「名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエム」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)の紹介:2005年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第10作目にあたる。12時間以内に事件の解決を迫られたコナンと、謎の男の頭脳合戦が展開する!

この映画を無料で観る

名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエムの主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(井上和彦)、佐藤美和子(湯屋敦子)、高木刑事(高木渉)、千葉刑事(千葉一伸)、服部平次(堀川りょう)、遠山和葉(宮村優子)、中森銀三(石塚運昇)、白馬探(石田彰)、怪盗キッド(山口勝平)、伊東末彦(古谷徹)、清水麗子(平野文)

名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエムのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①小五郎とコナンは見知らぬ依頼人に頼まれ、ミラクルランドのフリーパスID(爆弾つき)をつけた蘭たちを人質に取られて捜査することに。ヒントを元に解いていくと、4月4日の現金輸送車強奪事件にいきあたる。 ②依頼人は現金輸送車強奪事件の3人の犯人の1人・伊東。西尾を殺し伊東を事故においやったのは清水麗子で、金を独り占めしたかったから。怪盗キッドは3人の顔を見ていたため命を狙われていた。

【起】- 名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエムのあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。
取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。
ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。
「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。
蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。
コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。
コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。
阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。
…横浜にある遊園地・ミラクルランドの真正面に建つホテル『レッド・キャッスル』に小五郎たちは招待されました。そのホテルは豪華で高価ではあるものの、立地条件のよさで宿泊数は10万人を突破しそうな勢いです。
『仕出し弁当 松風亭』というバンしか借りられなかった小五郎は、運転して蘭、コナン、少年探偵団、灰原を連れていきました。
小五郎たちは部屋に通されると、依頼者の秘書と名乗る男性・高田にミラクルランドのフリーパスIDを配られます。高田は全員が腕につけたことを確認し、小五郎にも勧めます。
そのフリーパスIDは夜の10時まで有効で、どの遊具に乗れるということで、子どもたちは大喜びでした。
依頼主は小五郎に事件の調査を頼んでいる間、他のメンバーには遊園地で遊んでいるようにと勧めますが、コナンには残れという指示を送ります。
蘭、少年探偵団、灰原らは遊園地に行き、小五郎とコナンが残ったところで依頼の内容が明かされました。
依頼主は顔を隠したまま、小五郎とコナンに説明します。今から12時間以内に事件を解決しないと、腕につけた爆弾が爆発すると告げます。小五郎とコナンだけでなく、フリーパスIDをつけた蘭たちも人質というわけです。
ほかにも名探偵に調査を依頼していると、依頼主は告げました。時間内に解けなかった探偵の1人・竜は小五郎とコナンが見ている前で、モニター画面越しに爆発で死にます(注:但し閃光弾で、本当は竜は死んでいないことが後に明かされる)。
依頼と言いながら、捜査内容は自力で探さねばなりません。最初のヒントは「TAKA38」でした。小五郎とコナンは、依頼人とのホットライン、但し依頼人からしかかけられない電話を渡され、解放されます。但し警察に駆け込むと駄目という条件もつけられました。
遊園地に行った蘭たちのIDは、さらなる仕掛けがなされていました。ミラクルランドを出ると爆発が作動するのです。
コナンはそれを知り、探偵バッジを使って灰原に連絡を取り、くれぐれもランドから出るな、見張っておけと告げました。灰原は承諾します。 この映画を無料で観る

