「ルパン三世GREENvsRED」のネタバレあらすじ結末

ルパン三世 GREEN vs REDの紹介:アニメ『ルパン三世』のOVA第3弾。ルパン三世生誕40周年記念作品として2008年に発売され、全国6か所で上映会も行なわれた。突如として何十人も現れるルパンに翻弄されるルパン一味や銭形警部の奮闘を描く。

ルパン三世GREENvsREDの主な出演者

ルパン三世&偽ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、石川五ェ門(井上真樹夫)、峰不二子(増山江威子)、銭形警部(納谷悟朗)、ヤスオ(片桐仁)、ユキコ(平野綾)、警視総監(島香裕)、店長(清川元夢)、オヤジ(緒方賢一)、紅屋の主人(麦人)、片山正造(宝亀克寿)、日下部晋三(福田信昭)、三上警部(藤真秀)、研ぎ師(田口昂)、ローガン(ジョシュ・ケラー)、ローガンの子供(アダム・ジャーニュ)、ルパンA(酒井相一郎)、ルパンK(栗野史浩)、刑事(今大輔)、傭兵(雨宮弘樹)、ユキコの母(久保田民絵)、ヤマナカさん(峰あつ子)、サラリーマンA(田島裕也)、サラリーマンB(三浦潤也)、バイト君(伊牟田大)、ラジオの声(安斉一博)、美女A(田代有紀)、美女B(赤池裕美子)、DJ(武田華)、少年A(新井海人)、少年B(田中雄士)、少年C(大隈祐輝)

ルパン三世GREENvsREDのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①日本の街に大量のルパン発生。銭形警部は一斉検挙。ルパンは国籍すら不明の人物なので、いくらでも偽者ができる。 ②実際、ルパン三世は実は新たに引き継がれていく人物の名称であった。候補にあがったヤスオは現ルパンと対決して勝利し、新ルパンになった。

【起】- ルパン三世GREENvsREDのあらすじ1

ルパン三世は世界を股にかけて活動する、神出鬼没の怪盗です。怪盗アルセーヌ・ルパンを祖父に持ちます。
20代後半くらいの男性で、普段は緑や赤のスーツを着ていますが、変装を得意としています。
高い知能と技術を持つ一方で、おっちょこちょいで女性に弱いところがありました。特に美女にはめっぽう弱く、いつも峰不二子(後述)に騙されています。
狙った獲物は必ず奪うのがモットーで、無益な殺生をしないポリシーも持ち合わせています。ワルサーP38という自動式拳銃を好んで使っています。
次元大介はルパンの一番の仲間です。30歳近くの男性です。
早撃ちと正確な射撃を得意としており、いつも黒系のスーツを着ています。長い前髪と黒い帽子とあごひげがトレードマークで、クールでニヒルな人物です。いっぽうで義理がたい一面も持っています。S&WM19のコンバットマグナム、レミントンM700、H&K MP5など目的に応じて銃を使い分けしています。
ルパンと組んで怪盗をすることもありますが、用心棒として雇われ仕事をすることもあります。
石川五ェ門は20代後半の男性です。青系統の着物と袴の和装で、いにしえの大泥棒・石川五右衛門を先祖に持つ剣士です。
刀が武器で居合いの達人でもあり、斬鉄剣というなんでも斬れる刀を誇りにしています。硬派でうぶで女性は基本的に苦手ですが、清楚な女性に惚れることもあります。
峰不二子は20代前半から半ばくらいの女性で、絶世の美女でスタイルも抜群です。その魅力を使ってターゲットに近づくことを得意としています。金や宝石が大好きで、そのためには仲間を裏切ることもあります。バイクに乗るのが得意で、武器もさまざまです。
ルパン、次元、五ェ門、不二子はルパン一味としてチームを組むこともありますが、単独で活動することも多くあります。
銭形幸一警部は30代前半の男性です。銭形平次の子孫で、ルパン一味、特にルパンを逮捕することを悲願としています。そのため、ルパンが死んだと聞くと落胆することもあります。インターポール(ICPO 国際刑事警察機構)に所属しています。警官になった当初は埼玉県警にいたため、埼玉県警ともなじみが深い人物です。
大抵ベージュのバーバリー風トレンチコートと同じ色の帽子をかぶっています…。

