「ルパン三世風魔一族の陰謀」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

ルパン三世 風魔一族の陰謀の紹介:1987年公開の日本長編アニメーション映画。テレビアニメでも人気の『ルパン三世』の劇場版第4作。墨縄家の家宝をめぐる、ルパン三世と風魔一族の戦いを描く。本作は声優陣がアニメ版と大幅に異なる。

この映画を無料で観る

ルパン三世風魔一族の陰謀の主な出演者

ルパン三世(古川登志夫)、次元大介(銀河万丈)、峰不二子(小山茉美)、石川五ェ門(塩沢兼人)、銭形警部(加藤精三)、墨縄紫(荘真由美)、墨縄老人(宮内幸平)、風魔一族のボス(広瀬正志)、風見刑事(千葉繁)、ガクシャ(中原茂)、警官隊隊長(島香裕)、警官A(小出和明)、警官B(山寺宏一)、警官C(西村智博)、風魔A(目黒裕一)、風魔B(橋本晃一)、風魔C(桜井敏治)、風魔D(坂東耕一郎)、奥さん(江森浩子)、男の子(小粥よう子)、女の子(神代智恵)、女(江崎えりい)

ルパン三世風魔一族の陰謀のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①五ェ門が悪事から足を洗い、墨縄家の孫娘・紫と結婚することに。挙式の最中、墨縄家の家宝を狙う風魔一族が乱入し花嫁の紫を奪って去る。交換条件の壷を先に解読したルパンは、壷と紫を交換し、風魔一族より先に財宝を狙う。 ②財宝は洞窟の最奥部にある黄金製の城。しかし鍵穴を墨縄老人が壊したため洞窟は1時間で崩落。宝は盗めず、五ェ門は結婚をとりやめて修行の旅に出ることにした。

【起】- ルパン三世風魔一族の陰謀のあらすじ1

ルパン三世は世界を股にかけて活動する、神出鬼没の怪盗です。怪盗アルセーヌ・ルパンを祖父に持ちます。
20代後半くらいの男性で、普段は緑や赤のスーツを着ていますが、変装を得意としています。
高い知能と技術を持つ一方で、おっちょこちょいで女性に弱いところがありました。特に美女にはめっぽう弱く、いつも峰不二子(後述)に騙されています。
狙った獲物は必ず奪うのがモットーで、無益な殺生をしないポリシーも持ち合わせています。ワルサーP38という自動式拳銃を好んで使っています。
次元大介はルパンの一番の仲間です。30歳近くの男性です。
早撃ちと正確な射撃を得意としており、いつも黒系のスーツを着ています。長い前髪と黒い帽子とあごひげがトレードマークで、クールでニヒルな人物です。いっぽうで義理がたい一面も持っています。S&WM19のコンバットマグナム、レミントンM700、H&K MP5など目的に応じて銃を使い分けしています。
ルパンと組んで怪盗をすることもありますが、用心棒として雇われ仕事をすることもあります。
石川五ェ門は20代後半の男性です。青系統の着物と袴の和装で、いにしえの大泥棒・石川五右衛門を先祖に持つ剣士です。
刀が武器で居合いの達人でもあり、斬鉄剣というなんでも斬れる刀を誇りにしています。硬派でうぶで女性は基本的に苦手ですが、清楚な女性に惚れることもあります。
峰不二子は20代前半から半ばくらいの女性で、絶世の美女でスタイルも抜群です。その魅力を使ってターゲットに近づくことを得意としています。金や宝石が大好きで、そのためには仲間を裏切ることもあります。バイクに乗るのが得意で、武器もさまざまです。
ルパン、次元、五ェ門、不二子はルパン一味としてチームを組むこともありますが、単独で活動することも多くあります。
銭形幸一警部は30代前半の男性です。銭形平次の子孫で、ルパン一味、特にルパンを逮捕することを悲願としています。そのため、ルパンが死んだと聞くと落胆することもあります。インターポール(ICPO 国際刑事警察機構)に所属しています。警官になった当初は埼玉県警にいたため、埼玉県警ともなじみが深い人物です。
大抵ベージュのバーバリー風トレンチコートと同じ色の帽子をかぶっています…。

…岐阜県、飛騨の山奥にある神社で、石川五ェ門が挙式をあげようとしていました。五ェ門の結婚相手は墨縄(すみなわ)家の跡取り娘・紫(むらさき)です。 この映画を無料で観る

