「崖の上のポニョ」のネタバレあらすじ結末

崖の上のポニョの紹介:2008年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作で、監督は宮崎駿。海沿いの街を舞台にし、5歳の少年・宗介と出会ったさかなの子・ポニョが「人間になりたい」と願う物語である。

予告動画

崖の上のポニョの主な出演者

ポニョ(奈良柚莉愛)、宗介(土井洋輝)、リサ(山口智子)、耕一(長嶋一茂)、ポニョの妹達(矢野顕子)、フジモト(所ジョージ)、グランマンマーレ(天海祐希)、トキ(吉行和子)、ヨシエ(奈良岡朋子)

崖の上のポニョのネタバレあらすじ

【起】- 崖の上のポニョのあらすじ1

宗介は海辺の街にある、崖の上の一軒家に住む5歳の少年です。宗介の父・耕一は貨物船の船長で、家を留守にすることが多く、宗介は普段は母・リサと2人で暮らしていました。ある日宗介は、クラゲに乗って家出をしてきたさかなの子・ポニョと出会います。ポニョは人間たちの住む港に近づいたときに、海の底にあったゴミであるジャムの瓶に頭をぶつけてしまい、おぼれてしまいました。そのまま海岸に打ち上げられていたポニョを見つけた宗介は、瓶を割ってポニョを救出します。ポニョはそのまま、宗介に飼われることになりました。 この映画を無料で観る

【承】- 崖の上のポニョのあらすじ2

宗介の母リサはデイケア・サービスセンター「ひまわりの家」で働いています。宗介は保育園であるひまわり園に通っていて、園が終わると隣にあるひまわりの家を訪問していました。ひまわりの家にいるトキやヨシエは、宗介にとっては祖母がわりの大事な存在です。そして宗介と接しているうちに、ポニョの心には宗介への恋心が芽生えてきました。ポニョは次第に、宗介と同じ人間になりたいと思うようになります。しかしポニョは父・フジモトに見つかり、海の底に連れ戻されてしまいました。

【転】- 崖の上のポニョのあらすじ3

過去に人間だったフジモトは、現在は海の住人として世界のバランスを均等に保つ大事な役目を担っています。宗介のところへ戻りたいポニョは、妹たちの助けを借りて父の魔法を盗み出し、人間の姿になって宗介に会いに行こうとします。しかしその魔法によって世界のバランスが崩れてしまいました。海は荒れて宗介の街は海に沈んでしまいます。ところが海に沈んだひまわりの家の住人たちは無事でした。ポニョの母・グランマンマーレが、ひまわりの家に結界を張ってくれていたからです。 この映画を無料で観る

【結】- 崖の上のポニョのあらすじ4

グランマンマーレはポニョの気持ちを優先し、父の魔法を解いたあと、古い魔法を用いてポニョを再び人間にしようとしました。古い魔法では、ポニョと宗介が両想いにならないと、ポニョは水の泡になってしまうというものです。ポニョと宗介に会ったグランマンマーレは、ポニョに「人間になることで魔法を失ってもよいか」、宗介に「ポニョが半魚人でも好きでいつづけるか」と問います。2人の答えは明白でした。宗介はポニョにキスをして、ポニョは人間になりました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「崖の上のポニョ」の商品はこちら

崖の上のポニョ サウンドトラック