「名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャー」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)の紹介:2007年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第11作目にあたる。島に眠る海賊の財宝をめぐって巻き起こる殺人事件と、騒動について描く。蘭と園子の友情もテーマとなっている。

この映画を無料で観る

名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャーの主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(井上和彦)、佐藤美和子(湯屋敦子)、高木刑事(高木渉)、岩永城児(堀内賢雄)、馬淵千夏(大本眞基子)、山口喜美子(倉田雅世)、松本光次(中田譲治)、伊豆山太郎(神奈延年)、田山資悦(黒田崇矢)

名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャーのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①神海(こうみ)島へレジャーに行ったコナンたち。その島は宝探しをするトレジャーハンターばかりだった。ハンターの1人・田山がサメに襲われて死ぬが、それは事故ではなくサメに襲わせる罠が仕掛けられた殺人だった。さらに役場から展示物、猟友会からライフルが盗まれる。 ②展示物の刀と銃を盗んだのはトレジャーハンターの松本と伊豆山で、宝探しが目的。田山を殺した真の犯人は島の観光課の岩永で、発見された宝を横取りするためであった。

【起】- 名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャーのあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。
取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。
ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。
「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。
蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。
コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。
コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。
阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。
…高木刑事と佐藤刑事は怪盗ルパンと不二子のマスクをかぶった銀行強盗犯を、カーチェイスの末に捕まえました。佐藤刑事の初恋の相手はルパンだそうです。
捕まった犯人は「ジョリー・ロジャー」と言って気絶しました。
…太平洋上の小さな島・神海(こうみ)島に、小五郎、蘭、園子、コナン、阿笠博士、少年探偵団の3人、灰原がやってきました。クイズの賞金30万円をゲットした小五郎が(問いたのはコナン)、皆をレジャーに連れて行ったのです。
手違いで宿が取れていないと聞き、観光課の男性職員・岩永城児がやってきました。この島は最近、トレジャー・ハンター(宝探しをする人たち)で賑わっており、ホテルは満室です。
コナンたちは岩永の手配で、民宿「神海荘」経営者の美馬和男のところへ泊まることになりました。
この地域一帯の地下にはメタンハイドレードという物質が眠っており、地滑りを起こして今では大半が水深200mの海底に沈む、無人島の頼親(よりおや)島があります。2週間前にそこから財宝が出たために、島興しの一環で『あなたも古代の財宝を狙ってみませんか』というポスターを作り、島は観光客を誘致していました。
岩永は子どもたちに宝探しのイベント用紙のスタンプカードを渡すと、小五郎にも勧めました。蘭と園子はダイビングをして楽しむつもりです。

【承】- 名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャーのあらすじ2

蘭と園子は早速ダイビングスーツを借りに行き、ダイビングショップのオーナー女性・馬淵千夏とインストラクター女性・山口喜美子と会います。
そこでコナンたちは、トレジャーハンターらしき3人の男たちに会いました。男たちは金髪、赤毛、茶髪です(名前は後述)。
この地域は頼親島だけでなく、今からおよそ300年ほど前の1730年頃、女性の海賊アン・ボリーとメアリ・リードが遺したという財宝伝説もあります。
さて子どもたち5人は宝探し用マップを手に持って自転車で探しに行き、蘭と園子はダイビングをします。
蘭と園子は千夏が操縦するボートで沖に行き、喜美子のコーチで海中に潜りました。
その時サメが出没し、先の男3人グループの1人・金髪の男が犠牲になりました。病院へ搬送されますが、出血多量で亡くなります。
襲われて亡くなったのはトレジャーハンターの田山資悦(ともよし)でした。田山のダイバースーツをチェックしたコナンは、BCジャケット部分に魚の血が入ったビニール袋が仕込まれていたことに気づき、これは事故ではなく事件だと思います。潜った後、気圧の差で血のビニール袋が裂け、その血がサメを呼んだのでした。
ジャケット置き場をチェックしたコナンと灰原は、普段あまりその置き場が施錠されないことを知り、誰でもできる犯行だと知ります。
事件と聞き、警視庁から目暮警部、白鳥警部、高木刑事、佐藤刑事の4人がヘリで島へやってきます。
トレジャーハンターの3人組は、亡くなった金髪・田山と、赤毛でバンダナを巻いたリーダー格の男・松本光次(みつじ)、茶髪の伊豆山太郎でした。
佐藤刑事は先の銀行強盗の犯人たちが、松本たちの仲間になるために金を盗んだと自供したのを受け、事情聴取をします。その際、高木刑事が煙草を吸うふりをして松本の指紋のついたマッチを手に入れ、指紋照会しました。後に、ICPO(インターポール、国際刑事警察機構)から国際指名手配を受けていると知ります。
さて並行して子どもたちは宝探しのヒントを手がかりに、スタンプを集めて回っていました。コナンのアドバイスを得て、スタンプを集めます。
4つめのヒント(海賊は泣かない=鳴き砂じゃない場所)まで辿り着いた一同は、そこで夜、トレジャーハンターの男2人が千夏に金を渡していた現場を目撃しました。
その時、村役場の隣にある観光館の非常ベルが鳴り出します。行くと、展示ケースが割られてアン・ボニーとメアリ・リードの財宝とされる刀と銃(カットラスとピストル)が盗まれました。