【承】- ルパン三世風魔一族の陰謀のあらすじ2

先に断っておくと、この結婚に関して五ェ門はなんの企みもありません。飛騨を訪れた折にまだ女子高校生だった紫と何度か会い、いつしか心を通わせていった末の結婚です。
五ェ門は結婚を機に悪の道から足を洗い、墨縄家の婿養子に入ろうと思っていました。
墨縄家はからくり細工で代々有名な一族でした。租庸調(税金制度)の昔(西暦645年)より庸調を免除される代わりに匠丁として徴発される、飛騨工(ひだのたくみ)として知られています。
そして墨縄家は昔より伝えられている、財宝の隠し場所を示した壷を家宝としていました。
ルパン、次元、不二子は五ェ門の結婚披露宴に呼ばれ、神社の向かいにある部屋で待っていました。神社では一族だけが集まり、和風の結婚式がしめやかに行われています。
その結婚式を、忍者のような格好をした覆面装束の一団が襲いました。彼らの狙いは墨縄家の家宝の壷です。
異変に気づいたルパンたちは壷が盗まれるのを阻止しましたが、代わりに花嫁の紫がさらわれました。一団は「D51 明晩一時」というメモを残して去ります。

同じ頃、銭形警部はルパンが死んだと思いこみ、警察官を辞して頭を丸め山寺で経をあげる日々を送っていました。
ルパンのいない俗世間に未練がない銭形警部は、その寺にあるルパンの墓を見守りながら暮らそうと思っています。
そこへ本庁所属の風見刑事が訪れ、ルパンが生きていることを告げました。風見刑事が持ってきた、今日の午後に飛騨で起きたという強盗事件の写真には、ルパンの姿がはっきりと写っており、それを見た銭形警部は俄然やる気を起こし、前線復帰します。
風見刑事と共に岐阜県警に行き、早速ルパンを捕まえるための準備をしました。

五ェ門は、結婚式を襲った一団について紫の祖父から話を聞きます。ルパンと次元はそれを盗聴しました。
先祖代々伝わる家宝の壷には財宝の秘密があり、400年間もの間、風魔(ふうま)一族が狙ってきていると言った祖父・墨縄老人は、当初、孫の紫の命よりも壷を優先しようとします。取引に応じないつもりです。

【転】- ルパン三世風魔一族の陰謀のあらすじ3

それを知ったルパンは深夜に壷を盗みだすと、湯気で壷に描かれた地図を解読して(これで財宝のありかは分かった)風魔一族との取引現場に持っていきました。五ェ門のために紫を取り戻そうとしたのです。
取引現場に向かう途中、岐阜県警のパトカーに乗った銭形警部と擦れ違ったルパンは、追われるはめになりました。なんとか追跡を逃れ、取引現場に行きます。
そこは機関車整備倉庫で、D51とは通称デゴイチとよばれる蒸気機関車のことです。
壷と紫を交換している最中に銭形警部らが乱入し、ルパンたちは紫を連れてSLで立ち去りました。

不二子はこっそり一団を尾行し、建築会社『風間組』と書かれたビルが風魔一族のアジトだと知ります。
紫と交換に壷を手に入れた風魔一族のボスは、大仏のような容貌です。スキンヘッドで眉間にはポッチがあります。
風魔一族のボスたちも壷から財宝の隠し場所を読み取りました。忍び込んだ不二子は捕まり、発信機を持っていることが風見刑事に見つかります。風見刑事は実は風魔一族の一員でした。
風見刑事はルパンをおびきよせるために、ネックレスの形をした不二子の発信機を奪い、岐阜県警に持っていきます。
不二子は見張りを倒して逃亡する時に、壷を割ってしまいました。壷のかけらから鍵を発見し、持ち去ります。

ルパンは不二子の居場所を知るために発信機を頼りに岐阜県警に行き、銭形警部と鉢合わせるはめになったものの、風見刑事が風魔一族の一員だと指摘しました。
ルパンと銭形警部はカーチェイスを展開しますが、アジトから逃げた不二子がバイクでパトカーを潰していき、銭形警部はルパンを取り逃します。

