「傷物語〈III冷血篇〉」のネタバレあらすじ結末

アニメ映画

傷物語〈III 冷血篇〉の紹介:西尾維新による青春怪異小説『物語シリーズ』の『傷物語』のアニメ化作品。西尾維新アニメプロジェクト第3弾として全三部作として製作された完結編。2017年1月6日に劇場公開された。
テレビシリーズで監督を務めた『魔法少女まどか☆マギカ』『さよなら絶望先生』などの新房昭之は総監督となり、かわって監督を務めたのはガイナックス出身の尾石達也。
主人公・阿良々木暦(あらららぎこよみ)と美貌の吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの対決の決着と、シリーズ第一作の『化物語』に続く物語である。

予告動画

傷物語〈III冷血篇〉の主な出演者

阿良々木暦(神谷浩史)、羽川翼(堀江由衣)、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(坂本真綾)、忍野メメ(櫻井孝宏)

傷物語〈III冷血篇〉のネタバレあらすじ

【起】- 傷物語〈III冷血篇〉のあらすじ1

最後の吸血鬼ハンター・ギロチンカッターから、忍野がキスショットの両腕を取り返してきました。しかし、これで無事にキスショットの体のパーツが戻ったことで彼女に人間に戻してもらえるというのに、阿良々木は冴えない表情です。彼は吸血鬼ハンターたちにあっさり勝利できたことが釈然としませんでした。
「僕が強すぎるのか? 相手が弱すぎるのか?」と忍野に訊ねると、彼は両方だと答えました。であれば、3人がかりとはいえ吸血鬼ハンターたちに全力のキスショットが負けるのはおかしいのではないでしょうか。すると忍野は、あの三人と戦った時、キスショットは全力ではなかったのだと言い、自分が隠し持っていたキスショットの心臓を取り出し、阿良々木に放って渡しました。忍野はバランスを取るために、キスショットが気づかないうちに彼女の心臓を盗んでいたのです。
その心臓を阿良々木に返した忍野は、借金のこともサービスでチャラにすると言います。そして最後に「最近お腹は空かないかい?」と言い残し、立ち去っていきました。
すべての体のパーツを取り戻したことで、キスショットは上機嫌です。心臓を奪われていたことも意に介さない様子でした。彼女は話がしたいと言って阿良々木を学習塾跡の屋上に誘います。特になにかを話したいと言うことでもなく、ただ会話を楽しみたかったというキスショットでしたが、やはりこれは語っておくべきだろうと言って、最初に眷属にした者のことを語ります。
その昔、中世の日本を訪れたキスショットは優れた戦士だったその者を眷属にしました。吸血鬼は300年も生きるとたいてい生きるのに飽きて自殺を考えるそうですが、キスショットの最初の眷属は吸血鬼になってからほんの少しの時間もたたないうち、自ら日の光を受けて自殺をしたのだそうです。阿良々木は眷属としては二番目ですが、タイプがまるで違う変なやつだと言ってキスショットは笑いました。
さて、いよいよ阿良々木を人間に戻すかということになりましたが、阿良々木はその前に小腹が空いたと言ってコンビニに買い出しに行きます。お菓子や飲み物を買い、お別れ会をしようと浮かれ気分で学習塾跡に戻った阿良々木ですが、そこには人間の死体を貪り食うキスショットの姿がありました。
取り乱す阿良々木に、キスショットはギロチンカッターが執念深く狙ってきたものの、返り討ちにしてやったと言いました。さらに彼女は「あの携帯食をもってこなかったのか?」と羽川のことを言いました。吸血鬼にとって、人間が食料でしかないことを阿良々木は思い知らされました。

【承】- 傷物語〈III冷血篇〉のあらすじ2

自分が助けた者が人殺しの怪物であると気づいた阿良々木は、キスショットのもとから逃げだしました。あの三人の吸血鬼ハンターこそが人間側の正義なのだと思いつつ、阿良々木は学校の体育倉庫に逃げ込み苦悩します。思いつめた阿良々木は誰かにそのことを語りたいと思い、羽川が自分の携帯に入れた番号を削除したことを後悔します。しかし携帯を見てみると羽川の番号が登録されていました。羽川はいつの間にか再び番号を登録していたのです。
連絡を受け、やってきた羽川はほんの少しの会話で阿良々木が自殺を考えていることを見抜きました。阿良々木は責任を取るためには死ぬしかないと思っていましたが、羽川は死ぬのは罪だと言い、キスショットを止められるのが阿良々木だけであることを指摘します。
キスショットと対決する決意をした阿良々木は、そのためにキスショットの豊満な胸に幻惑されないためにと羽川に胸を揉ませてくれと言い出しました。羽川は動揺しつつもOKしましたが、いざとなると阿良々木は手が出せなくなり、羽川にチキン呼ばわりされます。しかし阿良々木は続きは新学期に学校でという約束をして、体育倉庫を出て行きました。