【転】- 名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャーのあらすじ3

コナンは例のトレジャーハンター2人が盗む現場を見つけましたが、2人のハンターはライフルで狙われます。ライフルはかすめただけでした。
さて翌日。
宿の主・美馬が今日からちょっとした台風がやってきて、大雨になると言います。
コナンは前夜、千夏が男2人から金を渡されている現場を見たので、千夏に聞き込みをしました。千夏は逃走用の船の手配を頼まれており、それで金を受け取ったそうです。
猟友会のライフルが奪われているのが発覚しました。また美馬の言う通り、悪天候が島を襲い、ヘリも船も出せない状況になります。
子どもたちは5つめのヒントをクリアして、すべてのスタンプを集めました。園子と蘭はボートが出せないので、岸辺で磯遊びをしています。
コナンは宿の主・美馬に、昔はトレジャーハンターだったのではないかと指摘しました。というのも、美馬が「ハイエナは獲物のないところには集まらない。しかし狙い通りの獲物とは限らない」と発言したのが印象に残っていたからです。
コナンの予想した通り、美馬は若い頃はトレジャーハンターでしたが、島の娘と結婚して住みつき、今は足を洗っていました。
5つのスタンプを集めた子どもたちの数字と色(赤と青の2種がある)を見て、コナンは色別のアルファベットではないかと思います。
解読して並べ直すと「JOLLY(ジョリー)」「ROGER(ロジャー)」となりました。「愉快なロジャー」という意味で、海賊旗のことを指します。
昔トレジャーハンターだった美馬が300年前の宝の地図を見せてくれました。その海賊旗のガイコツの歯の部分が文字に読めて「DIO DIOSAS(二人の女神)」というスペイン語だと分かります。
そこまで読み取ったコナンは、島に警視庁の刑事たちが来ているのに、それをおして2人のトレジャーハンターが展示用の刀と銃を盗んだのは、彼らが「二人の女神の入り口」を見つけたからではないかと推察します。
さて磯遊びをしていた蘭と園子は、トレジャーハンターたち(松本と伊豆山)に拉致されました。喜美子が知らせに来て、蘭と園子が拉致されたことを皆は知ります。
松本と伊豆山は、前日サメに襲われた場所まで行こうとしていました。コナンは美馬に、ボートで頼親島の陸地部分に連れていってもらいます。
コナンは陸地から二人の女神に入りました。園子と蘭を連れた松本と伊豆山は、海から二人の女神に入ります。 この映画を無料で観る

【結】- 名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャーのあらすじ4

松本と伊豆山が園子と蘭を連れて行ったのは、おとりのためでした。サメに襲われた時などにおとりにするのです。ですので2人には1つの酸素ボンベしか与えられませんでした。
蘭と園子は1つのボンベの酸素を交互に吸います。サメは蘭が撃退しつつ、なんとかついていきました。
二人の女神の入り口の手前部分で、トレジャーハンターたちは蘭と園子を先に行かせ、無事だと確認してから入ります。有毒なガスがたまっている可能性があるからで、やはり蘭と園子はおとりに使われました。
松本と伊豆山は盗んできた刀と銃を使い、扉を開きます。
中には巨大な船がありました。海賊船です。
ところがどこを探しても、財宝らしきものはありません。怒った松本と伊豆山は口論を始め、おとりとして不要になった蘭と園子を始末しようと銃を向けました。
そこへコナンが現れて、サッカーボールを使って松本たちを撃退します。
ところが他にも悪者がいました。観光課の岩永です。
岩永は自分が解けなかった暗号を子どもたち用の宝の地図にして解かせたり、トレジャーハンターに宝探しの邪魔をしたりして、見つかった宝を横取りしようと考えていました。
血入りのビニール袋を死んだ田山のBCジャケットに入れたのも、猟友会のライフルを盗んだのも岩永でした。さらに刀と銃を盗んだ2人のハンターを狙撃したのも岩永です。現場には岩永の使うマウンテンバイクの痕が残っていました。
コナンは岩永も捕まえます。
その時、地響きと共に入り口がふさがってしまいました。コナンはハンターの2人と岩永を船室に閉じ込め、阿笠博士から渡された携帯エアボンベを園子と蘭に渡します。エアボンベは2つしかないのですが、自分の分はあるとコナンは嘘をつきました。
コナンは、海水にあるガスを爆発させて、船ごと脱出する計画を立てます。蘭と園子にも船内に避難するよう告げて、コナンは鎖の破片を天井にぶつけて火花を起こし、メタンハイドレードに引火させ、その反動で船ごと海上に飛び出すことに成功しました。
外は朝になっており、救出部隊が出動しています。船で脱出した一同は無事救助されましたが、船はそのまま壊れてしまいました。
隠されていた海賊船は、女海賊のアンが、拘留された場所で病に倒れた親友のメアリの回復を待ちながら、作られたものではないかとされます。メアリが回復した暁には、2人でまた7つの海を渡ろうというアンの思いを、海底の棺に沈めたのでした。
(エンド後)コナンにエアボンベがないことを見抜いていた蘭。新一が中2の頃に嘘を言って蘭に傘を貸し、結果風邪を引いた時に似ていると蘭は思ったそう。

みんなの感想

ライターの感想

けっこう序盤から「こいつ、あやしい」と判るパターン。
トレジャーハンター、宝探し、その謎解きにメインを置き、さらに蘭と園子の友情というところに力点を置いたせいか、いうほど見どころがない回。
見終わっても、なんかやたら印象が薄い。不思議。
そういえば、小五郎は今回、ほとんどいる意味がなかったような…阿笠博士のほうがよほど役に立ってた(苦笑)。
とにもかくにも、蘭と園子の友情をメインに描いた割にはさほど友情の強さを感じるわけでもなく、印象が薄い作品。

映画の感想を投稿する

映画「名探偵コナン紺碧の棺ジョリーロジャー」の商品はこちら