「千と千尋の神隠し」のネタバレあらすじ結末

千と千尋の神隠しの紹介:2001年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作で、監督は宮崎駿。名前を奪われた少女が、さまざまな出来事を経ることによって、いままで自分も知らなかった己の可能性を見出していく物語である。

この映画を無料で観る

予告動画

千と千尋の神隠しの主な出演者

荻野千尋[千](柊瑠美)、ハク(入野自由)、湯婆婆(夏木マリ)、銭婆(夏木マリ)、釜爺(菅原文太)、カオナシ(中村彰男)、リン(玉井夕海)、坊(神木隆之介)、荻野明夫(内藤剛志)、荻野悠子(沢口靖子)

千と千尋の神隠しのネタバレあらすじ

【起】- 千と千尋の神隠しのあらすじ1

10歳の女の子・千尋はこれといった個性のない、ごく普通の少女です。もやしっ子の千尋は典型的な現代の子どもで、自分からは行動を起こそうとしない、常に受け身の立場に甘んじていました。
ある夏の日、千尋は両親と共に引越し先の町に向かう途中で、道に迷ってしまいます。森に迷い込んだ一家は、そこであやしげなトンネルを見つけました。好奇心旺盛な両親は弱気な千尋を連れて、トンネルの中に入っていきます。トンネルを抜けると、広い草原の景色が広がっていました。ふもとには温泉街で古い家が建ち並び、何やらいい匂いがします。
両親は匂いをたよりにある店にたどりつき、そこにあった食料を勝手に食べてしまいました。

【承】- 千と千尋の神隠しのあらすじ2

その料理は神様への供物だったのです。両親は呪いをかけられ、豚の姿になってしまいました。
途方に暮れる千尋の前に、謎の少年・ハクが現れます。豚にされた両親の呪いを解くために、千尋はハクの案内で湯屋へ行きました。湯屋とは八百万の神々が疲れを癒しにくる公衆浴場のような場所です。
千尋はその店の経営者である湯婆婆に、自分を雇ってもらえるよう頼みました。湯婆婆は相手の名前を奪うことで相手を支配下に置くことができます。湯婆婆は千尋から名前を奪い、代わりに「千(せん)」という名前を与えました。それは千尋のアイデンティティ(自我・個性)を奪うことでもあります。

【転】- 千と千尋の神隠しのあらすじ3

千は先輩のリンから仕事を教わります。また人生経験が豊富なボイラー焚きの釜爺に励まされながら、徐々に仕事場で本領を発揮していきました。
ケガに苦しむ川の主の傷を治したり、他人と上手にコミュニケートできないカオナシの力になったりすることで、千はいままで自分でも気づいていなかった、生きる力が備わっていることに気づきます。
そんなある日、千は瀕死の重傷を負ったハクを見つけました。ハクは湯婆婆の命令で、湯婆婆の双生児の姉・銭婆が持っている魔法の印鑑を奪おうとしたのです。ところが銭婆に気づかれて魔法で返り討ちに遭い、傷つけられたのでした。 この映画を無料で観る

【結】- 千と千尋の神隠しのあらすじ4

虫の息のハクを助けたい千は、ハクが奪った印鑑を持って銭婆のもとを訪ねます。そして誠心誠意で銭婆に謝りました。
それはいままで受け身の立場で生きてきた千が、初めて他人のために行動した瞬間でもありました。銭婆の怒りが解けたハクは命を取り留めます。
ハクは千尋が幼少のみぎりに落ちた川の主であることも分かりました。自我を持ち自らの意思で行動できるようになった千は、湯屋に戻ります。
そして湯婆婆に名前を返してもらい、両親の呪いも解いてもらいます。そして無事、千尋は人間世界に戻っていきました。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の、観ている人を惹き込むあのファンタジー感は宮崎駿監督でなければ出せないと思います。私が一番好きなシーンは、千尋がハクの本当の名前を思い出すシーン。飛んでいる竜の姿のハクに、本当の名前を教えてあげるのですが、その瞬間のハクのハッとした瞳、記憶がみるみる蘇ったように体の鱗がはがれていって人間の姿に戻る表現が美しいです。
名前がわかって自分の進むべき道がわかり喜ぶハクと、大事な人を苦しみから解放することができ安堵する千尋、奥深い愛情を感じることができる1シーンだと思います。

映画の感想を投稿する

映画「千と千尋の神隠し」の商品はこちら

千と千尋の神隠し サウンドトラック