「名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイ」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)の紹介:2013年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第17作目にあたる。海上自衛隊の最新イージス艦に乗り込んだコナンらが、艦内で発生した自衛隊員殺害事件の謎に挑む。海上自衛隊の全面協力を得て、アニメとはいえ、国家機密でもある最新鋭自衛艦の内部が描かれるという点にも注目。

この映画を無料で観る

予告動画

名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイの主な出演者

江戸川コナン(高山みなみ)、毛利蘭(山崎和佳奈)、毛利小五郎(神谷明)、工藤新一(山口勝平)、鈴木園子(松井菜桜子)、阿笠博士(緒方賢一)、灰原哀(林原めぐみ)、吉田歩美(岩居由希子)、円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、目暮十三(茶風林)、白鳥任三郎(井上和彦)、佐藤美和子(湯屋敦子)、高木刑事(高木渉)、立石由紀夫(廣田行生)、藤井七海(柴咲コウ)、井上文忠(幸野善之)、関口誠(成田剣)、笹浦洋介(水内清光)、倉田正明(松風雅也)

名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イージス艦の見学をしていたコナンたちは笹浦という男の左腕を発見。さらに艦内には機密情報を得ようとするスパイX(エックス)がいることも分かる。 ②Xが雨宮勇気の父だと気づいたコナンは捕獲した。笹浦は見回りの倉田に見つかって逃亡中に死亡したことも判明。海に落ちた蘭は救出された。

【起】- 名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイのあらすじ1

東京都米花市に住む高校生探偵・工藤新一は、幼馴染みで同級生の毛利蘭と遊園地に遊びに行った際に、黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃します。
取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきたもう1人の仲間に捕らえられ、毒薬を飲まされました。
ところが目が覚めると、小学生並みに身体が縮んでしまっていました。毒薬の副作用です。
「工藤新一が生きているとばれたら、また命を狙われ、周囲の人間にも危害が及ぶ」という阿笠博士の助言で、新一は正体を隠すことにし、江戸川コナンと名乗りました。そして情報を掴むために、蘭の家に転がり込みます。
蘭の父は探偵・毛利小五郎でした。ここぞというところで小五郎になりかわるコナンのおかげで、小五郎は名探偵と呼ばれます。
コナンは小学校に通い、クラスメートの歩美や元太、光彦に少年探偵団を結成させられました。
コナンの正体が新一だと知る者は、阿笠博士、新一の両親、怪盗キッド、大阪の高校生探偵・服部平次と、悪の組織の元一味で抜け出そうとして薬を飲み、新一同様幼児化した灰原哀です。
阿笠博士が作ってくれる便利メカを使って、コナンは事件を解決します…。
…早朝、京都府の舞鶴港で爆弾がついた不審船が発見されました。見つけたのは歩いて巡回していた海上保安官・倉田正明です。
その日はアメリカ海軍が開発した武器システムを搭載した、海上自衛隊のイージス艦『ほたか』の体験乗船会と公開演習の日でした。その乗船会のチケットに当選した蘭は、園子、小五郎、コナン、歩美、元太、光彦を連れて舞鶴へ行きます。
今回、阿笠博士と灰原は国際科学フォーラムに行って不参加です。
阿笠博士がコナンの腕時計に新機能を搭載しました。衛星電波とUSBメモリを搭載した腕時計です。
時計を壊した蘭は現在は携帯で時間を確認しています。未明に不審船が発見されたことで、体験公開の入艦審査が厳しくなり、携帯電話は乗船時に預けることになりました。光彦はデジカメの時計を見るからと言って、蘭に防水の電波腕時計を貸します。
そのイージス艦に一般人が入るのは初めてです。
CIC(戦闘指揮所)での戦闘の演習を見学した時、未確認物体がイージス艦に接近しました。『ほたか』は発光信号弾を打ち上げますが、相手は接近をやめません。邀撃(ようげき、迎撃)準備をし、閃光魚雷を打ち込みました。その未確認物体は、潮の流れでたまたま流されていた廃船だと分かり、艦内にほっとした空気が漂いました。公開演習用に訓練は戻ります。
その後は船首の見学です。

