「クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~」のネタバレあらすじ結末

映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 ~サボテン大襲撃~の紹介:2015年4月18日公開の日本アニメ映画。『クレヨンしんちゃん』劇場映画シリーズ第23弾。メキシコへ引越すことになった野原一家の面々に降りかかるトラブルが描かれる。

この映画を無料で観る

予告動画

クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~の主な出演者

野原しんのすけ(矢島晶子)、みさえ(ならはしみき)、ひろし(藤原啓治)、ひまわり(こおろぎさとみ)、町長(平田広明)、ネネ・ロドリゲス〔レインボー仮面〕(堀内賢雄)、マリアッチ(浪川大輔)、カロリーナ(坂本真綾)、スマホちゃん(指原莉乃)、細貝さん&あけみちゃん(日本エレキテル連合)

クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~のネタバレあらすじ

【起】- クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~のあらすじ1

野原しんのすけは、埼玉県春日部市に住む5歳のやんちゃな幼稚園児です。
ある日、しんのすけの父・ひろしが勤務する会社・双葉商事から転勤を命じられました。メキシコの町に生息するサボテンの実から採れる蜜を双葉商事が輸入販売するため、ひろしのメキシコ赴任が決まったのです。
妻・みさえ、しんのすけ、娘・ひまわりの4人(と犬のシロ)は春日部を出てメキシコに行くことにしました。
マサオたちは「かすかべ防衛隊」バッジをしんのすけにプレゼントして、別れを惜しみます。
野原家は日本を出て、メキシコのモウクエンカ州、マダクエルヨバカという町に住み始めました。
しんのすけは幼稚園の先生・カロリーナを早速口説きます。 この映画を無料で観る

【承】- クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~のあらすじ2

父・ひろしはサボテンの実を日本に輸出する許可を町長に申請します。
しかし町長は地元民だけでサボテンを採取、販売しようとしていました。マダクエルヨバカ町を愛する町長は、町を捨てて去った仲間たちを見返すため、自分たちだけで町興しをしたいのです。
町長はひろしの希望を退けました。
その頃、町では一大イベント・サボテン祭りが開かれます。野原家もイベントに行きました。
イベントのメインは、巨大サボテンの開花を見せるものです。
町じゅうのみなが見守る中で巨大サボテンは開花しますが、その直後、イベント会場に、人間を捕食する動くサボテン・人喰いキラーサボテンがたくさん現れて人々を襲い始めました。

【転】- クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~のあらすじ3

会場にいた人たちは大混乱に陥ります。バーに逃げ込んでも、バスに乗り込んでも、素早い動きのサボテンに追いつかれ、野原家も絶体絶命のピンチでした。
そのうちしんのすけは、サボテンが音に反応して人々を襲っていると気づきます。
みなは町の外へ逃げようとしますが、そこにもキラーサボテンが待ち構えており、脱出は不可能です。
一旦遊園地に退却した人々は、音を発生させる乗り物に爆発物を搭載してキラーサボテンを引きつけ、爆破して町から脱出する作戦を立てました。
しかしその作戦の騒動で、しんのすけはひろしとみさえたちと離れてしまいます。しんのすけは町長とともに行動しました。

【結】- クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~のあらすじ4

サボテンの弱点は水だと発見したしんのすけは、バルーン(風船)に水を入れて女王キラーサボテンを倒す計画を立てます。
遊園地でひろしたちと合流したしんのすけは水の話をし、町長がおとりを買って出て、バルーンを女王キラーサボテンにぶつけました。
しかしバルーンが破れません。しんのすけはかすかべ防衛隊バッジの安全ピンでバルーンを破り、女王キラーサボテンを倒しました。
町に平和が戻り、サボテン祭りが再開されます。しんのすけは、幼稚園の先生・カロリーナといっしょに踊りました。
…後日。絵葉書が風間くんに届きます。
そこに「サボテンがなくなったので、またかすかべにもどる」と書かれ、風間くんは喜びました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「クレヨンしんちゃんオラの引越し物語~サボテン大襲撃~」の商品はこちら