風魔一派は財宝があるとされる洞窟の入り口まで行きましたが、からくり細工で名高い墨縄家なので巧妙な罠が仕掛けられていると思い、墨縄老人を脅しますが、墨縄老人は案内を拒みました。
風魔一族のボスは墨縄老人を崖から落とし、隠れて他者が先に行くのを待ちます。
五ェ門と紫がそこへ現れ、洞窟に入りました。風魔一族はひそかに彼らのあとをつけます。
さらに遅れてルパン、次元、不二子の3人がやってきました。それを追って銭形警部も来て、崖から落ちた墨縄老人を救助します。
五ェ門と紫は奥に黄金の十二天像を見つけました。しかしこれは木像に金箔を張っただけの代物で、本物の宝は別にありそうです。

【結】- ルパン三世風魔一族の陰謀のあらすじ4

十二天像の視線の先の床に扉を見つけた五ェ門と紫は入りますが、足跡がないことから警戒した2人は一旦戻ります。その間に風魔一族が入り込みました。

その頃、銭形警部に助けられた墨縄老人は、財宝の洞窟に入ったら最後、壷の中に仕込まれた鍵を鍵穴に1時間以内に差し込まないと、洞窟全体が崩れることを話します。
鍵は不二子が持っていますが、風魔一族に財宝を盗まれたくない墨縄老人は、鍵穴を壊していました。つまり洞窟が崩れることは必至です。
紫が洞窟に入っていることを銭形警部から聞いた墨縄老人はショックを受け、紫を助けに向かおうとしますが、ケガをしているので制止されました。銭形警部が墨縄老人をおぶって、紫の救助に向かいます。

風魔一族は洞窟の先に進んだものの、大勢の部下が罠にかかって命を落としていました。
紫と五ェ門らも行き、そのあとをルパン、次元、不二子らも追います。
ある部屋に入ると幻覚ガスが作動し、ガスを吸った五ェ門が、駆け付けたルパンたちを鎧のお化けと見間違えて斬りかかりました。自身も幻覚を見始めたルパンは危ないと気づき、撤退させますが、五ェ門は誤って紫の左腕を斬ってしまいます(軽傷)。
ルパンはそのガスをひそかに隠し持ちました。

さらに奥に進むと、洞窟の最奥部には黄金でできた城がありました。瓦はすべて黄金で、中にある銃なども黄金製です。
風魔一族のボスたちも到達していました。風魔一族とルパンたちは戦い始めました。
ボスはヌンチャクを武器にする手ごわい相手です。
ルパンが幻覚ガスを撒いたので、風魔一族の手下は味方同士で戦い、自滅しました。
落盤が起き始め、墨縄老人と銭形警部がやってきて、洞窟が崩れることを告げます。
風見刑事は紫を盾にとりますが、紫が体当たりをしたので崖から谷底に転落しました。
ボスは五ェ門と戦いますが、斬られて負傷します。
本格的に洞窟で落盤が起き始め、ルパンたちは宝よりも命が大事と逃げました。不二子は未練たらしく瓦を持って移動しますが、途中で落とします(でも最終的に瓦1枚だけゲットしている)。
途中、銭形警部&墨縄老人と、ルパンたちは別の道を通りますが、両者ともに出口にたどりつき、助かりました。
銭形警部はルパンが生きていたことに喜び、「今回は何も盗んでいない」と主張するルパンを、それでも追いかけると宣言します。
五ェ門は紫との結婚をとりやめ、修行を積んで戻って来ると言いました。紫は「待っててあげないからね」と答えながら、立ち去る五ェ門を見送りました。

関連する映画

アニメ映画

みんなの感想

ライターの感想

劇場作品第4弾。この作品だけ異色に感じるのは、やはり声優陣が総入れ替えされているからだろう。
話の展開はスピーディーでコミカルな要素も多く、見ていて楽しい。
カーチェイスやチャンバラなどもあり、エンタメ性は高い。
しかも…銭形警部の坊主頭が拝めたり、あの女性が苦手な五ェ門が結婚するという冒頭のシーンは正直「え、マジ!?」と驚いてしまった。
その五ェ門と紫のなれそめが、科白なしでさらーっと劇中に流れるのだけど…なんか照れくさいくらい「純愛」なのだ。
古くさい感じは若干するものの、じゅうぶん楽しめる一品。

映画の感想を投稿する

映画「ルパン三世風魔一族の陰謀」の商品はこちら