…とはいうものの。
「ルパン三世」とは、国籍すら不明の人物なのです。
すべてのデータの顔は異なり、どれひとつ取っても同じではないということからしても、「なりすまし可能」で、もしかしたら「ルパン三世」とはある一個人を指すのではなく、世代交代を繰り返しているのではないかと想像することも可能なのです…。
(歴代のルパン三世の映像をすべて集めて表示)

(というわけで。
今作品は時系列がぐちゃぐちゃに描かれておりますが、なるたけ整理整頓してお届け予定。
非常に難解。また別の見方をすることも可能)

今日も世界中のあちこちにルパン三世が出没しています。香港、マカオ、シンガポール、日本…。銭形警部はその情報を聞くと、必ず足を運びます。
自称ルパン三世が次々に現れますが、銭形警部は必ず現地に行って本物かどうか確かめます。また偽者であろうとも悪事を働く者は絶対に捕まえるのが、銭形警部のポリシーです。

日本で自称ルパン三世が捕まりました。万引容疑です。
雑誌2冊と缶コーヒー、650円相当の盗みを働いたとして、そのルパン三世(K)は捕まりました。刑事にこんこんと説教をされます。
このニュースを聞いた他の「自称ルパン三世」はあまりにひどいと憤り、万引きルパンが捕まった新宿に大挙しました。みんな似たようなフィアットという車に乗り、似たような格好(ただし背広の色などが微妙に異なる)で押し寄せます。
大量に現れた自称ルパン三世の集団に困った警視庁は、『ルパン集団暴走やめろ』の横断幕で、一斉検挙を図ろうとしました。しかし数が多すぎてさばききれません。
万引きルパンのいる東京拘置所に催眠ガスが撒かれ、万引きルパンを別の自称ルパン三世が助けました。兄貴分のルパン三世(A)が万引きルパンを連れ出して、フィアットに乗せて逃げます。2人は警察からは逃れられますが、他の大量の自称ルパン三世の集団に囲まれて、捕まりました。
自称ルパンたちのアジトで、万引きルパンはまた説教されます。そんな安っぽいことをしてもらっちゃ困ると皆は言いますが、他の自称ルパンたちも似たようなありさまです。
壁に落書きしているルパンは、「RUPAN」とスペルを誤って書いていました(本当は「LUPIN」)。
警視庁では『ルパン事件特別対策本部』ができ、刑事の片山正造(通称・カタさん)や三上警部が集まって、本当にルパンという怪盗はいるのかという話をしていました。
そこへ帰国した銭形警部が現れます。銭形警部と親しいカタさんは、銭さんと呼びます。銭形警部は片山刑事よりも5歳年上でした。
(注:劇後半に出てくるカルテにて、片山刑事は1945年8月1日長崎生まれの原爆症と判明。それよりも銭形警部は5歳年上らしい)
銭形警部は「本物は1人だけだ」と言い、その1人は自分が見れば分かると言いました。
彼らは自称ルパンたちのアジトを見つけ、一斉検挙を行ないます。その直前に万引きルパン(K)と兄貴分ルパン(A)は、連れションと見せかけて去っていたので逮捕はまぬかれます。
2人は車に乗って移動しますが、兄貴分ルパンは落胆していました。このまま悪事を続けていても先が見えず、自分が大物になれそうもないと兄貴分ルパンは嘆きました。
(しばし話を過去に戻させてください。この兄貴分ルパンと万引きルパンはその後もいちおう出てきます)

…若い男性・ヤスオは東京・中野区のラーメン屋で、アルバイトをしていました。あまり客はいません。

【承】- ルパン三世GREENvsREDのあらすじ2

客は来ても店主の「おっさん」と、ヤスオの恋人のユキコと、ラーメンとビール合計550円を頼み、ヤスオが気づくといつのまにか小銭を置いて消えている初老の男性(紅屋の主人)くらいしかいません。
この初老の男性は割によく店に来ますが、いつもラーメンには手をつけていませんでした。
ユキコはテレビキャスターをしており、先のルパン大量発生の報道の時にも、テレビで報道しています。店主のおっさんは「人間、テレビに出られてなんぼだ」と言い、昔自分が中野区のラーメン屋店長ボーリング大会で第三位になったことを、誇ります。
ヤスオは夢や将来へのビジョンもなく、ただ毎日を無為に過ごしていました。恋人のユキコとの関係も、なんとかしなければと思いつつも、自分が何をして生きればよいか迷っていました。

