「ナイトメアービフォアクリスマス」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの紹介:1993年製作のアメリカミュージカルアニメーション映画。ティム・バートンが原案&原作。恐怖と怪奇に彩られた異世界で愛や優しさと無縁に育った青年が本当の愛に目覚めるまでを、美しい音楽と映像でグロテスクかつメルヘンチックに描いたファンタジー。

予告動画

ナイトメアービフォアクリスマスの主な出演者

ジャック・スケリントン(クリス・サランドン&市村正親 歌: ダニー・エルフマン)、サリー&ショック(キャサリン・オハラ&土居裕子)、フィンケルスタイン博士(ウィリアム・ヒッキー&三ツ矢雄二)、町長(グレン・シャディックス&大平透)、ロック(ポール・ルーベンス&園岡新太郎)、バレル(ダニー・エルフマン&松澤重雄)、ブギー(ケン・ペイジ&小林アトム)、サンディ・クローズ〔サンタクロース〕(エド・アイヴォリー&永江智明)、ピエロ(ダニー・エルフマン&梅津秀行)、ビヒーマス(ランディ・クレンショー&梁田清之)、ウェアウルフ(グレン・ウォルターズ&安西正弘)

ナイトメアービフォアクリスマスのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①祝日の国のハロウィン・タウンの主・ジャックはハロウィンを司るカボチャの王だが、同じことの繰り返しに飽き飽きしていた。クリスマスの存在を知ったジャックは、今年のクリスマスを自分たちがおこなおうと決意、準備する。おかしいと気づいたサリーはジャックに助言するが、ジャックは聞き入れない。 ②サンタクロースを拉致し、代わりにジャックがガイコツトナカイをひいてクリスマスプレゼントを配るが、地上では大不評。ジャックは過ちに気づいてサンタに詫びる。サリーとジャックは両想いに。

【起】- ナイトメアービフォアクリスマスのあらすじ1

昔々、その昔…。
「祝日の国」というものがあります。国民の祝日それぞれの町があり、町ではそれぞれのイベントを祝うのです。

祝日の国の中の「ハロウィン・タウン」では、もちろんハロウィンを祝うために存在していました。
ベッドの下でスタンバイするお化けや、階段の下に隠れているお化けなどがいます。役割はきちんと決められています。
ハロウィン・タウンの人たちは、みんな、人間を驚かせたくてうずうずしている人たちばかりでした。
ハロウィン・タウンを仕切っているのは、カボチャの畑の王・ジャックです。ジャックはスーツ姿の白いガイコツで、パンプキン・キングとしてあまねく知られていました。
ジャックはしかし、少しばかり虚しさを覚えていました。ずっと毎年同じことの繰り返しで、「果たしていつまで同じことを繰り返すのか」と考え始めています。
今までに得た地位や名誉よりも、ジャックは「見知らぬものと出会いたい」と思っていました。

その年もハロウィンは大成功を収めました。ハロウィン・タウンの人たちは大喜びし、ハロウィン大賞は吸血鬼ブラザーズが受賞し、特別賞は底なし沼の吸血ヒルたちが表彰されます。
その夜、ジャックは何か方法はないかと模索しつつ立ち枯れの森を散歩していて、見たことのない模様の樹木を見つけました。そのうちの1つ、クリスマスツリーの樹のドアを開けて転げ落ちたジャックは、雪国に辿り着きます。
初めて見る雪に驚いたジャックは、しかしもっと驚くべき光景を見ました。赤や黄、緑などの色の洪水です。雪だるまにも興奮します。
白と黒のくら~いハロウィン・タウンとは、天と地ほどの差もありました。
そこは「クリスマス・タウン」でした。
人が幸せそうに歌い、ヤドリギの下でキスをし、ツリーを家の中に飾り、生首ではなく雪玉を投げているのを見たジャックは、それを真似したくなります。

【承】- ナイトメアービフォアクリスマスのあらすじ2

ハロウィン・タウンに戻ったジャックは、すぐに町会を開き、今年のクリスマスを開くと宣言しました。
クリスマス・タウンのことを知らないみんなのために、「プレゼント」「大きな靴下」「クリスマスツリー」を持ち帰り、説明をします。
しかしいちばん大事なのは…とジャックはみんなに言います。これはジャックは目にしたわけではなく、噂を聞いただけなのですが「サンディ・クローズ(「クローズ」=「鋭い爪」)」=「鋭い爪を持つ男」という、赤い服を着た巨大な男が必要なのだと言いました。