【承】- 名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエムのあらすじ2

最初のヒントを「TAKA」=「高島町」、「38」=「3-8=-5」=「3丁目8-5」と読み解いた小五郎とコナンは、早速車で該当する地域へ向かいます(小五郎とコナンのIDは移動できる)。再開発で「みなとみらい」に呼び名が変わったものの、該当場所を見つけた2人は午前11時15分、廃墟となった場所へ行きました。
住みついていたホームレスから、その場所が2年前に廃業になったホテルで、来週に取り壊される予定だと聞きます。さらに4月4日、妙な車が来て、地下室が閉められたと聞いた2人は地下室へ行き、棚の中にバッグを見つけました。その中には目出し帽と服とガバメント銃がありました。
そこへ警察が駆け付け、小五郎とコナンは逮捕されます。警察に駆け込むと駄目なので、コナンは焦ります。
神奈川県警察本部に小五郎が誤認逮捕されたことが、目暮警部、白鳥警部、怪盗キッド専任の中森警部の耳に入りました。
中森警部は怪盗キッドがこのところ命を狙われて、市民が巻き添えになっている件で詰めていました。
ホットラインに電話がかかり、聴取を受ける小五郎の代わりにコナンが電話に出ますが、「工藤新一」と言われてぎょっとします。
依頼主は第1の関門をクリアしたということで、次のヒントを出しました。それは『夜のカフェテラスへ行ってくれ』というものでした。
小五郎たちは警察本部にいるのですが、依頼内容を明かしていないことで免除されたようです。
コナンは連絡を取り、阿笠博士にパワーアップしてもらったスケートボードを、横浜港大桟橋まで持ってきてもらいます。
さて次のヒントですが、コナンはファン・ゴッホの絵『ガス燈』と読み解きました。みなとみらい駅に移動したコナンは、高校生探偵・服部平次と会います。
服部も同じ依頼主から依頼を受けており、幼馴染みの女子高校生・遠山和葉を人質に取られていました。服部はコナンと合流して、一緒に謎解きをすることにします。
…同じ頃、蘭に園子が合流し、さらに和葉とも会いました。3人は子どもたちと別行動して、遊園地の外にある店のケーキバイキングに行こうとしたので、灰原が仮病を使って引きとめます。
園子がつけていたフリーパスIDを紛失しました。園子のIDには爆発物は仕掛けられていません。
…ガス灯の並ぶ馬車道通りへ行ったコナンたちは、4月4日に米花綜合警備保障の現金輸送車が襲撃されたことを、占い師から聞きます。
さらにその日は怪盗キッドが深山(みやま)美術館から宝石を盗んだ日でもありました。目暮警部から小五郎が話を聞き出します。その日以降、キッドが命を狙われるようになったそうです。
釈放された小五郎は、コナンと服部を見つけた後に目暮警部と別れますが、こっそりメモを渡しました。それを読んだ目暮警部と白鳥警部は、蘭たちに爆弾が仕掛けられていると知り、警護のためにミラクルランドに行きます。
服部が出されたヒントには、夜のカフェテラス以外に『YOU CRY』とありました。YOUをヒントにコナンと服部は横浜海洋大学(Yokohama Ocean Univercity)に行きます。
小五郎はすぐ二人と別れ、弁護士をしている妻・妃英理に電話をし、現金輸送車事件の資料の手配を頼みます。

【転】- 名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエムのあらすじ3

コナンと服部は大学構内で、警視総監の息子で高校生探偵である3人めの探偵・白馬探(すぐる)と合流しました。
CRYが横浜犯罪研究会と思ったコナンは、サークルの部屋に入り、スナップ写真を撮影します。
この時点で服部にホットラインの電話がありました(コナンは小五郎と別行動をしており、コナン&小五郎用の携帯は小五郎が持っている)。ここまでは正解であることと、ここから先はノーヒントだと言われます。
サークルの部屋には歴代の部長の写真の額が飾られていますが、3代目だけ外されていました。サークルの人に聞くと、3代目の部長・伊東末彦は除名処分になったそうです。
伊藤は現金輸送車を襲った強盗事件の犯人と目されており、そのために除名されたとのことでした。コナンたちは伊藤のことを調べます。
…目暮警部と白鳥警部はミラクルランドへ行き、さりげなく蘭たちを見張りました。
…伊東は大学を卒業後、ファー・イースト・オフィスという会社を立ちあげて、同級生の西尾正治や清水麗子と働いていました。
西尾がオフィスにいる時に、ライフルで狙撃されて亡くなりました。
狙撃したのはオフィスから少し離れた場所のビルからです。
西尾は総弾数8発のうち1発が当たって死んでいました。また1発は椅子のキャスターに当たっています。
現場の椅子を見ると、血痕は椅子の背に流れるように垂直に垂れていました。
事情聴取を受けた麗子は5月15日に投身自殺し、伊東は現金輸送車事件の直後に事故を起こし、2か月後に面会許可がおりますが、入院中に逃亡して現在は行方不明です。
調べている最中にバイク集団が襲ってきて、コナンは逃げている最中に川に落ちました。
…午後7時55分。
遊園地・ミラクルランドでひったくり犯を目撃した蘭や少年探偵団たちは、ひったくり犯を見つけますが、犯人はナイフを手に歩美を人質にとって出口に近づきます。外に出ると爆弾が起動するので、灰原は焦っていました。
ちょうどその時、ゲートにいた園子に犯人が突き飛ばされて(園子は入り口から入場しようとし、犯人はその入り口から出ようとしていた)歩美を離し、犯人は代わりに近くにいた女性を人質にとろうとします。
ところが犯人が掴んだ相手は、休みに高木刑事とデートしていた佐藤刑事でした。佐藤刑事は犯人を捕まえます。
…白馬はコナンを助けた後、どこかへ行ったそうです。コナンが目を覚ますと阿笠博士と服部がいました。コナンは川に落ちる直前に足を打って、左足にひびが入っている可能性がありました。阿笠はコナンと服部を乗せ、ホテル『レッド・キャッスル』に向かって運転します。
車中で服部が新事実をコナンに話しました。見つかった現場には伊東の足跡も指紋もありましたが、ライフルのスコープには麗子が使うマスカラが付着していたそうです。
また麗子は5月15日に聴取を受けた後、釣り人2人が見ている時に海へ投身自殺したそうですが、遺体はあがっていないとのことでした。
また同日の深山美術館のオーナーは、伊東たちの大学の4つ年上の先輩・深山総一郎です。深山は深山商事を経営していました。
銀行強盗は伊東、西尾、清水の3人で襲撃し、逃亡の最中に怪盗キッドと鉢合わせて顔を見られたため、怪盗キッドを狙うようになったのではないかとコナンは考えます。

