにし、「戦いでは勝っていたのに、勝負では負けた」と言います。
フリーザはベジータに止めを刺すかと聞きますが、ベジータは「俺が強くなるためには必要な存在だ」と答えました。
フリーザはさらにベジータに、フリーザ軍の最高司令官に任命すると告げますが、ベジータは断ると「貴様を完全に消滅させてやる」と言いました。
フリーザはベジータがまだ自分に忠誠心があるとみていましたが、サイヤ星が消滅した段階で洗脳はとっくに解けています。
ベジータは孫悟空に仙豆を渡すよう指示しました。フリーザが放った一撃をベジータは跳ね返し、それがソルベに当たってソルベは倒れます。
今度はベジータが伝説の超サイヤ人になって戦い始めました。フリーザはゴールドフリーザを保てなくなり、元の最終形態に戻ります。
形勢が不利と見てとったフリーザは、地球を破壊しました。これで地球人もサイヤ人も生きられませんが、フリーザだけは宇宙空間で生きていけるのです。
地球は一度滅亡しました。が、それを読んでいた破壊神ビルスとウイスと仙豆で復活した孫悟空、ブルマ、ピッコロ、亀仙人、天津飯、悟飯、クリリン、ジャコだけはシールドに守られて生き残ります。
地球が滅亡した世界を孫悟空に見せ、ウイスは「お前の甘さが招いた結果だ。ケリをつけるか」と聞き、「お花畑に送ってやれ」と、時間を3分前に遡らせました。
時間は巻き戻ります。孫悟空は、フリーザが地球を消滅させようとした瞬間にかめはめ波を放ち、止めを刺しました。
戦いの邪魔をされたベジータは怒りますが、ブルマが事情を説明します。本来、時間のコントロールをするのは重罪ですが、ジャコは見なかったことにしました。
最初から孫悟空とベジータの2人で協力して戦っていればフリーザに勝てていたのですが、孫悟空もベジータも互いに相手と組むのはゴメンだと言いました。
(エンド後)フリーザはやっぱり妖精の国に送られました。お花畑の住人たち、妖精らが「おかえり~~~っ」と歓迎してくれますが、ミノムシのように吊られたフリーザはふてくされています。

みんなの感想

ライターの感想

せっかくのフリーザの回なんだけど、見終わったときに印象に残っているのは「破壊神ビルスとウイス」、特にウイスかな。
バトルシーンはふんだんにある。
ただ、孫悟空とベジータが現れるまでが長いので、バトルは後半にまとめての展開。
若干、お笑い系統に走ってしまってるか。そういう意味ではドラゴンボールファンの評価は分かれそう。
  • DBファンさんの感想

    海の底にある妖精の国?
    あそこは地獄のどこかですよ。もしくは天国。

映画の感想を投稿する

映画「ドラゴンボールZ復活の「F」」の商品はこちら