「ペンギンズFROMマダガスカルザムービー」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービーの紹介:2014年製作のアメリカ長編アニメーション映画。『マダガスカル』シリーズに登場する“ペンギンズ”が活躍するアドベンチャーアニメ。エリート・スパイ集団と4匹のペンギンたちが、世界中のペンギンに復讐を果たそうとする邪悪なタコに立ち向かう姿を描く。

予告動画

ペンギンズFROMマダガスカルザムービーの主な出演者

隊長(トム・マクグラス)、コワルスキー(クリス・ミラー)、リコ(コンラッド・ヴァーノン)、新人(クリストファー・ナイツ)、シークレット(ベネディクト・カンバーバッチ)、オクト博士(ジョン・マルコヴィッチ)、ヒューズ(ケン・チョン)、エバ(アネット・マヘンドル)

ペンギンズFROMマダガスカルザムービーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①南極にいた隊長・リコ・コワルスキーは1つの卵を救った。卵から新人が生まれ、4匹は冒険の旅に出かける。行った先のサーカスで大人気のペンギンズだが、それを憎む者がいた。 ②オクト博士ことデーブはペンギンに人気を奪われて逆恨みし、ペンギンを醜くする薬〝メデューサ血清〟を完成させた。照射されたペンギンたちは醜くなるが、ノース・ウィンドという動物諜報部隊の協力や、わが身を犠牲にする新人の働きでペンギンたちは元の姿に戻った。

【起】- ペンギンズFROMマダガスカルザムービーのあらすじ1

(オープニング、氷山が崩れてDREAM WORKSのロゴが現れる。さらにその子どもが月を釣るマーク部分が崩れ、ペンギンが月を釣るマークに変化)
何年か前…。
南極では、大量のペンギンの群れが行進していました。ペンギンはそこにいるだけで可愛い存在なので、人間のドキュメンタリー撮影舞台が来ています。カメラマンと音声担当の人、マイクを持ったレポーターがペンギンの列を撮影しながら、知ったかぶりの解説を付けくわえていました。
・隊長…頭が平ら。怖いもの知らずのリーダー。
・リコ…頭がくせっ毛。武器と破壊担当。
・コワルスキー…のっぽでスリム。分析上手の頭脳担当。後述のエバにひとめぼれする。
(・新人…小さくて丸い。秘書でマスコット担当なのだが、本人は不満)
隊長はペンギンがただ可愛いだけの存在に、満足していませんでした。冒険をしたくて「偵察飛行を」と言いますが、両手を必死ではばたかせても3匹とも飛べません。
リコがこの時、手をお互い叩きあうハイタッチを思い付き、仲間内では〝ハイ・ワン〟と決めました。
坂の上から卵が落ちてきます。毎年いくつかの卵はこうして生まれずに巣から転がって犠牲になる運命なのですが、「俺は自然に逆らう」と宣言した隊長は、転がって来た卵を助けに行きました。
卵は崖から落ちましたが、幸い雪に包まれて雪玉になり割れませんでした。崖から落ちそうになった3匹はかろうじて踏みとどまりますが、人間たちはそれを「ダイブしようとしてるのに勇気が出ない」と思い込み、音声担当のギュンターが3匹の背中を押します。
難破船に落ちて助かった3匹は、ヒョウアザラシに襲われつつも卵を助け、煙突を発射台代わりに脱出しました。難破船は爆破します。
3匹の目の前で卵が孵化しました。3匹は「新人」と名付け、隊長の呼びかけで冒険に出かけることになりました。
以来、彼ら4匹はサーカスで大砲を使う芸で一躍人気者になります。
…約10年後。
新人が孵化してから10年が経過したということで、隊長たちは新人の誕生日を祝うためにノート・ノックスの豪邸に忍び込みます。
警備員をガスで眠らせて金庫に侵入しましたが、彼らの目的は奥に眠る金塊ではなく、そのさらに奥にある『チーズ・ディブルス』というスナック菓子の自動販売機です。
コインを渡して新人に買わせようとした隊長ですが、新人は商品取り出し口から中に引き込まれ、陳列されてしまいました。他の3匹も引き込まれます。
なんと自販機には巨大タコが潜んでおり、自販機ごとヘリでベネチアに運ばれました。
到着した先で檻に閉じ込められた4匹ですが、コワルスキーがクリップで鍵を開けます。クリップは新人が回収して呑み込みました。
新人がボタンを押すと、巨大な殺人ビームの機械のようなものが登場します。

