「パンダコパンダ」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

パンダコパンダの紹介:天真爛漫な女の子ミミ子と、不思議なパンダの親子パパンダとパンの交流物語。1972年公開の劇場用アニメーション。監督は高畑勲、原案・原画・脚本・画面設定は宮崎駿。高畑・宮崎両氏にとって、一番大切な作品と言われている。翌年に続編の『パンダコパンダ 雨降りサーカス』が公開された。

この映画を無料で観る

予告動画

パンダコパンダの主な出演者

ミミ子(杉山佳寿子)、パパンダ(熊倉一雄)、パン(太田淑子)、おまわりさん(山田康雄)、おばあちゃん(瀬能礼子)、動物園園長(和田文雄)

パンダコパンダのネタバレあらすじ

【起】- パンダコパンダのあらすじ1

自然豊かな東京の郊外に、小学生のミミ子はおばあちゃんと二人で住んでいます。
ある日おばあちゃんは法事のために遠くの街まで出かけることになり、ミミ子はしばらく一人で過ごすことになりました。おばあちゃんはミミ子を一人にすることを心配していましたが、「大丈夫だよ」とミミ子はお得意の逆立ちポーズでおばあちゃんを見送りました。八百屋さんやおまわりさんなど街の人々も、ミミ子が一人ぼっちになることを気にかけていました。
ミミ子が帰宅すると、庭に見知らぬ足あとが付いていました。縁側にパンダの小さなぬいぐるみを発見し、ミミ子が思わず抱きしめると、なんとそれは本当のパンダでした。「留守になって最初のお客がパンダだなんて!」とミミ子は大はしゃぎします。

【承】- パンダコパンダのあらすじ2

ミミ子は子パンダを家に入れミルクを飲ませていると、今度は大きなパンダが玄関にやってきます。大きなパンダは子パンダの父親の“パパンダ”で、子の名前を“パン”と紹介してくれました。パパンダはミミ子の家の周りにある「竹やぶがいい」と、この辺りを気に入っているようでした。
ミミ子に両親がいないと聞いたパパンダは、子供が育つには親が必要だから自分がパパになると申し出ます。大喜びのミミ子は、パンのママになると決めました。ミミ子は恥ずかしがりながらも、パパに抱っこをおねだりします。こうして三人の不思議な生活が始まります。
その夜ミミ子は、日課のおばあちゃんへの手紙に、パパと子供が出来たことを綴りました。
翌朝ミミ子はパパンダとパンにお弁当を作りました。ミミ子がパパは毎日会社に行くものだと言うのですが、会社がわからないパパンダは戸惑います。そんなパパの様子を見て、ミミ子が「今日は会社がお休みだったわ」と言うと、パパンダは「ずっとお休み」と大きな口で二ーッと笑いました。

【転】- パンダコパンダのあらすじ3

ミミ子が学校に出掛けると、パンが後をついてきます。ついてきちゃダメだと言ってもきかないパンを、ミミ子はぬいぐるみのフリをして学校に連れて行きました。ミミ子は教科書でパンを隠しますが先生に見つかってしまい、パンを校舎の外にで待たせることになります。
パンは給食の匂いにつられて調理室に潜り込むと、調理のおばさんたちに見つかってしまいます。慌てて逃げたパンは給食のカレーを被ってしまい黄色に変身すると、熊だと勘違いされ、学校中の先生や生徒から追いかけ回されます。なんとかミミ子が助け出して、難を逃れました。

ある日ミミ子の様子を見に来たおまわりさんは、パンダに出迎えられ、驚いて走って逃げました。ところが、おまわりさんはパンダを捕獲するためにミミ子の家に戻ってきます。実はパパンダ親子は、数日前に動物園が逃げ出してきたパンダだったのです。捕まえると賞金が出るため、街の人も躍起となってパンダを探していました。 この映画を無料で観る

【結】- パンダコパンダのあらすじ4

ちょうど三人で出掛けていたミミ子たちは、パンとはぐれてしまいます。パンを探していた二人は、動物園の園長らに囲まれてしまいますが、パンがいなくなったと話すと街の人も総出で探し始めました。
パンは木の板に乗って川を下っていましたが、川の先は水門でできた滝があります。パンを助けようと、大人が水門を閉じるための栓を回そうとしても、渋くて動きません。待ちきれなくなったミミ子は川へ飛び込みパンを捕まえますが、流されそうになります。ミミ子はパパンダに助けを求めると、力持ちのパパンダが栓を回し水門を閉め、二人は無事に助かりました。
その後パパンダとパンは動物園に戻りました。というのも、ミミ子の家から動物園という会社に出勤することになり、ミミ子とパパンダとパンは仲良く暮らしました。

関連する映画

アニメ映画

みんなの感想

ライターの感想

パンがとにかく可愛かったです。パンダ好きの人なら、悶絶するのでは?
トトロの原型になったというパパンダが、大きな口で二―ッと笑う顔も心をくすぐりました。

大人が観るとなかなかシュールな設定に、胸が痛くなる場面もありましたが、ジブリ作品同様に想像性に富んだストーリーは、純粋な子供時代に観たら、ひたすらに楽しかったんだろうなぁと感じました。
もっと幼い頃に観たかった!

映画の感想を投稿する

映画「パンダコパンダ」の商品はこちら