【承】- 名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイのあらすじ2

移動しかけたコナンはその時、雨宮勇気という少年につきそいの大人がいないことに気づきました。父親と名乗る男がトイレに行っていたと言って戻ってきますが、コナンは違和感を覚えます。
さらに船首で女性自衛官を見かけ、小五郎がちゃっかり記念撮影をお願いします。その自衛官・藤井七海は「私は皆の食事を作る仕事よ」と言いましたが、胸と腕の階級章は一等海佐を示しており、嘘をついているとコナンは思いました(一等海佐は相当高い身分)。
なぜ嘘をついているのか不審に思ったコナンは、撮影した画像を腕時計のUSBに入れて、阿笠博士と灰原のところへ送信します。女性の所属を調べてほしいと頼みました。
その時、衛星電波が艦内で発せられたということで、自衛官たちが調べて回ります。
注排水管のフィルターから人の腕が発見されました。始動した際に変な音がしたことから、時々ゴミなどが目詰まりすると思って調べたのですが、その中に腕が発見されたのです。
トイレの場所に迷った蘭がその現場に居合わせ、自分の父に相談してみてはどうかと言いました。蘭の父が名探偵の毛利小五郎だと知り、海上自衛隊は協力を要請します。
発見されたのは左腕のみで、一等海尉の階級章をつけた海上自衛隊の制服を着用しています。
同じ頃、コナンは関西の高校生探偵・服部平次に電話して捜査の協力を頼みますが、この通信の最中に人がやってきて、コナンは海上自衛隊が「X(エックス)」という人物を警戒していると知りました。
発見された左腕は笹浦洋介という自衛官のものと判明しました。小五郎の見立てでは切断されたのは鋭利な刃物ではなく、切断された時には生活反応なし(死んでから切断された)で、つまりは注排水装置のところから吸いこまれた際に、腕のみがフィルターにひっかかったのではないかというものでした。
コナンはヘリコプターのことを話題に出してヘリを動かさせ、デモンストレーションの振りをして目暮警部たちを呼び寄せます。
勇気がまたひとりでいるところを見つけた蘭が、自衛官に言おうとすると、勇気は「やめて、そんなことしたら」と言いかけました。
勇気は食物アレルギーを持っており、錠剤の薬を所持していました。
その頃、若狭湾の造船所で港に遺体があがりました。服部はコナンに連絡を取り、首筋に赤い塗料が付着しているのを見てさりげなくハンカチで拭います。
昼食には、見学者は海軍カレーを食べました。

【転】- 名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイのあらすじ3

ミサイル発射の蓋の隙間から、笹浦の携帯が発見されます。履歴を見ると今朝5:30にメール送信したのが最後のものでした。笹浦の死因は溺死と判明します。
携帯にはマイクロSDカードの口が開いており、中身は空でした。
その頃藤井が艦長室に入り、データを確認しているのを見たコナンは、藤井が確認していたデータをコピーして阿笠博士に送信します。
その際、藤井の身分が分かりました。藤井は情報保全隊員です。
藤井も小五郎たちの協力を仰ぐため、秘密を明かすことにしました。
実は今朝未明に発見された不審船は、ある国の工作船(スパイの船)と思われるのです。
そうするとこのイージス艦の機密情報が盗まれる可能性があり、海上自衛隊の間では、スパイのことを「X(エックス)」と呼んでいました。
もしイージス艦の機密情報が盗まれると米軍の信用を失い、同時に日本の防衛ライン(どこに何を配備しているかなど)が知られてしまいます。つまり国防の危機なのです。
死んだ笹浦は情報官で、イージス艦の機密情報を知りうる立場にありました。
笹浦に付着していた赤い塗料はTBTという自己研磨型塗料という船の塗料と分かりました。笹浦の遺体は海流で流されたわけではないと判明します。
笹浦が情報を流していたのは、竹川と名乗る男と休眠会社でした。また笹浦の手引きでスパイXが乗艦している可能性も高いとみなされます。
海上自衛隊が竹川という男を見張っていたところ、東京から京都へ2時間前に入ったことが、ホテルにチェックインした時の監視カメラに確認されました。
さらに笹浦が今朝の5時半に、日の丸の旗を振っていたことが目撃されています。
不審船を発見したことで、イージス艦が戦闘状態に入ったことを考えたコナンは、戦闘状態時のデータをXが盗みたかったため、不審船を流したのではないかと考えました。日の丸の旗を笹浦が振ったのは、その日にしか分からない航行ルートを知らせるものと思われます。
コナンは戦闘時にいなかった勇気の父がスパイXと思い、雨宮に呼びかけました。そしてわざと勇気の薬をアトピー用の塗り薬と言い、否定しなかったことから「偽の父親」と見抜きます。やはり勇気の父を名乗る男がスパイXでした。
Xはサーバー室に逃げると監視カメラ映像を消していきます。
その後、勇気を人質に取って逃げようとしますが、声をかけた蘭に勇気が「父親じゃない」と打ち明けました。蘭はXと戦いますが、甲板の縄を使って反撃され、蘭は船から落とされます。 この映画を無料で観る