ある日、初老の男性が背広を忘れて帰ります(注:本当はわざと置いて帰った)。
先に書いてしまうと、初老の紅屋の主人は先々代のルパンで、ヤスオを見込みのある人物だと目星をつけたので、わざと緑の背広を置いて帰ったのです。
その淡い緑色の背広を「いい色だ」と思い、ヤスオは試しに着てみました。なんとなく、家に持ち帰ります。
別の日、雑踏でスリを働いたヤスオは、奇妙な手触りの袋をスリ取ります。
帰って開けてみると、それはワルサーP38という拳銃でした。入っていた赤い色の袋の留め具の珠には「紅」という文字が書かれています(ラーメン屋に来る初老の男性がわざとスリ取らせた)。
拳銃の重みに怯えるヤスオですが、これは運命だと思い、緑の背広と拳銃を持って、今流行りの(?)ルパン三世になってみました。
そして東都デパート新宿店の宝石売り場で、ペアリングを盗んでみます。
JR中野駅が見える小さな橋の上でバイト雑誌を見て川に捨て、聞くともなくラジオのニュースに耳をすませたヤスオは、自分が行なったペアリング盗難事件が、ルパン三世のやったことだと報道されているのを聞き「え、俺が?」と驚きました。
気づくと目の前に、フィアットが止まっていました。次元が現れたのです。

ちなみにそのペアリングのピンクの方は、後日ユキコにプレゼントしました。緑の方はヤスオが持っています。
喜んだユキコは夏のある日、自分の両親に会わせるためにヤスオを家に呼びました。
しかし、ヤスオは現れませんでした。失礼な奴だとユキコの父は怒ります。

次元と行動を共にしたヤスオは、アイスキューブという、一見ただの氷に見えるダイヤモンドを盗もうと考えました。ただのダイヤにしては、警備が尋常じゃないほど厳しいからです。次元もその話を聞いて、ヤスオの犯行に付き合うことにしました。
銭形警部の顔をテレビニュースで見た紅屋の主人は、「久しぶりだな。俺はここだぜ、とっつあん」と呟きます。
帰り路、少年たちがマグナム銃で遊んでいましたが、ひとりのマグナムの動作が悪くなりました。「マグナム、駄目なのかな」と呟く少年のそれをひょいと手に取った次元は、「駄目なんてことない。マグナムは大事に使えば一生ものだ。大切なのはメンテナンス。俺はもう40年使っている」と答えます(ということは、次元もかなり高齢)(そしてこの少年が次世代の次元である可能性あり)。

さて先のアイスキューブですが、これには因縁がありました。
アメリカ軍需メーカーのCEO(最高経営責任者)のマイク・ローガンと、日本の民間軍事会社ナイト・ホークスの社長・日下部晋三が協力して作り上げたものなのです。
ヤスオは何も予備知識のない状態で、ルパン三世としてローガンのパソコンに、アイスキューブの盗みの犯行予告をしました。
その直後、ローガンの乗る自家用ジェットは、日下部の企みで爆破されます。日下部がアイスキューブを独り占めしようと狙ったのでした。
爆発の際、ローガンの妻がシートベルトをつけさせ、非常シェルターで息子サム・ローガンを脱出させます。
(注:映像で示されるのだが、ローガンの妻は自分の意思で動けないようローガンに廃人同様にされていた。爆破の瞬間に一瞬正気に戻った妻は、息子を助けようという気持ちで、咄嗟に救ったものと思われる。なぜ廃人にされたかは後述)