【結】- 名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエムのあらすじ4

…同じ頃、怪盗キッドは深山美術館に出没していました。深山美術館は盗品を展示していました。怪盗キッドが狙われるようになったのは、オーナーの深山総一郎の指示でした。
怪盗キッドは中森警部や警察に通報しており、深山は盗品を扱っている容疑で逮捕されます(プラス、怪盗キッドを狙って一般人を巻き添えにした罪)。
午後9時7分。
レッド・キャッスルに戻った小五郎は依頼主に会いますが、コナンが麻酔銃を撃とうとした時に誤って依頼人の秘書・高田に当ててしまいます。
服部がとっさに小五郎を気絶させました。
モニターは消えますが、本棚が開き、服部とコナンは奥へ行きます。
午後9時28分。
依頼主は伊東末彦でした。伊東は交通事故のせいで車椅子に乗り、しかも目が見えなくなっていました。目が見えないのでコナンのことを知らず、椅子の肘かけにつけた指紋センサーで工藤新一と思い込み、依頼していたのです。
伊東は自分をこんな目に遭わせたのが誰か知りたくて、依頼をしていました。
伊東、西尾、玲子の3人は4月4日、現金強奪事件を起こします。
その後、西尾を殺害したのは、伊東は自分だと思っていましたが、本当は麗子が先に1発で仕留めており、遺体は椅子に座ったままの状態でした。だから椅子の背に垂直に血が流れていたのです。
麗子が撃った後に7発伊東が乱射し、その1発が椅子のキャスターに当たって遺体が倒れたことで、伊東は自分が西尾を殺したと思い込んでいました。
麗子が伊東の車に細工をしたため、伊東は事故に遭いました。
伊東が西尾を殺そうとした動機は、好きな麗子を西尾に奪われたくなかったからですが、麗子は現金を独り占めにしたくて西尾と伊東を狙っていました。
麗子が犯人だったことに伊東はショックを受けますが、そこへ麗子が現れます。
麗子は深山の財産も狙っていました。麗子は銃で伊東を殺し、コナンがサッカーボールを蹴って麗子を倒します。
ところがその前に麗子が乱射した弾がパソコンのスクリーンに当たり、爆破解除ができなくなりました。コナンはパソコンをりセットして解除しようとしますが、できません。
時間が迫っている中、コナンは必死で解除しようとしました。無線LANが駄目になっている可能性があり有線に切り替えたところ、パスワード入力画面が出てきます。
伊東が愛している人物を問う画面に「清水麗子」と入力したのですが、答えは違っていました。コナンは考えて「伊東末彦」と入力し、解除に成功します(伊東はナルシストで、自分のことが大好きだった)。
IDの爆破スイッチは解除されました。遊園地では目暮警部らが念のため、急いでIDを回収します。園子が自分の分を出したため、数が合いました(園子のIDにペンキが付着しており、これは白馬がバイク集団に襲われた時に付着したもの、白馬は怪盗キッドの変装だった)。
ミラクルランドの人気アトラクション・スーパースネイクに特別に乗せてもらえることになったコナンたちですが、乗り物が上昇している時、元太がまだIDを腕につけたままだと気づきます。
そのIDはランド外に出ると爆破装置が起動するもので、スーパースネイクはコースの一部が敷地外に出ていました。コナンは元太に外させますが、IDは最後部の座席に落ちます。
コナンは安全バーを外そうとして気づきます。乗り物は連動しているので、自分のを外すと全員のを外してしまうことになるのです。
困っていると最後の席のIDを怪盗キッドがハングライダーで奪っていきました。その後爆弾は海上で爆発し、皆は花火だと喜びました。
(エンド後)竜が大金を積まれて死んだ振りをしていたと聞いた小五郎がバカにする。直後に小五郎にCM依頼の電話がかかった。睡眠薬のCMと知って小五郎は断ろうとするが、CMの出演料が高額だと知り、金に目がくらむ。それを見て苦笑する服部とコナン。(先述のとおり白馬の正体は怪盗キッドで、園子のIDを拝借して白馬の振りをしていた)

みんなの感想

ライターの感想

10周年記念映画ということで、登場人物がすごく多い。そして展開も早い。
ヒントのみを手がかりに読み解いていかないとならない、けっこうせわしない。
白馬=怪盗キッドというのも、きちんと見ていればIDのパネルの反応など、ちゃんと描いてくれている。
また川に落ちたはずのコナンが濡れていない(空中でキッドがキャッチした)ことなどからも、早期の時点で判るかも。
そもそも「白馬の大事な人」というのが出てこなかったし。
テンポがよいので楽しい一品。

映画の感想を投稿する

映画「名探偵コナン探偵たちの鎮魂歌レクイエム」の商品はこちら