「パプリカ」のネタバレあらすじ結末

パプリカの紹介:筒井康隆による同名の長編SF小説をアニメ化。キャッチコピーは「私の夢が、犯されている―/夢が犯されていく―」2006年公開。

この映画を無料で観る

予告動画

パプリカの主な出演者

パプリカ/千葉敦子(林原めぐみ)、乾精次郎(江守徹)、島寅太郎(堀勝之祐)、時田浩作(古谷徹)、粉川利美(大塚明夫)、小山内守雄(山寺宏一)、あいつ(田中秀幸)

パプリカのネタバレあらすじ

【起】- パプリカのあらすじ1

精神医療総合研究所に勤める千葉敦子は、少女「パプリカ」に変身して極秘任務を行っています。頭部に装着して眠るだけで他人の夢に入れる「DCミニ」を用いて、刑事・粉川利美を治療していました。
あるとき、3機のDCミニが何者かに盗まれてしまいます。理事長・乾精次郎からDCミニの使用中止を命じられ、開発チームは犯人特定を急ぎます。
同じ研究所に勤める氷室啓を怪しんだ敦子は、DCミニの開発者・時田浩作と同僚の粉川利美と共に、彼の自宅マンションに向かいます。そこで地下室を見つけた敦子は、人形やロボットが戯れる夢に取り込まれます。
そして夢のモデルとなる閉鎖遊園地に向かった敦子の頭上に、氷室が落下してきます。 この映画を無料で観る

【承】- パプリカのあらすじ2

開発者として責任を感じた時田は、犯人と疑わしい氷室の夢の中に侵入します。ところが時田は夢の中に取り込まれて出られなくなります。
敦子は時田を救うためにパプリカに変身し、氷室の夢の中に入ります。すると乾と小山内が氷室の夢を支配しており、DCミニを盗んだ真犯人であることがわかります。
普段は車椅子に乗っている乾の足が木の根となり、パプリカに襲いかかります。パプリカは人魚や孫悟空に変身して攻撃をかわすも、小山内に蝶の標本のように捕らえられます。
敦子に想いを寄せていた小山内はパプリカの皮を剥ぎ、中から敦子を取り出そうとします。

【転】- パプリカのあらすじ3

夢の中のバーにいた粉川は、学生時代友人と映画を作り、未完成のまま相手に押し付け、その後友人が亡くなった過去を打ち明けます。そんな友人の声に引き寄せられて粉川が外に出ると、そこは映画街でした。
劇場に入った粉川は、標本にされているパプリカと小山内の姿を観ます。そして小山内の身体の中から乾が出て来て、敦子を殺害しようとします。
粉川はスクリーンを突き破り、敦子を救出して自分の夢の中に逃げます。追って来る小山内を銃殺すると、現実世界でも小山内は死んでしまいます。
粉川に救われて覚醒した敦子の前に、夢の中で見た巨大な日本人形が出現します。現実世界に夢の世界が混入し、町中がパニック状態になります。

【結】- パプリカのあらすじ4

町では巨大化した乾が破壊行為をしていました。敦子はロボット化した時田を見つけて説得を試みるも、飲み込まれてしまいます。すると、時田ロボットから巨大な赤ん坊となった敦子が登場し、乾の夢をブラックホールのように飲み込んでいきます。最終的に乾も飲み込み、事態が収束します。
夢の中のバーに入った粉川は、パプリカからのメッセージを渡されます。「敦子の苗字が時田に変わりました」と記されたメッセージに粉川が肩を落とし、夢の中の映画街に足を運ぶ場面で物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「パプリカ」の商品はこちら