爆破事故の近くにたまたま勝鬨橋(かちどきばし)に居合わせた次元とヤスオは、飛行機の爆破事故も目撃し、少年を救います。
見ると少年の額には手術痕がありました。
世間的にはマイク・ローガンの息子サム・ローガンは、8歳にしてその命を終えたと言われていました。墓も作られています。
しかも数年前に、マイクが末期がんになったという報道もなされていました。
次元とヤスオは「末期がんのマイクが自分の命惜しさに、自分の脳を息子の身体に移し換えた」ことを知ります。
そうまでして守りたいアイスキューブとは何かを知りたいヤスオは、少年・サムの頭に脳波計をつけて脳内を読み取り、メモリースティックに保存しました。
そのメモリースティックを持って車に戻ると、今までいた筈の次元が赤いジャケットのルパンにすりかわっています(これが現段階では本物のルパン三世)。
現ルパンは、次元と五ェ門から「組んだら誰よりも面白い奴」とヤスオのことを聞かされて(つまり次元と五ェ門はすでに新ルパンの候補としてヤスオを認めている)、会いに来たのでした。
次元と五ェ門は「本物かどうかはどうでもいい。ルパンらしい、というのが大事」と言います。
赤いジャケットの現ルパンはヤスオからメモリースティックを奪うと、「奪い返したらどうだ、本物のルパンならそのくらいやれる」と挑発しました。

【転】- ルパン三世GREENvsREDのあらすじ3

勝鬨橋が跳開しはじめます(現在は滅多にないが、勝鬨橋は船舶航行時に橋の中央が上がってふたつに分断できる跳開橋)。
勝鬨橋で対峙する赤のジャケットの現ルパンと、緑のジャケットのヤスオを見た銭形警部は、「ありゃ本物だ」と言います。
2人の間を2発目のミサイルが通過しました。
ヤスオは、車に残った少年を助けるために海に身を投げます。
しかしサムは救えませんでした。日下部が放った2発目のミサイルがサム(脳はローガン)を狙い、サムは死にます。
溺れそうになったヤスオは、不二子に助けられました。
不二子に助けてもらったヤスオは、自分をルパンとして認めてくれと言いますが、不二子は「決めるのはあなたなの」と答えます。
ヤスオは不二子と手を組むことにしました。この取引には不二子も応じます。

銭形警部がしばらく日本を留守にしている間に、日本では国民投票で「民間の軍事会社を作ること(軍隊の民営化)」が決定していました。それがナイト・ホークスです。
それを聞いた銭形警部は「この国も変わった」と嘆きますが、世界全体が変わりつつあるのです。

さてこの勝鬨橋の騒動を見た万引きルパン(K)と兄貴分ルパン(A)は、胸中、複雑でした。
あれが本物のルパンだとしたら、とてもじゃないが自分は及ばないと兄貴分ルパンは思い、悪事からすっぱり足を洗い、実家のねじ工場を継ごうと決めます。
万引きルパンも「自分はルパンにはなれない」と思いながらも、何か「でかいことをしたい」と思い、祖父にその思いを訴えました。
(万引きルパンは後でさらに出てきます)

ヤスオの恋人・ユキコはその後もルパンの追跡取材を行なっていました。
ルパンの生き字引と言われる、紅屋の店主に取材に行きます。
何を知りたいのかと店主に問われ、ユキコは「素顔です。たとえば、国籍」と答えますが、店主は「ルパンには、国籍や国境に関係ない。彼は自由そのものだ」と言いました。
ユキコに対し、店主は「君はいつからユキコなのか?」と問います。
「男は、男に生まれるのではなく、男に『なる』のだ。ルパンもまたしかり。ルパンはいつだって粋でクールな男だ。少なくとも、ルパンになった時から」と店主はユキコに答えました。
(これが今作品のテーマであり、ルパンが踏襲されていることの暗示)

その後、ユキコは銭形警部に取材をします。5分だけと取材を受けた銭形警部はユキコに、そもそもルパン三世という名も仮称であることを告げ「愛せますかな、あなたはルパンを」と問いかけました。
ユキコは考えた後、「いいえ、犯罪者は愛せません」と答えました。その言葉を聞き、銭形警部は考えます。
ユキコが銭形警部の取材を終えた後、本物の銭形警部が通りかかりました。先ほどの銭形警部は偽者だったのだとユキコは知ります。
(銭形警部はヤスオの変装で、ルパンとなった後も自分を愛せるかユキコに聞きたかった。
尤も、ルパン三世となった以上、ユキコという女性を諦めねばならないという覚悟もできていたと思う。だからユキコの返答によってヤスオの気持ちが揺らぐことはなかっただろう)