【結】- 名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイのあらすじ4

同じ頃、服部は竹川を追っていました。京都の先斗(ぽんと)町公演にいることが発見され、燃やされたメモの写真を撮ってコナンに送信します。
さらに竹川が関西空港に向かっていると知った服部は、和葉と共に追跡しました。和葉は竹川を見つけますが、銃を向けられます。それを服部がかばいながら竹川を捕獲しました。
コナンは、正体がばれたスパイがいつまでも艦内に残る筈がないと考えます。
艦橋にのぼろうとしているXを見つけたコナンは、射出ベルトからボールを出して蹴り、Xを捕まえました。
TBTという塗料がイージス艦ではなく舞鶴の観光船の塗料だと知ったコナンは、小五郎を眠らせて推理を話します。
笹浦を殺害したのはXではなく、不審船を発見した倉田正明でした。殺害という言い方にも少し語弊があります。
笹浦が竹川に電話した時の音声に、もう1人誰かの声と、金属音が入っていました。
その金属音とは、特殊警棒と拳銃が擦れ合って鳴る音です。
まず。今朝の午前5時半、笹浦はイージス艦の航行ルートを知らせるために、旗を振りました。
その現場を、警備のため見回っていた倉田に見とがめられました。怪しい奴と思った倉田は笹浦を追いかけます。
逃げた笹浦は崖から落ちて溺死しますが(なので倉田が殺したというよりアクシデント)、さらに不審船を見つけてしまった倉田は、その通報のため忙しくなりました。
一息ついてから遺体を確認すると、私物から笹浦が海上自衛隊員と知り、驚いたのです。海上自衛隊員をアクシデントとはいえ殺してしまったとなると、下手すると懲罰ものなので、倉田は捜査の振りをして攪乱したのでした。
機密を盗んだのが笹浦で、スパイXと竹川も捕まってほっとした時に、蘭がいないことに気づきます。
スパイXが「女は海に落ちた」と言い、蘭が落ちた時間から、おおまかな位置を割り出します(蘭はじめ見学の者は皆ライフジャケットを着用している。戦闘の際に、一部ナイフで切られているシーンはあったが…)。
日没までに見つけないと蘭の捜索は絶望的です。しかしおおまかな位置だけだと場所が広く、すぐには見つけ出せません。
その時コナンは思い出しました。蘭が光彦から借りた電波時計をつけていることを指摘し、午前5時と午後5時に電波を探せと指示します。
イージス艦のソナーが午後5時に捜索をスタートしました。電波を探知した先には、一新した悪趣味な金の小五郎名刺があり、反射の光で蘭の居場所が分かります。
蘭は無事に哨戒ヘリに救助されました。
(エンド後)事件を解決したコナンに藤井は礼を言う。「君は本当は何者なの?」という問いに、コナンは「ただの小学1年生さ」と答える。

みんなの感想

ライターの感想

電波時計は…受信専用なので、ほんとはソナーとかで探せる代物じゃありません…。
これについては蘭救出のためのもので、殺人事件のトリックとは関係ないので不問にしましょうか。
殺人事件かと思わせておいて、どっちかというと事故…。それも、事情を聞くと仕方ないかな(倉田の正義感から端を発したもの)と、少し思っちゃったのでね。
イージス艦がかなり緻密に描かれているので、アーミー系好きな人にはたまらない一品。
迫力もあった。特にイージス艦の外観は、細部に渡って細かく描きこまれているので、これだけでも見る価値ある。

映画の感想を投稿する

映画「名探偵コナン絶海の探偵プライベートアイ」の商品はこちら