「バケモノの子」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

バケモノの子の紹介:2015年7月11日公開の日本アニメ映画。『おおかみこどもの雨と雪』などの細田守・監督作品。人間の世界とバケモノの世界という2つの世界に住む、ひとりぼっちの少年と暴れん坊のバケモノが体験する冒険を描く。

予告動画

バケモノの子の主な出演者

熊徹(役所広司)、九太〔少年期〕(宮崎あおい)、九太〔青年期〕(染谷将太)、楓(広瀬すず)、猪王山(山路和弘)、一郎彦〔青年期〕(宮野真守)、九太の父(長塚圭史)、チコ(諸星すみれ)、二郎丸〔少年期〕(大野百花)、宗師(津川雅彦)、百秋坊(リリー・フランキー)、多々良(大泉洋)

バケモノの子のネタバレあらすじ

【起】- バケモノの子のあらすじ1

両親が離婚した9歳の少年・蓮は母と暮らしますが、母が交通事故死して親族に引き取られようとするのを拒否し、渋谷センター街に逃げました。
孤独で心の闇を作りかけた蓮は、白くて小さいねずみのような生き物・チコと出会います。
疲れてガード下でうずくまる蓮は、サルのバケモノ・多々良と同行するクマのバケモノ・熊徹に「俺と一緒に来るか?」と誘われました。
補導されそうになった蓮は熊徹を追って逃げ、バケモノの世界「澁天街」に辿り着きます。そこでブタのバケモノの僧侶・百秋坊に会った蓮は熊徹と再会しました。
名乗らない蓮に年齢から「九太」と名をつけた熊徹は、九太を弟子にすると勝手に言い出します。

【承】- バケモノの子のあらすじ2

宗師(長老)を務めたウサギのバケモノが引退して神様になると宣言しました。バケモノの世界で次の宗師として有力視されるのが、強さ品格共に一流のイノシシのバケモノ・猪王山と、強いが粗暴な熊徹の2人です。
弟子を多く持ち一郎彦や二郎丸の子を持つ猪王山に対し、熊徹には弟子がいませんでした。宗師になるには弟子がいることが条件で、宗師になるのが目的ではなく単に猪王山と戦いたいだけの熊徹は、バケモノ界では御法度の人間・九太を弟子にします。最初は反発した九太も強くなるため弟子になりました。
とはいうものの熊徹の指導は雑です。九太は熊徹の動きを真似して足捌きを覚えました。熊徹は九太に剣を教えます。

【転】- バケモノの子のあらすじ3

8年が瞬く間に過ぎ、17歳になった九太はすっかり熊徹と家族になっていました。
猪王山の次男・二郎丸とも仲良くなりますが、長男・一郎彦は九太を敵視します。
ある日九太は人間界と往復できるようになり、メルヴィルの『白鯨』を通して知り合った進学校・聖朋学院の女子高生・楓に勉強を教わります。楓は九太に大学進学を勧めました。
高校卒業認定試験を受ける手続きで父の居場所を知った九太は、父と再会します。父は蓮(九太)を探しており、再会を心から喜びました。
楓は手首につけていたお守りの赤い紐を、九太にあげます。
大学進学が熊徹にばれ、大喧嘩をした九太は熊徹の家を出ました。
宗師の座を決める決定戦が開かれます。

【結】- バケモノの子のあらすじ4

九太が去り気落ちした熊徹は負けそうになりますが、九太の応援で猪王山を倒しました。それを見た一郎彦が心の闇に呑まれます。
一郎彦は猪王山が拾った人間の捨て子でした。薄々自分の正体を知る一郎彦は心に闇を抱え、熊徹に剣を突き立て重傷を負わせます。
かつて心の闇に呑まれそうになった九太は一郎丸を救おうと人間界に行き、超巨大鯨となった一郎丸と渋谷で戦います。
熊徹は宗師に神様の権利を譲り受け、炎の太刀の付喪神になって九太の胸に入りました。九太の胸の穴(闇)は消え、一郎丸を倒してお守りの赤い紐を与え、猪王山ら家族に戻します。
熊徹と一体になった九太は、人間界に戻って父と暮らしつつ大学進学を目指しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「バケモノの子」の商品はこちら