現ルパンがヤスオから奪ったメモリースティックを、廃校になった屋上で次元が解析しようとしましたが、それは偽物でした。現ルパンは分かっていたようで「やるわいな、みどりちゃん(緑のジャケットを着ているから)」と言います。
現ルパンは学校の教室に入りこんで「なつかしい」と発言し、次元に「いつから日本人になった」と突っ込まれました(現ルパンは日本人出身か)。

銭形警部は日下部社長に会いに行き、ルパンがアイスキューブを狙っていると告げます。
日下部社長はアイスキューブの存在自体を隠匿しようとしますが、撃墜されたローガンのパソコンに予告状が残っていたと銭形警部に言われ、協力せざるをえません。
それを天井裏からヤスオと不二子が見ていました。
現ルパンと次元は組んで、現ルパンが乗ったフィアットを次元が飛行船で運んでいましたが、次元が車ごとビルに突入させます。
銭形警部の指示で、日下部社長が金庫からアイスキューブを出しました。盗みのチャンス到来です。
天井裏からヤスオ、正面から現ルパンが鉢合いました。水筒のような形状の金属に入ったアイスキューブを手にしたのは、ヤスオです。
慌てたのは日下部社長でした。アイスキューブはダイヤモンドなどではなく、合成プルトニウム(核爆弾)だからです。乱暴に扱うと爆破します。
アイスキューブはナイト・ホークとローガン社が共同開発した第1号の核兵器の試作品でした。小型なので大量生産でき、専用ポッド(水筒みたいな金属)に入れて冷却しておけば、放射性もゼロです。次世代の各兵器だということで、日下部社長はトップシークレット扱いにしていました。

【結】- ルパン三世GREENvsREDのあらすじ4

それを聞いてヤスオは内心「いらねえ」と思いました。
そこへヘリが乱入しました。ヘリの操縦士は次元の飛行船を撃った後、強引にビルに入りこみます。
後部で拉致されていた五ェ門(勝鬨橋の時に現れたヘリを斬りに行き、顔を見て斬れずに拉致されていた)は操縦士の行動を見て、これは駄目だと感じて斬ります。
操縦士の顔はルパンに似ていました。ここにもルパン三世の候補者がいたのです。

ビル爆破の騒動を祖父の工場で見ていた万引きルパン(K)は、自分も何かできればと祖父に言いました。
祖父は「本物のルパンになれなくても、本物のルパンを助けたらそれは、男の中の男だろう」と言うと、秘密で作っていた巨大ロボットを出動させ(巨大ロボットの一部のみ、地上に出ていた)、ルパンたちを助けに行きます。
銭形警部とヤスオは向かい合いました。ヤスオは「ルパン三世として撃たれるなら本望」と思いますが、銭形警部は撃ちません。
(本当はこの銭形警部は、片山刑事の変装。原爆症に苦しむ片山刑事がカタをつけたくて乗り込んだものの、撃てなかった。
銭形警部の後釜候補を示唆する…にしては、年齢が近すぎるか。むしろ片山刑事の部下の三上警部を後釜に考えた方がいいかも)
取材のためヘリでビルの近くを飛んだユキコは、ヤスオを見て驚きました。
現ルパンがヤスオの顔に緑のペンキを撃ち(顔の右半分にかかった)、「ルパンの顔をしているからルパンとは限らない」と言って逃げます。
巨大ロボットはヤスオを助けて立ち去りました。

(ここの新聞記事で、2008年8月18日と判明。舞台は現代であることが確認される)
アイスキューブはその後、ニセモノであることが判明しました。
ローガン社は資金繰りに困っており、ナイト・ホークスから500億円の開発費を巻き上げていました。本物は存在しません。
銭形警部に対し、片山刑事は、「一発でカタがつけられるもの(兵器)が手に入ったら、人は使ってしまうのだろうか」と呟きます。長崎で生まれて原爆症にかかり、現在もなお入退院を繰り返している片山刑事としては、そんなものは未来永劫、作られてほしくない代物でした。
実はナイト・ホークスの社長・日下部晋三も長崎出身です(下手な長崎弁をしゃべっている)。日下部社長も被爆して苦しんでいますが、片山警部とは対照的に、だからこそ核兵器という最強の武器を手に入れたがったのでした。
片山刑事の「そんなもの(核兵器)は誰の手にも届かないところへ持ってってほしい」という言葉に対し、銭形警部は「まだ(自分たちの仕事は)始まったばかりじゃないか」と答えます。
銭形警部は「そうすることが正しいと信じているから、ルパンを捕まえる」と言いました。

