「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のネタバレあらすじ結末

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の紹介:2009年公開の日本アニメーション映画。一世を風靡したテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版全4部作の第2弾。今作品以降は既存のストーリーを基盤にしつつ新たな機体やキャラクターが登場する。

この映画を無料で観る

予告動画

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の主な出演者

碇シンジ(緒方恵美)、綾波レイ(林原めぐみ)、式波・アスカ・ラングレー(宮村優子)、真希波・マリ・イラストリアス(坂本真綾)、葛城ミサト(三石琴乃)、赤木リツコ(山口由里子)、加持リョウジ(山寺宏一)、渚カヲル(石田彰)、碇ゲンドウ(立木文彦)、冬月コウゾウ(清川元夢)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のネタバレあらすじ

【起】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のあらすじ1

旧北極のネルフ基地・ベタニアベースで第3使徒が地下の永久凍土から出現し、これを殲滅するためにマリが仮設エヴァ5号機で出撃しました。
第3使徒を殲滅し、マリが脱出した後にエヴァは自爆します。エヴァの自爆はネルフ首席監察官・加持リョウジの計画でした。
日本ではシンジが父・ゲンドウと共に、母・ユイの墓参りに3年ぶりに訪れました。ミサトの車で第3新東京市に戻る途中、シンジは海に現れた第7使徒を目撃します。
第7使徒を攻撃したのは赤い筐体のエヴァ2号機でした。エヴァは難なく使徒を倒します。
エヴァ2号機のパイロット・アスカはドイツから来日した少女でした。アスカはミサトの部屋に身を寄せます。 この映画を無料で観る

【承】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のあらすじ2

アスカはシンジと同じ中学に通い、シンジとミサト(とペンペン)との同居生活が始まりました。
来日しネルフ本部を訪問したリョウジは、人類補完の扉を開く「ネブカドネザルの鍵」をゲンドウに渡します。
ゲンドウと冬月は月面基地「タブハベース」の視察に訪れ、2人の不在中、地球上空の衛星軌道上に球体の形状をした第8使徒が出現し、ネルフ本部へ落下攻撃が開始されました。
ミサトはシンジ、アスカ、レイ3人に出動を命令します。3人は協力して使徒を殲滅しました。シンジは初めてゲンドウに褒められ、喜びを感じます。
アスカはひとりで使徒を倒せずプライドを傷つけられたものの、シンジをパイロットとして認めます。

【転】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のあらすじ3

シンジに徐々に心を開いたレイはシンジとゲンドウが歩み寄る機会を設けたいと考え、食事会を企画します。
マリが日本にパラシュートで密入国し、現場を目撃したシンジは「LCL(エヴァのエントリープラグ内に注水される液体)の香りがする」とマリに言われました。
試験中のエヴァ4号機と共にネルフ北米第2支部が消滅し、エヴァ3号機が日本に移送されます。3号機の起動実験はレイが企画した食事会の日で、それを知るアスカがパイロットに志願します。
しかし第9使徒が侵入し3号機は暴走してシンジが出動しますが、アスカのいるエヴァを攻撃できません。ゲンドウは操縦をダミーシステムに切り替えエヴァ3号機を破壊しました。

【結】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のあらすじ4

アスカは一命を取り留め隔離されます。
シンジはパイロットを辞める決意をし電車に乗りますが、そこへ第10使徒が現れました。
封印された2号機を操りマリが単独で出動し、エヴァを獣化する裏コード・ビーストを使うも太刀打ちできません。レイが零号機でN2航空誘導弾を抱えて自爆攻撃をしかけますが、これも失敗しレイは第10使徒に吸収されました。
シンジは初号機に乗りレイを助けようとします。覚醒して神に近いものへ変貌を遂げた初号機は使徒を倒し、シンジはレイを救出しました。
さらに初号機は光の巨人となり、サード・インパクトが始まろうとしますが、月面から飛来した6号機と渚カヲルが槍で食い止めました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の商品はこちら