【転】- 傷物語〈III冷血篇〉のあらすじ3

キスショットも阿良々木の決意に気づき、スタジアムの真ん中で彼を待ちかまえていました。やってきた阿良々木に、キスショットは改めて自分が人を殺して生きて
いくと語ります。その上で「わしのもとへ帰れ」と言いましたが、阿良々木は当然のごとく拒否します。キスショットはそれを聞いても驚きませんでした。彼女は阿良々木が傷ついた者がいれば誰にでも手を差し伸べるだろうと知っていたと言います。
そして二人の激しい戦いが始まりました。一瞬で体を引き裂かれても即座に再生する吸血鬼の不死身性のため、二人はおたがい首を飛ばしあい、腕をひきちぎりあい、互いの身体を切り裂きながら、無限に再生を続けていきます。
駆けつけてきてスタジアムの観客席でその戦いを見守っていた羽川は、「なにか見落としている」と言って戦いの場に乱入してきました。キスショットは彼女を黙らせようと念力による攻撃をぶつけます。その前に立ちはだかった阿良々木は身体を粉々に砕かれましたが、首だけでキスショットに食いついてその血を吸い始めます。阿良々木の体は復活し、キスショトはエネルギーを奪われて再び子供の姿に戻ってしまいました。
自分の敗北を悟ったキスショットは、最後まで自分の血を吸って命を絶たないといずれ復活して人間を襲うといって阿良々木を挑発します。しかし阿良々木はここまで弱った相手を攻撃できず、「どうやって僕を人間にもどすつもりだったんだ?」と訊ねました。
そこに羽川がやってきて、キスショットが最初から自分が死ぬつもりで阿良々木を攻撃したのではないのかと問いつめました。キスショットは初めて本当のことを語ります。最初に阿良々木と会った時、彼女は手足を切り取られて助けてくれと泣き喚いていました。それまでは死ぬつもりだった彼女でしたが、いざとなると死を恐れてしまったのです。だからこそ、助けてくれた阿良々木に感謝し、彼が生きられるように自分の眷属にしました。しかし彼女は、一人目に眷属にした者が人間に戻れず自ら死を選んだことを思い出しました。その時の後悔を、同じように人間にもどろうとしている阿良々木に重ねたのです。そしてわざと負けるつもりで、阿良々木に敵意を抱かせたのでした。

【結】- 傷物語〈III冷血篇〉のあらすじ4

「そんなことを言って、この男がわしを殺せるのか?」と言うキスショットの言葉通り、阿良々木は彼女にとどめをさせなくなりした。進退窮まった阿良々木は、声を張り上げ、どこかで見守っているであろう忍野を呼びます。その声に応えて忍野が姿をあらわしました。
もともと阿良々木がキスショットを倒すことが忍野の企みでした。しかし、羽川がそれに気づいてしまったので、その計略は失敗したということです。忍野は薄笑いを浮かべつつ、羽川によけいなことをしてくれたと言いました。
阿良々木は忍野に改めて知恵を貸してくれと頼み、忍野は500万の報酬で引きうけます。阿良々木はみんなが幸せになる方法をと聞きましたが、忍野はそんな都合のいい方法はない、そのかわりみんなが少しずつ不幸になる方法ならあると言います。
ギリギリのところまで阿良々木がキスショットのエネルギーを奪って、吸血鬼としての力を奪う。キスショットはそれにより吸血鬼の抜け殻になり、今後は人を襲うことができなくなります。そして阿良々木は、吸血鬼のままであり、限りなく人間に近い存在になって、弱体化したキスショットに定期的に血を飲ませていくのです。阿良々木とキスショットは、残りの人生をずっと互いに依存を続けなくてはならなくなるのです。
キスショットはこのまま阿良々木に殺されたいと願いましたが、阿良々木はその願いを拒否しました。そして無様に生きてくれと言って、忍野の提案どおりキスショットとともに生きる道を選んだのでした。
春休みが終わり、学校に向かう阿良々木は、途中で羽川と会いました。阿良々木はその後のことを羽川に報告します。阿良々木は日の光を受けても大丈夫な体になり、ほぼ人間といってもいい存在になりました。治癒力も高いままですが、いずれはその力も消えるでしょう。
そして放課後、阿良々木は忍野のいる学習塾跡に向かいます。そこにはかつててキスショットと名乗っていた幼い少女がいました。いまでは完全に吸血鬼の成れの果てで、名前も失った存在です。そして阿良々木は彼女に優しく微笑み、血を吸わせたのでした。二人がたがいに傷物となり、物語はここからさらに続いていくのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ここから「物語シリーズ」が始まるプロローグということではありますが、シリーズを通して見ていると色々と違和感もあったりして、まぁその辺は何年にもわたって続けられたシリーズで培われたイメージというものもあるってことでしょう。
しかし本作はグロ描写やエロ描写など、さすがは劇場作品ということでかなり徹底していて、これはちょっとテレビでの放送は難しそうな感じです。特に吸血鬼同士の殺し合いは、他ではなかなか観られない描写の満載でかなり見応えがありました。やりすぎてギャグになってしまったレベルなので人を選ぶかもしれませんが。

映画の感想を投稿する