「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のネタバレあらすじ結末

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの紹介:2012年公開の日本アニメーション映画。一世を風靡したテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新劇場版全4部作の第3弾。前作よりもオリジナル要素が強く、渚カヲルを迎えクライマックスに向け話が展開する。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの主な出演者

碇シンジ(緒方恵美)、アヤナミレイ〔仮称〕(林原めぐみ)、式波・アスカ・ラングレー(宮村優子)、渚カヲル(石田彰)、葛城ミサト(三石琴乃)、碇ゲンドウ(立木文彦)、赤木リツコ(山口由里子)、冬月コウゾウ(清川元夢)、真希波・マリ・イラストリアス(坂本真綾)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのネタバレあらすじ

【起】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのあらすじ1

前作終盤(『破』参照)のニアサードインパクトから14年後。
ミサトたち旧ネルフ所属職員の一部はネルフを脱退し、反ネルフ組織・ヴィレを立ち上げ、使徒やネルフ側のエヴァと戦っていました。
ヴィレはネルフによって衛星軌道上に封印された初号機を強奪するUS作戦を、アスカが乗る改2号機とマリが乗る8号機とで成功させます。
回収した初号機をコアにし、ミサトたちは艦艇・AAAヴンダーを作りました。
そのヴンダー艦内でシンジが眠りから目を覚まし、14年経過したことを知らされました。シンジがニアサードインパクトを起こした結果、世界が半壊しています。エヴァの呪縛でパイロットだけは14歳の姿のままです。

【承】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのあらすじ2

シンジはエヴァに二度と乗らないよう命ぜられ、もし乗り込み次に覚醒した場合に備え、遠隔操作できる爆弾つきの首輪(DSSチョーカー)まで嵌められました。シンジが助けたはずのレイはいなかったと告げられます。
納得いかないシンジにレイの声が聞こえました。シンジはレイの声に導かれ、ネルフ側のエヴァMark.09に連れられてネルフに行きます。
第3新東京市は壊滅し、ネルフ本部も荒廃していました。シンジはネルフ本部で父・ゲンドウと再会し、謎の少年・カヲルとともに新造されるエヴァ13号機に乗り込むよう命ぜられます。
銀髪の少年カヲルに警戒したシンジですが、ピアノの連弾をきっかけに距離を縮めていきます。

【転】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのあらすじ3

シンジとカヲルは急速に親しくなりました。シンジはネルフにいるレイは複製体で、本物のレイはまだ初号機の中だと知ります。
完成した13号機に乗りたがらないシンジを、カヲルがDSSチョーカーを自分の首に移し替えることで説得しました。
カヲルとシンジが乗る13号機とレイが乗るMark.09は、サードインパクト爆心地のセントラルドグマ最深部に行きます。そこにMark.06の残骸と使徒・リリスの死骸があり、2本の槍(ロンギヌスの槍とカシウスの槍)を回収すれば、フォースインパクトは防げるのです。
しかし形状が全く同じ槍を見て、カヲルは別物だと考え込みます。逸ったシンジは使徒・リリスに刺さった槍を抜きました。

【結】- ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qのあらすじ4

するとリリスと戦ったMark.06の残骸が第12使徒として目覚め、エヴァ13号機を取り込みます。エヴァ13号機は擬似シン化形態が起こって覚醒し、ゲンドウの思惑どおりにフォースインパクトが起ころうとしていました。
ヴィレはヴンダーで応戦しますが制御を乗っ取られます。改2号機とMark.09が戦いますが時間切れで、双方のパイロット脱出後、改2号機の自爆でMark.09は破壊されました。カヲルはDSSチョーカーの発動で亡くなります。
マリがシンジのエントリープラグを射出させて、フォースインパクトはおさまりました。
ショック状態のシンジとレイを連れ、アスカは救出地点まで歩いていきました。

みんなの感想

  • 蚊帳の外さんの感想

    シンジ(主人公)視点と観客視点を沿わせて「一体何がどうなってるんだ⁈」と全編で見せる仕掛けとしたら大成功でしょう。でも作品としたらどうなのか。急に増えた登場人物と設定が前々作前作とのつながりをすっとばした故に「破」の続きを見たかった面々からすれば「置いてけぼり感」ハンパない。
    そもそも論だけど、「半壊した世界」「殆ど死滅した人類」で戦い守る物って何なんだろう?サードインパクトで吹っ飛んだのは世界だけでなく、物語そのものかも。

映画の感想を投稿する

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の商品はこちら