さて、そんな状態のところへルパン三世対決の予告状が届きます。
どうみても安物の用紙に手書きで、しかもコーヒーをこぼした痕までついた紙には『銭形へ ルパンvsルパン 勝った方が本物だ!! 絶対来いよ!! in中野サンプラザ ルパン三世』と書かれています。
予告状を作ったのは万引きルパン(K)でした。白黒つけたいと思った万引きルパンはマクドナルドで手書きの予告状を作り、さらに別口で現ルパンにも「招待状」を作っていました。中野サンプラザにしたのは適当(笑)です。
但し、本物のルパンがどこにいるのか分からない万引きルパンは、これまた適当にこのへんでいいかなと思って(但しそれはあながち間違っていない。店舗の前にフィアットが駐車されている)紅屋を訪れ、渡しました。届くかどうかは一か八かです。
緑のインクをつけられたヤスオは、インクが落ちないので包帯で隠して臨みました。

現ルパンはひまつぶしに対決に行くつもりだと、次元に言いました。「俺が確かめたいのは、本物かどうかってことだ」と言い、次元は「最後の最後まで(本音を)言わねえつもりか。でもまあ、見ててやるよ」と言って現ルパンを見送ります。

(対決は白黒の荒い線描、ラフスケッチ風に)
中野サンプラザで対峙したヤスオに対し、現ルパンも包帯を巻いて現れます。
対決を受けてくれた現ルパンの心意気に感激した万引きルパン(K)は、感激していました。
銭形警部はルパンの戦いを見守りますが、五ェ門は銭湯で斬鉄剣を老人に研いでもらいます。(この老人が先代・五ェ門である可能性あり)
野次馬根性がなく、またどちらが勝ってもつらい五ェ門は見に行かない選択をしました。
不二子も同様で、近所の喫茶店で飲んだくれてニュースを聞いています。その店はアルコールを出さない店なので、強い酒を出してくれと不二子に言われて困っています。
次元は近所の中華料理店で、決着がつくのを待っていました。
互いに向かい合った赤と緑のルパンは、互いにワルサーP38の引き金を引きます…。

生き残ったのはヤスオの方でした。ヤスオが勝利し、新たなルパン三世となったのです。
それは同時に、過去との訣別でもありました。
ユキコは、ヤスオから連絡が来るのを待ちますが、連絡がこないのでラーメン屋に行きます。
そこにはまったく別人になったヤスオ(でも相手はユキコのことを知っている)がおり、なれなれしく声をかけてくるのでユキコは思わず「誰?」と言います。

対決の後、ヤスオはこっそりユキコの実家に行き、祖母に会っていました。祖母はすべて理解しているようで、ヤスオに頷きます。(ユキコの祖母が先代あるいは先々代の不二子であることの示唆か)
そしてヤスオ、もとい、新ルパンは次元と一緒に活動を開始しました。ただ、ルームミラーにユキコとのペアリング(ネックレスに通したもの)を飾っています。
銭形警部も先刻承知で、「今度のは新型だ!」と叫びました。
(新型ルパンであり、新型フィアットであることも指している)

みんなの感想

ライターの感想

ルパン三世シリーズ、最も難しかった作品!
実はぜんぶ読み取れたかどうか自信がない。ほんと、いろんなふうに解釈できそう。
ストーリーが難解な上に時系列までぐちゃぐちゃなので、けっこう混乱する。
でもそれを排除してもなお、ありあまる切ないこの感じ…なんだろう。
過去のシリーズのルパンをぜんぶ詰め込む(カリオストロも含めて)気前のよさ。なるほどと思わせる説得力。
はっきりいってストーリーは難しいし、笑いの要素は今回ないし、けっこうしんどいけど、ルパンファンならばぜひ見ていただきたい作品。
  • Mr MYTASさんの感想

    結局アイスキューブは、どこにあるんでしょうか? それに元ルパンもその後どうなったんでしょうか? とにかく謎ばかりで、意味深な作品でした。

映画の感想を投稿する

映画「ルパン三世GREENvsRED」の商品はこちら