【承】- ペンギンズFROMマダガスカルザムービーのあらすじ2

それは、現在は有名な遺伝学者でチーズ愛好家として知られる「オクト博士」が作ったものでした。オクト博士の正体はタコのデーブです。
デーブは隊長たちに恨みを持っていましたが、隊長たちはデーブのことを覚えていませんでした。デーブをさらに傷つけます。
話はアメリカ、ニューヨーク時代にさかのぼります。それまでセントラルパーク動物園の人気者はデーブでした。ところがペンギンたちがやってきたことで、人気者の座を追われた年寄りのタコ・デーブは、カリフォルニア州のサンディエゴに送られます。
しかしその水族館にもペンギンが現れて、デーブはまたお払い箱になりました。ブラジルに送られても同じ運命です。
生まれつき愛される運命にあるペンギンが許せなくなったデーブは、同じタコの手下を大勢引き連れて、ペンギンに緑のドロドロの薬で復讐するつもでした。
デーブがコレクションしているスノードームをリコが次々に呑み込みます。デーブはショックを受けました。
まずは隊長ら4匹に復讐をしようと考えたデーブですが、リコが緑の薬の入った薬を呑み込み、4匹は逃亡します。ベネチアの町を追走劇したペンギンとタコですが、隊長たちは袋小路に追い詰められました。
その時助けが現れます。シロクマや白いフクロウが現れてタコを退治すると、4匹を飛行機に乗せて本部に連れていきます。彼らは〝ノース・ウィンド〟という動物諜報員のエリート部隊でした。
・シークレット…リーダー。白いオオカミ。
・コーポ…シロクマ。腕力担当。
・エバ…白いフクロウ。まつげ長い。情報分析担当。
・ヒューズ…アザラシ。かなり丸い体型。武器担当。
コワルスキーはエバにひとめぼれしました。
氷山のひとつに隠されているノース・ウィンド本部に4匹を連れて行ったシークレットは、今回の作戦の目的が「オクト博士なる人物を捕まえたい」というものだと話します。ノース・ウィンドではまだオクト博士の正体を知らずにおり、隊長が「タコのデーブだ」と言うと、際重要容疑者とみなしていたヒツジをこっそり裏で解放します。
オクト博士は「メデューサ血清」という薬を作っていました。但しノース・ウィンドではこの薬の効き目もまだ分かっていません。リコが薬を吐きだして、薬を提供しました。
そのノース・ウィンド本部のパネルをハッキングして、オクト博士ことデーブが宣戦布告をしようとします。画面越しに語っていますが音声が入っていないので、ペンギンたちはそれを知らせました。音声が入ると今度は画像が出ていません。
仕切り直したデーブは、薬はまだまだあることを誇示し、世界中にいるペンギンたちを集めて死の薬・メデューサ血清を照射してやると言いました。
その直後、ドイツ・ベルリンの動物園にいたペンギン15匹が誘拐される事件が発生したという速報が入ります。続いてイギリス・ロンドンからも12匹が拉致されました。

【転】- ペンギンズFROMマダガスカルザムービーのあらすじ3

仲間たちを救おうと隊長らは張り切りますが、足手まといだと考えたシークレットは、ペンギンズに麻酔をかがせ、段ボールに入れて一番遠い隠れ家・マダガスカル島に送ろうとしました。
ところが空輸途中で目覚めた隊長らは、8000mの上空から決死のダイブをします。本当は別の飛行機に乗るつもりでしたが、狙った1機目には飛行機のフロントガラスにぶつかり、2機目には機内に落ちてしまい、結局段ボール箱の上に乗って着地を図ろうとしました。
貨物便にビニール製のトランポリンがあったので、4匹は無事に着陸します。ついでに1時間トランポリンで遊んでいました。
同じ頃、ブラジル・リオデジャネイロをデーブが襲い、5匹のペンギンを誘拐しています。ノース・ウィンドの助けは遅く、間に合いませんでした。
ペンギンズは自分たちがアイルランドにいると思い込んでいますが、実際は上海にいます。全世界で起こる誘拐ニュースを聞いたペンギンズは、スノードームで次の行き先を知りました。残る場所は上海のみです。タクシーで移動して上海に移動しました(実際にはタクシーでぐるり一周しただけ)。
シャンハイ・マリンワールドの人魚ペンギンのポスターを見つけたペンギンズは、潜入します。
その頃新人はひそかに悩んでいました。隊長はみんなの司令官、リコは武器や破壊に秀でており、コワルスキーは頭が回るなか、自分は何もできないマスコット的存在だと無力感に襲われていました。自分ももっと役に立ちたいと考えますが、新人に言い渡された役目は「おとりで人魚に扮装し、上海ペンギンの仲間に入りこむ」というものでした。新人は不満に思います。
一度はデーブを捕まえたペンギンズですが、デーブは排水管に入って逃げ、上海ペンギンと新人を連れ去りました。隊長らはちょうどやってきたノース・ウィンドの飛行機を奪って追跡しますが、自爆装置が働いて追跡に失敗します。
ノース・ウィンドはペンギンズに麻酔をかけた時、追跡装置(GPS)もつけていました。新人が誘拐されたのでデーブの本拠地が分かります。
デーブは集めたペンギンたちに、メデューサ血清を照射しようとしました。照射されると外見が崩れて醜くなるという薬です。
隊長らペンギン3匹組とノース・ウィンドの間で、救出作戦の内容が食い違いました。隊長らは自分たちがリーダーになって活躍したいと思いますが、ノース・ウィンドも同じ想いです。
「プロに任せろ」と言うシークレットに対し、自説を曲げることが嫌いな隊長でしたが、シークレットに任せる決断をくだしました。ペンギン3匹がおとりになって手下タコをひきつけ、その間にノース・ウィンドがペンギンたちを奪還する計画に決まります。
ペンギン3匹組は音楽とダンスで手下タコをひきつけ、シークレットたちノース・ウィンドは突入しますが、あっけなく他の手下タコに拘束されてしまいました。
ノース・ウィンドが捕まっているのを知った隊長らも捕まり、地下室で新人と再会します。