その夜からジャックはクリスマス関連の書籍を読みあさり、クリスマスの知識をつけていきます。
さらにジャックは町のフィンケルスタイン博士に実験道具を借り、持ち帰ったクリスマス関連商品を実験して、その秘密を探ろうとしました。
そのフィンケルスタイン博士は両足が不自由で、ふだんは自分が作ったつぎはぎの大きな人形、ロングヘアーの女性・サリーに身の回りの世話をさせていました。
サリーはジャックのことが好きで、ジャックにあこがれています。
ジャックが必死でクリスマスについて勉強しているのを見たサリーは、さりげなく差し入れをしますが、その後に花占いをしていて、不吉な予感を予知します。
徹夜で勉強したジャックは、ハロウィン・タウンの人たちに役割分担をし始めました。
フィンケルスタイン博士にはトナカイの製作依頼をし、ハロウィンの子役スターのロック&ショック&バレルの3人組には、サンディ・クローズを誘拐してくるよう依頼します。
ブギーには内緒でという条件をつけますが、3人組はブギーに言い付けることを忘れませんでした。3人組はブギーを楽しませるのが大好きだからです。
さらにジャックは音楽隊にクリスマスソングを教えますが、どうも陰気な音楽になってしまいます。

【転】- ナイトメアービフォアクリスマスのあらすじ3

サリーにはサンディ・クローズの衣装を作ってくれと、ジャックが頼みました。その時サリーはジャックに「不吉なことが起きる」と言いますが、ジャックは聞く耳を持たず、また3人組が早速サンディ・クローズを連れてきたということで、サリーの言葉は聞き流されます。3人組が連れてきたのはイースターうさぎで、ジャックは間違いだと指摘してすぐに戻すよう指示しました。

クリスマスが近づき、おのおの準備が整っていきます。
フィンケルスタイン博士はガイコツのトナカイを作り、それを動くようにしました。
ハロウィン・タウンの人たちが、みんな少しずつクリスマス・タウンの電力やプレゼントなどを借用しているのですが、クリスマス・タウンの人たちは気づきません。
クリスマス前日、サンタクロースがプレゼントを配る子どもたちのリストをチェックしている時、3人組の訪問を受けました。そしてそのまま拉致されます。
ジャックはサリーが作った衣装の試着をしていました。サリーはなんとかジャックに言おうとするのですが、そこでもまた邪魔が入ります。
とうとう3人組がサンタクロースを連れてきたことで、ジャックは満足しました。サンタがかぶった帽子を横取りし、サンタには休暇を取っておいてくれと言い、自分がサンタクロースの代わりを務めようとします。
子ども3人組はサンタクロースをブギーのところへ連れていきました。

クリスマス・イヴの夜。
止めようと思ったサリーは霧のジュースを井戸に混入させ、霧を町に起こします。
ジャックは落胆し、あきらめかけましたが、愛犬・ゼロの鼻が光ったのでそれを明かりにしてトナカイにソリをひかせて出発しました。
サリーは阻止できず、悲劇が起こらぬよう祈るしかありませんでした。
さて地上に降りたジャックは、サンタクロースにかわってプレゼントを配り始めます。

【結】- ナイトメアービフォアクリスマスのあらすじ4

プレゼントを開けた子どもたちは、生首を見て悲鳴を上げたり、巨大な蛇を見たりして大騒ぎになりました。警察に通報がどんどん入ります。
サンタのにせもの情報が流れ、地上から砲撃を受けますが、ジャックはそれを歓迎されているのだと勘違いしました。
ハロウィン・タウンの人たちも、ジャックの様子を見ていました。
撃墜され、ジャックが吹き飛ばされたのを見た町の人たちは、ジャックが死んだと嘆きます。
警察はパトカーを出動し「サンタクロースが行方不明になった」とアナウンスして回りました。
地上に落ちたジャックは、自分の失敗に気づき、取り返しのつかないことをしたと悔やみます。悪気があったわけではないのです。
それと同時に、自分はハロウィンのキングであって、ハロウィンでベストを尽くすべきだと悟ったジャックは、サンタクロースを返そうと決めました。そこでブギーのところへ行きます。

その頃ブギーはサンタクロースを吊るし、なぶろうとしていました。なんとかジャックをぎゃふんと言わせ、自分がハロウィン・タウンの一番になりたいとブギーは思っています。
ジャックはブギーと戦って倒すと、サンタクロースに丁寧に詫びました。サンタクロースは「他人の祝日を奪うな。この町でまともなのはサリーだけだ」と言って去ります。
サンタクロースは地上に戻り、サンタが見つかったニュースが流れました。地上では各家にプレゼントが届き始めます。
ハロウィン・タウンでは、ジャックが生きていたことを町の人たちが喜びました。
その時、ハロウィン・タウンの上空をサンタクロースが飛び、雪が降り始めます。雪は、サンタからのプレゼントでした。
雪の崖の上にいたサリーの元へジャックが来ると、一緒に夜空の星を眺めようと言います。いつのまにかジャックはサリーのことが好きになっていたのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ハロウィンに見るべきか、クリスマスに見るべきか悩む作品(笑)。
世界観は可愛いのだが、キャラは…正直、こわい…。
そして! ちゃんとミュージカルなのがすごい!
この一種独特の世界は、やはりティム・バートンにしか出せない(監督さんは別だけど原案&原作がティム・バートン)。
かれこれ20年以上前の作品になるが、色あせた感じはまったくない。いま見ても名作。

映画の感想を投稿する

映画「ナイトメアービフォアクリスマス」の商品はこちら