【結】- ペンギンズFROMマダガスカルザムービーのあらすじ4

しかしそれもつかの間、メデューサ光線が新人に浴びせられ、新人は消えてしまいました。隊長たちは新人の死にショックを受け、デーブは次からはパワーを下げろと命令します。
隊長は知りませんでしたが、新人は間一髪で呑み込んだクリップを使い、拘束椅子からの脱出に成功して椅子の下に隠れていたのでした。尻がハゲていますが。
ノース・ウィンドが処刑されそうなのを助けた新人ですが、シークレットたちは作戦の練り直しのために本部へ戻ろうとします。
「1回負けたから逃げるの?」と新人は責め、「隊長なら見捨てない。見習えばいいのに」と言って去った新人の言葉を反芻し、シークレットは後ろめたさを感じました。
オクト博士ことデイブはアメリカ・ニューヨークに大勢のマスコミを集めます。マスコミたちはみな、オクト博士がペンギンを奪還したのだと思い込みました。
オクト博士がペンギンたちを乗せた船の中では、メデューサ血清の照射がなされ、みな姿を変えられてしまいました。白いボディは緑に染まり、ツノが生えたりアフロ頭になったり、前足が長かったり舌がでろんと出ていたり、目が増えたり大きかったりと、とにかくアンバランスな格好のペンギンになってしまいます。
隊長は手がザリガニみたいになり、コワルスキーはアフロ頭になり、リコは前足がコウモリの翼のようになり、背中に突起ができて火を噴いていました。
これを見たマスコミたちはフリーズし、次の瞬間、駆除隊が現れて回収を始めます。みにくいペンギンたちはどんどん車に吸い込まれていきました。
そこへ現れた新人は、騒ぎを見て衝撃を受けます。隊長らを正気に戻した新人は「光線を逆さにして照射すれば、ペンギンたちが元に戻るのではないか」と提案します。
ところがこれには「キュートさ」が足りませんでした。新人は我が身を犠牲にして皆を元に戻すと言います。
オクト博士ことデーブは、みにくいペンギンが世に受け入れられないのを見て満足し、次には仔犬と仔猫とウサギとパンダも変身させようと考えていました。
隊長と新人らは手分けして先の作戦を決行すべく動きます。ノース・ウィンドたちもやってきてデーブの船を爆破しました。
光線拡散器からキュート光線が発射され、ペンギンたちは元の可愛らしい姿に戻ります。
一方、新人はキュートさの代わりに繭に包まれ、割れた中からはトナカイのような角が生えた新人が出てきました。
隊長はそれを見て「見た目より、何をするかが大事だ」と新人の働きを評価します。他のペンギンも新人の功績を讃え、前足をハートマークにしました。
デーブは煽りを食って、小さなスノードームに入れられてしまいます。それを拾った少女が「カッコいい」と言うのでデーブは嬉しく思いますが、直後に少女がスノードームを揺さぶり始めたので泡を食います。
ノース・ウィンドの4匹も、ペンギンズたちの働きを認めました。エバはコワルスキーにキスをして、コワルスキーの恋が叶います。
…後日。ペンギンズはスパイに抜擢され、ニューヨーク上空をジェットパックで飛んでいました。作戦開始です。
(エンド途中)どうやら新人は元の姿に戻れる模様。マダガスカルメンバーのキング・ジュリアン(キツネザル)、モーリス(アイアイ)、モート(コビトキツネザル)、マリーン(カワウソ)以上キュート部隊の魅力を分けてもらい、新人は元のキュートな姿に戻った。

みんなの感想

ライターの感想

吹き替え版でも悪くはないのですが、イメージどおりや科白の言い回しの感じを受け取りたいなら、英語音声選択をお勧め。
(やっぱり吹き替え版は若干、ういてると思う)
予告にも出てくるんだが、冒頭のフォート・ノックスの豪邸に潜入する際の「白と黒の横断標識(ローディング・ゾーン)」を裏表になって進むところが、個人的にツボだった。
あと、いちいち決めポーズするとこもナイス。無駄なポーズがよかった。
悪役のデーブがいかにも悪人って面がまえなのもよかった。
『マダガスカル』から派生してできた映画だが、単独でもじゅうぶん楽しめる仕上がり。
最近だと『怪盗グルー』から出てきた『ミニオンズ』があるが、この『ペンギンズ』もおすすめ。
  • アメージングアメジストさんの感想

    笑いと汗涙感動クライマックスドキドキ感
    で面白くもう一回見たいです

  • ペンギンさんの感想

    新人は自分の可愛さを捨ててまで仲間を助けようとすることをとてもえらいと思います。そして新人は超キュートだと思います!新人「大好き!」

映画の感想を投稿する

映画「ペンギンズFROMマダガスカルザムービー」の商品はこちら